スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
-------- -- --:-- ∧top | under∨

2010年をざっくり振り返る!

今年もあと数時間で終わりですってえ!?

なーんか一年そのものも早かったけど12月も異様に短く感じたなあ~

さてさて例年「ナゴハロレコード大賞」を勝手に選出しておるんですが、今回はちょっと趣向を変えまして、iTunesで作ったプレイリストをそのまま公開。(要するに手抜き…www)



とまあこんな感じです。曲順もだいたい時系列通り。

こうやってリストにしてみると、今年はやっぱエレクトロニカにかな~りハマっとったんやなあ。
その中でもトータルではダントツに聴いてたのがAkira Kosemura及び彼の主宰するscholeレーベル作品ですな。
ただ、再生回数だけで言うと一番聴いてたのはsheeprintの「Flutter」なんですよね。この「After The Rain」のメロディーの萌え度といったらもう。まさに今年最高といってもええでしょう。タイトル通り雨が上がって太陽が雲の隙間からのぞいてくるような曲展開も素晴らしすぎる!
まあアルバム自体4曲入りの3インチCD-Rだったんでリピート聴きもしやすかったってのもあるんですけどね(笑)

萌えといえば去年に引き続きアニメ「マクロスF」の劇場版に使われたシェリル・ノームの「オベリスク」にもハマっておりましたね~。
はっきりいって最近のアニソンはそこいらのポップス/ロックより遥かにレベル高いぞ!!特にこの菅野よう子さんはそんな中でも突出した作編曲家でしょうね。この曲でもメロディー、アレンジ共に熱くなる要素満載です!
特にドラミングが異常にカッチョ良すぎるのだ!ハイハットのドライヴ感とかスゴすぎる!

あと自分的にまさかハマるとは思ってなかったのが徳永英明さん。だって私J-POPなんて素通りする人ですから(爆)
今年初め、通ってた整体でかかっていてどうしても聴きたくなり入手。なんというかやっぱ昔の曲の良さもさることながら不思議な中性さを持ってる徳永さんの声の魅力にさすがのJ-POPアレルギーも影をひそめたというか、基本ええもんはええんやあ~!!(爆)
というか個人的には世の中全ての音楽に悪いものはない、とは思ってるんですけどね。(でも偏見捨てる気もないけどwww)

そして夏はもちろんギリシャ音楽漬け(笑)今年も当ブログではおなじみの面々(爆)アンドーニス・ヴァルディスやらフリーストス・ダンディス等、グリーク三昧でした。そんな中ハワイアンAORのマッキー・フェアリー・バンドが食い込むという大健闘!これほんまヘビロテしてましたわ~。

スローコアとかサッドコアとかいわれてるジャンルがありまして、その代表格であるDakota Suiteの「Pillows in the Water」は去り行く夏の終わりにぴったりだった一曲。メランコリックなアコギのアルペジオにささやきかけるようなヴォーカルがもう切ない切ない…(涙)

ところが音楽が実に美味しくなるという秋に入ったものの、今年は不作でした…。というのもたぶんバンド始めたりして演奏活動がバタバタしだしたもんでじっくり聴き込む時間が少なかったからかなあ~(泣)
そんな秋でしたがここでもやはりscholeレーベルのコンピ「note of seconds」がローテーション入り。その中でも特に気に入ったのがjanis crunchがらみの2曲。"tokinowa"というユニットとしてのヴォーカル・ナンバー「恋の光」も素晴らしいけど穏やかなピアノ・インスト「intermittent color」がほんとええ曲。

そんな不作な秋をしめくくるのはharuka nakamuraのアルバム「twiright」より「窓辺」。切なくありながらもポジティブな気持ちにさせる一曲。

とまあぐだくだ書きましたが個人的に今年最も聴いたアーティスト、ということになるとやっぱ先日もライヴに行った妹尾美里さんということになるかな。アルバム2枚をローテした時間、ライヴに足を運んだ回数、共に間違いなく今年最高でした。ちょうど去年の30日に初ライヴ行ってそこで一枚しか残ってなかった1st「Rosebud」、ほんま買っといてよかった一枚です!去年暮れから始めにかけてはあまりいい精神状態ではなかったんですが、この2枚にはかなり心の穴を埋めてもらいました~。
今年、といわず生涯のランキングに入れたいアルバムです。(特に2nd「La Vie」)

