スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
-------- -- --:-- ∧top | under∨

和倉の港に降り立った音楽の神 ~ギリシャ名曲大全 PART 5~

今年の盆休みは例年よりかなり長くて、今週いっぱいまでありまして。
で、せっかくの長い休みなんでどっか温泉でも行ってのんびりしよ~と思い、火曜から昨日にかけて石川県の和倉温泉にひとり旅に行っておりました。

何故和倉温泉だったかというと特に理由はないです(笑)
まだまだ暑いし、ちょっとは北側がええかな、というくらいの理由でした(笑)

ちょうど今の時期、和倉温泉では和倉港からクルーザーを出して夜景を楽しませてくれる「ナイトクルージング」(現地では「湾内遊覧」というてたwww)ちゅうのをやってて、まあせっかくなんで乗ってみたわけですよ。

でまあ船にゆられながらiPodにて去年ブログでも記事にしたハワイ産AOR「マッキー・フェアリー・バンド」なぞ聴いておったわけですが、ふと思い立ちプレイしたのが今回紹介するこの超名曲。

文字通り世間的にもギリシャ・プログレッシヴ・ロックの名曲として名高いアフロディーテズ・チャイルド(以下AC)の「エーゲ海」なのでした。



日本では'70年代前半、ラジオでよく流れてたようでそれでハマった人も多数いた模様。

プログレからギリシャ音楽に入った私でしたが、実はAC聴いたのはギリシャにハマって以降でした。
まあもちろんこの曲が収録されたアルバム「666」の存在は知っておったのですが…。
ふとしたキッカケでこの「エーゲ海」を聴く機会があり、なんでこんな名曲聴いてなかったんやーーー!と自分を責めたものです(笑)

この曲で表現されているエーゲ海は、こりゃもう夜です。夜のエーゲ海。
ギリシャの夜の寂寞感ってのは、これはもう行ったことある人やないとなかなか感じれんもんではありますが、これを聴いたらなんとなくわかってもらえるのでは、と思うくらいほんま夜のエーゲ海を表現しきった曲なんですわ。

トレモロのかかったエレクトリック・ピアノは月明かりに光る水面を、コーラスは寄せては返す穏やかな波を、リードギターはどこまでも深い海の神秘を、それぞれに表現してるように感じます。
そしてそれらをひとつの曲としてまとめあげた若きヴァンゲリスの恐るべき才能…!

まさに「ギリシャ名曲大全」の名に恥じないド名曲でしょう!

で、話しは戻って船の中。

この曲を再生し始めた時に、まさに音楽の神が降りた!としか思えないことが!

ちょうど船が反転して向きを変えたんですが、なんと私の正面に満月が!!
そして満月に照らされ美しく光る海面が私の正面にサーーーッと伸びたんでありますよ!!!

この美しさと曲の美しさの見事なコラボレーションといったらそらもうなかったですよ!
もうこの先、無作為でこんなええタイミングでこの曲聴ける機会おそらくないでしょう。

私にとってはほんま音楽の神降臨!としか思えん体験でした~。

ちなみに翌日も欲出して港に行ったんですが、強風の為運航中止の上、月も出てなかった。。。
ほんまこの日乗っといてよかったあ~!

スポンサーサイト
別窓 | ギリシャ名曲大全 | コメント:2 | トラックバック:0
2011-08-19 Fri 23:50 ∧top | under∨

ギリシャ名曲大全 PART 4 『Η ΠΑΤΡΙΔΑ ΜΟΥ(イ・パトリダ・ム)』

またまた久々になってしまった名曲大全!第4弾でございます!!

今回はギリシャ屈指のクール・ビューティー、ΚΑΙΤΗ ΓΑΡΜΠΗ(ケティ・ガルビー)の'97年リリースの大々傑作、「ΕΥΑΙΣΘΗΣΙΕΣ(エフェススィシーエス)」より、私の神であるアンドーニス・ヴァルディスと共演した一曲、『Η ΠΑΤΡΙΔΑ ΜΟΥ(イ・パトリダ・ム ~わが祖国~)』でござりまする~!!