てなわけで今年の音楽ざっくり振り返ったわけですが、まあしかし毎年よくもまあいろいろ素晴らしい音楽に出会うもんですな。(笑)
来年も新たな出会いに期待して、そろそろお蕎麦茹でることにしましょっかね(爆)

それではご覧になった皆さんにとって良い年になりますように…♪

スポンサーサイト
別窓 | iPodのプレイリストとか | コメント:0 | トラックバック:0
2010-12-31 Fri 22:29 ∧top | under∨

二刀流!!

以前「目下の悩み…」という記事で、iPodがぱんぱん、ということでどうしょっかなー、というアホな悩みをぶちまけた私ですが…


結局もう1台買ってしまったよ!(笑)

やっぱ中身の取捨選択はいろいろと心苦しいものがあるのだよ…。


160GBのiPod classicのシルバー(もともと持ってたんは黒)を買ったんですが、結構薄くなったんやね~。
持った感じかなりぺらい気がするくらい。
まあ自分的には薄くするくらいやったら容量増やせ!と言いたいとこやけどね。(笑)
でもまあ2台持ち歩くんやったら薄い方がありがたいんかも知れんなー。

ギリシャ&ワールド・ミュージック専用機にしたんですが、まだ98GBくらい空いてるから、しばらくはこれで持ちそう。(というか本体の方が先に壊れたりしてwww)

別窓 | iPodのプレイリストとか | コメント:0 | トラックバック:0
2010-06-28 Mon 22:21 ∧top | under∨

目下の悩み…

これから夏になってくるとなんといってもギリシャ音楽の季節です!!

例年ならもうすでに我が家では解禁しておるんですが…

実は今年はなかなか解禁とはいかず(泣)

というのもですね。

いまや音楽聴くハードはほぼiPodになっておるんですが、もうとっくに満杯になっとりまして。
冬の間はほとんど聴かないギリシャポップス(一応iTunesで「Greek pop」というジャンルを作って分けている)は抜いてあったんですが、それでももう入りきれてない状態。
ちなみに「Greek pop」は今現在トータル5410曲、21.25GB分取り込んでおります。(アルバム452枚分)

まあ全て入れとかなあかんもんやないですけどね。ただあれ抜いてこれ残して…を考えるのが非常にめんどいわけです(笑)

そんなわけでこの21.25GB(当然まだまだ増えるww)、どうやってiPodにほりこんでやろか、というのが私の目下の最大の悩みなのであります。(平和なやっちゃなあ…)

案としては、

1. iPodもう1台買う。
2. 抜いて残して…をがんばる。

くらいしかないんですよねえ。

ちなみに1.の案、もう1台買うならどのタイプ?となるわけですが、iPod nanoなんかやと最大容量16GBなんですね。
どのみち入らんわけですからはなっから却下です(笑)
iPod touchは最大64GBなので容量はまあ充分なんですが、なにせ余計な機能が多過ぎて…ぶっちゃけ音楽プレーヤーに再生以外の機能は求めとらんのですよわたしゃ。そんなん増やすなら容量増やせっ!って思ってますから(笑)
なにより160GBのiPod classicより値段高いし。こりゃお話にならんです。

んなわけで買うとしたらやはりiPod classicしかないんですよねえ。

どうしようかなあ、ギリシャ専用でもう1台買っちゃうかなあ…うーん悩む…

まあそれ以前になにより曲データを取り込んでいた400GBの外付けハードディスクがすでに満杯になっておるんで、こっちもどなないかせないかんのですけどね(苦笑)

それにしても、カセットのウォークマン使ってた時分からは考えられへん贅沢な悩みやね(笑)
別窓 | iPodのプレイリストとか | コメント:2 | トラックバック:0
2010-06-07 Mon 22:58 ∧top | under∨

機能より容量!