名プロデューサーであるΦΟΙΒΟΣ(フィーヴォス)の手によるこのアルバム、とにかく全曲ハズレ無しというギリシャポップスファンならなにはともあれ必聴の大名盤なのですが、その中でも個人的にはかっちょ良過ぎて当時コピーまでしてしまったこの曲はちょっと頭抜け過ぎる大名曲となっておるのです~♪

イントロの物悲しいクラリネットに続いては早速ヴァルディスのシブシブ低音が入ります。
ここでまずひとしびれ。

Aメロ後半にフィードバック・ギターが切り込み、サビ前にガツーンとキメ!!
はい、ふたしびれ。

そしてケティ姉御が熱く歌い上げるサビがまたカッチョいいこと!!
ジュラスによるオカズ(ちゃらちゃちゃちゃらちゃん)もめっちゃ効果的なのだわ!
もちろんさんしびれ。

その後はAメロ~サビ~サビ(単なる繰り返しではなく、熱さが増していくのだ!)としばらく姉御の独壇場が続き、間奏はギリシャならではのクラリネット・ソロ。
このソロ途中で転調します。

そして続くサビは御大ヴァルディス再登場!!
魅惑の低音に加え、ヴァルディス独特の瞬間的なファルセット(これがもうたまらんのだ!)を交えた上での絶妙なコブシ回しやタメがとにかく圧巻なのだよ!!

し、ご、ろく…もうしびれ死に~!!www

もうこの一曲でアンドーニス・ヴァルディスというおっさんにオチてしまったのはいうまでもないです(爆)

その後ケティのビデオ・クリップ集のDVDで見たクリップもしびれまくりでした…
ケティのクールなのに熱いカッチョ良さ、ヴァルディスのいぶし銀的な存在感…。
なんべん見ても、たまらん!!と身悶えしておる私です(爆)

こ、これが「萌え」というやつなのか…!?(笑)



別窓 | ギリシャ名曲大全 | コメント:2 | トラックバック:0
2010-06-29 Tue 20:33 ∧top | under∨

ギリシャ名曲大全 PART 3 『ΚΙΘΑΡΕΣ(キサレス)』

さて、「GREEK LOVER」に続いては正統派(?)ギリシャ名曲でお口直しといきましょう。(って「Greek Lover」の立場はどないやねーん!?w)

3曲目は私が最も好きなギリシャのアーティストである、スタマティス・スパノダキス
'96年リリースで、自身のターニング・ポイントともいえる名盤「ΤΟ ΔΑΚΡΥ ΤΟΥ ΙΩΑΝΝΗ(ト・ダクリィ・トゥ・イォアンニ)」より、スパノダキス・ミュージックの美味しいとこ全部のせ!のハイライト・トラック「ΚΙΘΑΡΕΣ(キサレス)」です!!(ちなみに意味は「ギターズ」)



この動画(どうやらライヴアルバム「ΜΠΡΟΣΤΑ ΣΤΟΝ ΚΟΣΜΟ(ブロスタ・ストン・コスモ)」と同じテイク。よって1998年のライヴ映像。)とスタジオ盤とでは前半が全くアレンジ変わってるんですが、この曲の肝はやはり後半、ストリングス&リズム・セクションが入ってきてからの展開。なによりスパノダキス自身によるエレクトリック・ギター・ソロに尽きるといっても過言ではないでしょう!!
スパノダキス独特のタメと泣き!!まさにギリシャ唯一無比のギタリストやと思います!!

そして実はこのアルバム自体にも想い出がありましてねえ。
初めてギリシャへ行ったのはもともとそん時一緒に行った連れの好みでして。(そんときゃ正直ギリシャにはほとんど興味なかったというw)
ただ、音楽については一応少しは予習していて(さすがだ俺!!)、スパノダキスの名もインプットしてたんですな。
で、その連れは前年にもギリシャへ行っていてそん時気になったという音楽の作者をメモっていて、それを買うつもりでおったんですな。んで、そのメモ見せてもらったらそこにはなんとスパノダキスの名が!!
思わず「えっ、スパノダキスやん!!」って叫びますてそら(笑)
連れも「えっ、なんで知ってんの!?」と返してきたのはいうまでもありません(爆)