いや~最近ブログすっかりほったらかし状態になっております(汗)
まあ理由はあるっちゃあるんですが、それはまた書く気になった時にでも…

えーと、なんかいよいよiPhoneが7月11日から発売になるとか。
結構そそられとる人が多いようですが…

わたしゃ全然全く少しも興味ないですなあ…。

そもそも携帯電話を持ち歩くという習慣がないんですな。まあ携帯電話は一応持ってますが、これももとはといえばバンドでの緊急連絡用に持った訳でして。だもんでバンドの練習ん時くらいしか持ち出すことないんですわ。
だいいちかさばってジャマやないですか!?なによりiPodが離せなくなってもうた今となってはとーぜんこっちが優先するわけで(笑)

せやったらなおさらiPhoneの方がええんちゃうん!?と思われそうですが、と~んでもない!!
iPhoneの容量たったの16GBでっせ!!
160GBのiPodがすでに半分以上つまってもうてる私みたいな人種にはオハナシにならん容量です(笑)
はっきりいって電話だのネット接続だの、そんな機能つけるぐらいならもっと容量増やせ(笑)!!
というかフツーのiPodもう少しくらい大きくなってもいいから500GBくらいにせえ(爆)!!
そんくらいあったらとりあえず家にあるCD、アナログ全部ほりこんでもまだ数年はパンクせんぞっ。

とにかくiPodには容量増加しか望んでない私みたいな人はiPhoneは必要なし、というハナシでした。

おわり
別窓 | iPodのプレイリストとか | コメント:15 | トラックバック:0
2008-07-02 Wed 23:17 ∧top | under∨

さらば相棒たちよ

うきゃ~~~iPod壊れた!!えらいこっちゃ!!

帰宅後つい床に落としてしまって、リセットしても「壊れたちゃん」マークが表示されてしまうんです(泣)

まあしかし60GB容量あるとはいえ、もうだいぶん前からパンパンで、入れ替え入れ替えして使ってきていて、ぼちぼち160GBの新型に買い替えよかな…とは思っておったんです。
がしかしこの新型、Mac OS10.4以上にしか対応せんというじゃ~あ~りませんか。
こともあろうにウチのOSは10.3なのです(泣)。

ところが実は今のPC(iBook G4)もおととしの正月にふんづけてしまって、それから液晶がじょじょにムラムラになってきてまして、今現在上のメニューバーは全く見えへんし、画面の約1/5くらいはまっくろになってしまっていろいろと支障をきたしており、こちらもそろそろ買い換えを考えてたとこなんですな。(そんなわけで本サイトの方の更新も滞ってたりするわけです。と言い訳しておく)

しかし両方いっぺんに買うとなると安くない買い物、なかなかふんぎりがつかんかったんですが、さすがにいまやiPodのない生活は考えられへんので(笑)思い切って両方買っちゃうぞ!!

これで入れ替え入れ替えの生活ともオサラバじゃ!!(すぐいっぱいになりそうな気も…笑)
別窓 | iPodのプレイリストとか | コメント:4 | トラックバック:0
2008-05-28 Wed 22:04 ∧top | under∨

ヘッドホン買い替えました

先日、約2年間使用してたヘッドフォン、SHURE E2Cがどうも断線でもしたんか、右っかわが鳴ったり鳴らんかったりするんで、新しく買い替えようと思っておっきい電器屋行って来ました。
結構慣れてたりしたんでおんなじもん買おう思ったらこれがなくてですね。置いてある分から選ばなしゃーなかったので、かたっぱしから試聴してみて結局これに決めました。