で、そんなやりとりのあと連れが買ったのがこのアルバムなのでした。(もちろん後日私も日本で購入)

まさかこん時は自分がこんなにスパノダキス&ギリシャ音楽にハマるとは思ってもなかったなあ…。

そんな特別な思いのあるこの曲、ナマで聴けたらたぶんボロ泣きするやろうなあ(笑)

別窓 | ギリシャ名曲大全 | コメント:2 | トラックバック:0
2009-12-11 Fri 15:20 ∧top | under∨

ギリシャ名曲大全 PART 2 『GREEK LOVER(Yes Hello)』

おお~っ、すっかり忘れ去られていた大風呂敷コーナー(笑)、「ギリシャ名曲大全」!!
3年ぶりの2曲目(まだ2曲目w)です!!

2曲目にしてまさかまさかの異色曲の紹介です!異色にして反則、なんせ私CD持ってない(爆)
しかもラップですよラップ!

Ημισκουμπρια(イミスクンブリア) /
GREEK LOVER(Yes Hello)


imiskoum.jpg


どうっすか、このジャケ!(笑)
萌え~!…ませんよね(爆)ビミョーに日本のオタクカルチャーを取り入れてるんか知らんけど…いろんな意味でほんまにビミョーだ(笑)

がしかし。こんなアルバムに私がハマってしまった「GREEK LOVER」が収録されとんですよ!(なのに持ってないってどーゆーこっちゃい!)

実はハマったきっかけはこの曲のヴィデオ・クリップなのだ。
MINOS EMIが2004年にリリースしたクリップ集DVD「HITS 2004 (SUMMER)」。
たたでさえギリシャポップのクリップには目のない私ですが、このDVDがまたええクリップてんこもり!
なんせ1曲目がサキルヴァ(笑)ことサキス・ルヴァスの「Shake It」ですからね!
で、この曲も収録されとったというわけです。

基本ラップって音楽はちょっとニガテで。本来ならハマるハズないのですが、やはり「ギリシャ産」というだけでどっかスイッチが切り替わるんでしょうな(笑)
実際ブズーキも全編に使われてて、それがまた実に効果的なんですよ。

が、それよりなによりやっぱ映像のインパクトですわ…これはもう参りました(笑)

なんと全編アニメ(爆)

しかも先のジャケ絵ですら可愛く思える(笑)エロエロキャラオンパレード(爆)
宇宙船ですらヒワイさ丸だしやもんなあ。しかも動きはすんげえぎこちないし(まあ優秀すぎる日本のアニメと比べたら酷やけどね…がしかし、このぎこちなさがまた味があっていいんだわー♪)

しかしまあそんなゲスいアニメやのになぜかまた見たいと思ってしまい何度もリピートしてしまうというこの中毒性!これってやはり名曲のなせる技なのか、単に私がゲテモノ好きなだけなのか(爆)

なにはともあれYou Tubeに落ちてたクリップ貼付けときますんで、ゲテモノに抵抗のない方は是非是非。
しかし他にギリシャらしい大名曲は多数あるというのに、なんでこの曲にしたんやろう私(爆)


別窓 | ギリシャ名曲大全 | コメント:2 | トラックバック:0
2009-12-10 Thu 21:30 ∧top | under∨

ギリシャ名曲大全 PART 1 『ΔΥΝΑΤΑ(ディナタ)』後編

まさかシリーズ最初っから前後編になるとは(笑)
我ながらなんと濃いコーナーをつくってしまった…。

そこはまあ開き直って後編です。
前編ではギリシャでのヴァージョンを知ってる限り紹介しましたので、ここでまず原典(オリジナル)を紹介しときましょう。
NIGHT ARK「Picture」('86)

picture.jpg

作曲者のAra DinkjianとパーカッショニストのArto Tuncboyaciyanが中心となったアルメニアン・ジャズ・ロック・グループ「Night Ark」の1stアルバムに収録の「Homecoming」。
これがオリジナルです。
「ΔΥΝΑΤΑ」にくっついてたサブタイトルらしき(Homecoming)の文字が当初から気にはなってて。でも調べると「ΔΥΝΑΤΑ」の訳でもないし…というのがこれを見つけて解決した訳です。
(ちなみにアルバムタイトル曲でもある「Picture」は「ΜΕΝΩ ΕΚΤΟΣ」の原曲です。)

なかなかオリジナル・アルバムは見つからんかったのですが、ある時この曲を某所で演奏した時、聴いててくれた友人の友人が「この曲Night Arkですよね~」とかなんとかいうてはったんで、話をするとオリジナル・アルバムを持ってるというんですよ。で、お願いしてテープにダビングしてもうたんでとりあえず音だけは聴けてたんですな。(その後運良くCDも見つけましたが)

で、その原典。(前置き長っ)
当然インストで、主役は作曲者Araの弾くジュンブッシュ(トルコの複弦6コース・フレットレス・バンジョー)。アルヴァニタキ'95ライヴでも大活躍してた楽器です。だもんで雰囲気はこのライヴに結構近いんやけど、ピロピロしたシンセやら入ってたりなにやらトロピカル(?)なアレンジになっていて、印象はやや軽め。AraのアドリヴやArtoのパーカッションも'95ライヴに較べると控えめなんでやはり後から聴くとインパクトは弱いかなあ。

このアルバム「Picture」、もう当然のように廃盤なのですが、まだ原典を聴くチャンスは残っています。
この1stと2ndから選曲された編集盤が出とるんですわ。

Treasures Treasures
Night Ark (2000/06/13)
Traditional Crossrds

この商品の詳細を見る

この曲目当てといわずNight Ark自体ええバンドなんで(自分では勝手に「アルメニアのパット・メセニー・グループ」と呼んでいる)是非聴いてほしいとは思います。


さて、続いては他国でのカヴァーです!!
まずはアルヴァニタキに先駆けること3年、いち早くこの曲に目をつけたこの人のヴァージョン。

88 88
Sezen Aksu ()
Destiny

この商品の詳細を見る

"トルコの女帝"といえばこの人、セゼン・アクス!!
そのアクスの文字通り'88年のアルバムの一曲目「Sarisin(おいで金髪娘)」がそーなんです。
アクス・ヴァージョンではイントロでのサズ(?)のメロディーに続きいきなりサビのフレーズから歌がはじまります。アレンジはちょっとフュージョンぽい気も。リズムは「えーんやとっと」って感じ(笑)。

続いては同じくトルコのGulsen(ギュルシェン)というせくしーおねーちゃんのヴァージョン。(これはKisaraさんのブログ「異国音楽館」で知りました)
タイトルは「Sarisinim」。何故かアクス版とタイトル変わってますが歌詞はおんなじみたい。
このヴァージョンはYoutubeにクリップもありました。

ベースはやっぱりアクス・ヴァージョンみたいですね。終止ビキニで歌うというなんとも露出度の高いありがたい(笑)クリップです。


で、実はロシアでもカヴァーされてることが判明しました!(というかこれもKisaraさんのブログで知ったんですが)
「フィリップ・キルコロフ(Филипп Киркоров)」ちゅうおっさんだそうなんですが、「Fire and Water」というタイトルでカヴァーしてます。

これは完全にAntiqueヴァージョンがベースですねえ。アレンジには新鮮味ないですが結構クリップはおもろいな…。

とりあえずはこんなところですかねー。
いやー、しかし思いつきで始めたもののこんな大作になるとは全然思ってなかったぞ(笑)
それよりもギリシャ名曲といっときながらいきなりアルメニアの曲かいっ(爆)


別窓 | ギリシャ名曲大全 | コメント:9 | トラックバック:0
2006-11-02 Thu 23:56 ∧top | under∨

ギリシャ名曲大全 PART 1 『ΔΥΝΑΤΑ(ディナタ)』前編

ギリシャには日本人の琴線に触れるだろう名曲が数多くあります。
そんな曲をとりあげていく新シリーズを始めてみました。(他のシリーズも続いてへんというのに…)

初回はもちろん、私をギリシャのとりこにさせたこの曲、

『ΔΥΝΑΤΑ(ディナタ)』!!