密閉型インナーイヤーヘッドホン ATH-CK9 BK 密閉型インナーイヤーヘッドホン ATH-CK9 BK
(2006/11/24)
オーディオテクニカ

この商品の詳細を見る

これがですねー、結構ええ値段したんですよ。だいたい18,000円くらい。
でも置いてあった商品の中ではダントツに気に入ったんで…

私のヘッドフォン選びの基準は、
1. デザインよりやっぱし音質
2. 耐久性
の2点なんですが、まあ耐久性ってのは扱いの荒い(ぐちゃぐちゃにしてカバンに放り込んだり)私にとってはまあ断線しにくいかしやすいかということで、まあ要するに見た目コードが太いか細いかですね。そんななか最近のヘッドフォンはなんかコードが細めなんですねえ。で、このCK9がやっぱしいっちゃん太かった。
というのも理由ではあるんですが、決め手はやっぱし音でした。
なんというか、音の分離性っていうの?各楽器がぐちゃぐちゃにならずに聴こえるし、ハイハットやスチールの弦などの"金物"が金属的に聴こえないってのも大変よろしい。
まあいまいちな点もあるにはあって、耳につっこむタイプやというのに低音の音圧がちょっと弱いんですな。ただ、バスドラにしろベースにしろ、輪郭ははっきりするんで、聴き取りやすくはなってるんやけどね。
ちなみに試聴には、ロリーナ・マッケニットの最新作から「キャラバンサライ」(とにかく生楽器がごちゃごちゃと絡んでる曲なので各楽器の聴き取りやすさを確認するため)やらヤニック・トップのベースが地を這いまくるMAGMAの凶悪名曲「メカニック・マシーン」(低音のチェック用には欠かせない。笑)やらメタルやらいろんなジャンル(こーゆー時ほんまにiPodは便利やなあ)を試してみました。

しかしいっぺんこういうええもんに慣れてしまうと次買い替えるときは同等以上の性能を望んでまうんが困ったところ(笑)。
お願いやからせめて2年はもってや~。(爆)

別窓 | iPodのプレイリストとか | コメント:0 | トラックバック:1
2007-03-27 Tue 23:57 ∧top | under∨

新しい私、ちゃう、ブログになって

年明けからこのかた、すっかり熊木杏里ちゃん萌え萌えブログに方向転換してしもた当ブログです(笑)
さて、昨日見つけた2ndアルバム「無から出た錆」。
これが1st「殺風景」に負けず劣らず素晴らしい出来ですねん。
特にド頭「長い話」、これのツカミ力はすごいっす。タイトル通り曲中の主人公の17歳から22歳までを歌にしたある意味大河ソングながら実にシンプル。だけに深い…気が(笑)。
んなわけで今日は一日ひきこもってくまちゃん祭りをしとったわけです(爆)。

んで、聴きながらやってたんが昨日届いたセルビア盤やらギリシャ盤のiTunesへの取り込み。
ITunesちゅうのは取り込みと同時にCDDBとかいうとこからアルバムタイトルやらアーティスト名やら曲名を自動で取得してくれるんが大変ありがたいんやけど、とーぜんCDDBに登録されてへんアルバムは取得のしようがないわけで。
で、そーゆうアルバムは仕方なしに自分でデータを打ち込んで登録せなあかんのですわ。
こんときに、日本語やら英語のアルバムはええんやけど、ギリシャ語やセルビア語となると文字にへんな記号(アクセント記号?)がつくんですよね。こんなんキーボードで出えへんのでこーゆーときは買うたサイトからタイトルやらなにからコピペするんですわ。これがまた結構手間がかかるんですよ…。特にギリシャのアルバムに関しては一応ルールを作ってまして。
・アーティスト名は全部大文字で姓名間は全角あけ
・アルバムタイトル及び曲名は単語頭のみ大文字
・可能な限り作曲者名も入力!(ギリシャの場合ここは重要!)
・ジャンル名は歌物は全て「Rock」か「Pop」。判断は自分のサジ加減(笑)
(但しこれはCDDB登録時のみ。自分では「Greek Pop」とか「Greek Jazz」とか「Λαικα(ライカ)」とかを作って分けてます)
以上のような感じです。
ギリシャのCDをiTunesで取り込むとき上記のように出てきたらそれは私が登録したヤツですわ(笑)

それにしてもギリシャCD、マイナーどころとか古いのはまず自分で登録せんならんのは困ったもんです。
別窓 | iPodのプレイリストとか | コメント:6 | トラックバック:1
2007-01-08 Mon 23:38 ∧top | under∨

7ヴァージョン目にしてやっと

最近音楽を聴くのはもっぱらiPod。
まあ無精もんの私にしたらいちいちプレーヤーにCDセットしたり取り出したりせんでええっちゅうのはかなり大きい。
外に持ち出す時もあ~今日はどのCD持っていこ、とセレクトに迷うこともないし、なにより荷物が減るってのも大きい。なんせなるべくモノ持ちたくない人なので(笑)

さて、そのiPodに音楽とりこむためのソフトがご存知iTunesなのですが、先日ヴァージョンが「7」にアップしました。まあ大した違いはないやろうとたかをくくってたら…

つ、ついにギャップレス再生に対応したっ!!