なんやかんやでこの曲、オリジナルを始めとして知ってる限りでも10ヴァージョン近くあるという、実はワールドミュージックの隠れヒット曲でもあるんですな。

まずはギリシャ版オリジナル、エレフセリア・アルヴァニタキの'91年のアルバム、「ΜΕΝΩ ΕΚΤΟΣ(メノ・エクトス)」でのヴァージョン。

プロデュースは今やギリシャの大物プロデューサーのニコス・アンディパス。ちなみにこれが初プロデュース作となり、これを聴いたハリス・アレクシーウがアンディパスを起用して生まれたのが、大ヒットした名盤「ΔΙ'ΕΥΧΩΝ(祈りをこめて)」なのでした。
このヴァージョンではアンディパスの特徴とも言えるクリーン・トーンのエレキギターのミュート・アルペジオが曲をひっぱります。歌に入るといきなり重量感たっぷりの分厚いおっさんコーラスが(笑)。
でも正直'95年のライヴ・ヴァージョンを先に聴いていた私にはちょっと綺麗にまとまり過ぎ、かつリズムが重めかなー、という印象。

続いてもアルヴァニタキ、'93年のライヴ盤「Η ΝΥΧΤΑ ΚΑΤΕΒΑΙΝΕΙ(イ・ニフタ・カテヴェニ)」
フルートが結構フィーチャーされたアレンジに。ギター・バッキングはスタジオ盤同様。リズムはスタジオ盤より軽快になった感じ。後半、メンバー紹介にかぶる形でアンドーニス・ミジェーロスのかっちょいいリード・ギターも聴けます。
i_nixta_katebainei.jpg


でもってこれがアルヴァニタキ・ヴァージョン決定版、'95年のライヴ・ミニ・アルバム「ΖΩΝΤΑΝΑ ΣΤΟΥΣ ΒΡΑΧΟΥΣ, ΚΑΛΟΚΑΙΡΙ'95(ゾンダナ・ストゥス・ヴラフス,カロケリ'95)」
vraxous.jpg

こりゃもう本サイトでもこのブログでも再三紹介したので詳しくは書きませんが…やはり最強。DVDも出たしね。
ちなみにCDは2枚持ってたり。(笑。でも装幀がちょっとちゃうねんも~ん)

あと、実はギリシャで'04年にライヴ観た時に録音したヴァージョンもありますがこれは世界で私だけのもんです(ちょい自慢)。というかずーっと私が一緒に歌ってるので他の人が聴いたらすんごく耳障りやと思います(爆)。



さて、アルヴァニタキに続いては2005年のユーロ・ヴィジョン優勝をキッカケに今やギリシャのスーパースターの仲間入りを果たしたエレナ・パパリズゥがソロ活動前に組んでたユニット「ANTIQUE」のヴァージョン。デビュー・アルバム「Opa Opa」('99)より。

20061030205731.jpg

何故かこっちではタイトルが「Dinata Dinata」に変わっちゃってます。
アルヴァニタキの'95ライヴのアレンジをベースに打ち込みの4つ打ちビートを聴かせたフロア向きのダンサブルなアレンジになってます。
ちなみにこのAntiqueヴァージョンにはリミックスを集めたカナダ盤、その名も「Antique EP」ちゅうのも存在します。
antiqueEP.jpg

収録されてんのは、
「Radio Edit」
「Original Extended Mix」
「C and N Project Mix」
「LOL Brothers on a mission Mix」の4ヴァージョン。
まあこのあたりは明らかにフロア向けですな。思ったより「LOL~」リミックスがかっこいい。
ちなみにKisaraさんのブログ「異国音楽館」のAntiqueの記事にビデオ・クリップがアップされています。

ふうーっ。ここまででとりあえず"ギリシャ編"は終了ですー。(他にもカヴァーあったら教えてくださーい)
さすがに長くなりすぎるので、他国編及び原曲(オリジナル)についてはまた後日(汗)

別窓 | ギリシャ名曲大全 | コメント:4 | トラックバック:0
2006-10-30 Mon 23:55 ∧top | under∨
| www.ナゴヤハロー(裏) The小ネタ集 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。