これぞ私がiTunesに一番望んでた機能なんですよっ!!

たとえばライヴ盤なんかでトラックは変わるんやけど音はとぎれなかったりしますやん。
これがこれまでのiTunesではどうしてもトラックの変わり目で一瞬とぎれてしまいますねん。
わずかコンマ何秒かのとぎれとはいえ、これが聴いてみると結構気になるもんなんですわ。特にフランク・ザッパの音楽みたいに曲間ですら曲になってる場合致命的。あとキング・クリムゾンの「アイランド」A-1,2の「フォーメンテラ・レディ~セイラーズ・テイル」も途切れちゃ~あかんですよね。
それがついに解決です!!

これでザッパとアイランドiPodで聴けるぞお~♪

あ、それと読み込む時にジャケットのアートワークも取得してくれるようになったんやけど、ギリシャ盤はほぼ全滅でした(泣)
まあ、私の場合アーティスト名をギリシャ文字の大文字で全部統一して打ち変えたからやとは思いますが。
別窓 | iPodのプレイリストとか | コメント:0 | トラックバック:0
2006-10-03 Tue 23:54 ∧top | under∨

ポンティ美メロベスト

最近このブログで、JEAN-LUC PONTYのネタが多いのでよく聴くんですが、やっぱええわー。我が青春の1ページやなー(笑)とかなんとかでちょっとしたマイブームになっていて。
とりあえずCDで持ってる分は愛用のiPod miniに全部詰め込んでしまい、その上「ポンティ美メロベスト」なんてプレイリストまで作ってしまった。(あまりこーゆーことはしない人なんですが…基本的にアルバム単位で聴くので)

で、今日仕事で兵庫県の西~の方まで行ってきまして、その帰り道。
JR神戸線乗ったことある人にはわかると思いますが、明石駅を過ぎて朝霧駅の手前辺りから須磨までは右手にずっと海が見えるんですよね。これはもう絶好の機会!!
てなわけで明石についたところでプレイ開始。

1曲目「Mirage」(from「Enigmatic Ocean」)
2曲目「Nostalgic Lady」(from「Enigmatic Ocean」)
この二曲、海をテーマにしたアルバムやというのに実は海を見ながら聴いたことはなかったので、あまりのハマりぶりに大感動!たぶんすっごい切ない顔してたかも知れん、と後で恥ずかしくなったり(爆)。しかも、夕日の光の具合がとってもええ感じやったんだこれが。
ちょうど2曲目のアラン・ホールズワースのソロの辺りで海とはおさらばでしたが、この体験はまた一生もんやあ~。まだまだこのアルバム、感動でけるわ~ちゅうのを改めて感じた次第。
残りの曲もついでに紹介しますと、
3曲目「Stay With Me」(from「A Taste for Passion」)
4曲目「Dreamy Eyes」(from「A Taste for Passion」)
5曲目「A Taste for Passion」(from「A Taste for Passion」)
6曲目「Computer Incantations For World Peace」(from「Individual Choice」)
7曲目「Nostargia」(from「Individual Choice」)
てな感じ。
まだまだリストに加えたい曲はあるんやけど、CDでは持ってないのよー!
この際せっかくやから揃えてまおっかなー。ポンティの音楽はどっちかというとCD向きな気がするし。

なんかしかしすっかりポンティ萌えのブログになったな~(笑)
まあ「ポ」が「パ」でないだけ健全ではあるかな(爆)



別窓 | iPodのプレイリストとか | コメント:3 | トラックバック:0
2006-04-27 Thu 23:42 ∧top | under∨
| www.ナゴヤハロー(裏) The小ネタ集 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。