スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
-------- -- --:-- ∧top | under∨

NIKONやないよNIKONNだよ

8月も終盤に入りましたがまだまだ暑い暑い

夏は例によってギリシャ再生度が高い私のiPodでありますが、またヘビロテになりそうなアルバムを購入しました。

「NIKONN / Poladloid」('06)

nikonn_poladroid.jpg


このジャケにまずピピッとそそられました。
使ったことある人ならわかる、ポラロイドカメラのフィルムのパッケージのパロディなんですわ。
(前の前の会社でよく使ってました)

ギリシャのエレクトロ・バンド「MIKRO」のメンバーでもあるNIKONNのこのアルバム、前々から興味はあったんですが、何故かスルーしているうちに廃盤になってしまいまして(泣)
このたびたまたまギリシャの個人業者から入手することが出来ました。
やっぱレコは欲しいと思った時に買う!は鉄則ですな(笑)

で、このアルバムで一番興味をそそってたのはなんといってもマリア・パパドプールの参加!!
日本でもギリシャ女性ヴォーカルものの傑作として有名な「ΦΕΓΓΑΡΟΣΤΟΛΙΣΤΑ(フェンガロストリスタ)」を1stアルバムとして1999年にリリースしたものの、打ち込みメインとなって明らかにオケが安っぽくなった(曲は水準以上やけども…)2ndを2001年にリリースしてからは曲提供でちょこちょこ名前は見かけたんですが、最近はもう全く名前を見ることもなくなってしまったあの才女が半分以上の曲であの美声を聴かせておるんです!

feggarostolista.jpg

このジャケにピンと来る人は少なくないハズ!


というわけでマリアさん目当てに欲しいリストに入れてたアルバムではあるんですが…

曲も素晴らしかった!!

ギリシャならではの哀愁がほのかに香る美メロ+エレクトロ・サウンドは即ツボもんでした。
特に3曲目の「Inside」なんかは前述のマリアさん2ndアルバムあたりに入っててもおかしくない、しっとりとした心に沁みる名曲!


で、久々にマリアさん2ndも聴いてみよか、とCD引っ張り出してみたんですが…

こいつね
senakosmomystiko.jpg



なんとこの2ndアルバム、プログラミングで参加してんの、NIKONNやったんです!!

まあクレジットはNIKONNではなく本名のΝΙΚΟΣ ΜΠΙΤΖΕΝΗΣ(ニコス・ビズェニス)でしたが、これで何故NIKONNのこのアルバムにマリアさんが参加してたんか合点がいきました。
ある意味NIKONNのこのアルバムのプロトタイプがマリアさんの2ndやったんかも知れませんねー。

個人的にはエレクトロニカ名盤で知られるフェネスの「エンドレス・サマー」よりかこっちの方が夏の終わりに聴くにはふさわしいんちゃう!?とか思ったりしてます〜。

NIKONN「Poladloyd」で心のフィルムに2012年夏の思い出を焼き付けよう!(←うまい!…かあ?ww)






スポンサーサイト
別窓 | 小ネタ(ギリシャ) | コメント:0 | トラックバック:0
2012-08-28 Tue 22:32 ∧top | under∨

ブリティッシュでギリシャでオリンピックな曲ってなーんだ?

まだまだ週末の「ブリティッシュ・ロック三昧」の余韻が残っておりますが…。

ゆうべ寝る前になって「うわ、あの曲リクエストすんの忘れてた!!」と思い出しましたが後の祭り。
しょうがないのでブログだけでも残しとこか、と思い書いております。

ただタイミング的には今回のでオンエアされんかったら意味ないぞ!みたいなとこもあるんですよ。
というのもオリンピック絡みの曲なんですわ。
でもって作曲はブリティッシュ・ロックの大物二人。
で歌ってんのがギリシャの人気シンガー。

まあここまで書けばわかる人にはわかるでしょう。

そうです、2004年のアテネオリンピック聖火リレー公式テーマ曲、

「Pass the Flame」

で、ブリティッシュ・ロックの大物二人ってのがなんと

トレヴァー・ホーン!ロル・クレーム!

前者はバグルス、イエス、後者は10cc、ゴドレイ&クレームで、もうブリティッシュ・ロック・ファンにはおなじみもええとこというビッグ・ネームですね。

でまあついでにイエスつながりなんやろうけど、何故かスティーヴ・ハウがマンドリンで参加してるという。
もひとつついでに和太鼓でJoji Hirotaも参加しとるんです。これもブリティッシュ・ロック・ファンなら知ってる名前でしょう。そう、あのアンソニー・フィリップスのアルバムでよく見かける名前ですからね。

そして歌うはいまやギリシャでは大御所的存在になってきたヤニス・コツィラス



残念ながらスタジオ盤の動画はなかったんですが…。(ちゃんとしたPVあってんけどなあ)
もうド頭のオケヒットがいかにもトレヴァー・ホーンな曲でね(笑)

ちなみにこの曲、コツィラスが愛知万博のギリシャデーで来日したとき一曲目に演奏した曲でした。
一応そん時のレポがこれ

まあロンドン五輪開催ということでグッドタイミングというのもあるんですが、実はもひとつ。
なんかねえ、このトレヴァー・ホーンとロル・クレーム、「プロデューサーズ」ちゅうバンド組んでこの秋にアルバム出しよるそうなんですね。(結成は2006年らしいから、もしかしたらこの曲がキッカケやったりしてね)
でもってこれまたあまりにもタイムリーな話しなんですが今週末8/5から東京で来日公演があるという。
ほんまタイミングよすぎでしょ!!

こりゃリクエストせんかったん後悔してもおかしくないレベル!(もう絶対こんだけ条件揃わん!)
別窓 | 小ネタ(ギリシャ) | コメント:0 | トラックバック:0
2012-07-30 Mon 23:40 ∧top | under∨

巨星ミトロパノス墜つ

先日17日、ギリシャのベテランシンガーであるディミトリス・ミトロパノスが心臓発作のため亡くなってしまいました…

それほど作品を聴き込んだアーティストではないんですが、オンリーワンのその声ででギリシャにトリップさせてくれる貴重なアーティストでした。(個人的には「Voice of Greece」のひとりであります)

そんなわけで今日はミトロパノスが2009年にイロド・アティコス音楽堂(アクロポリスふもとの、有名なあそこね)で行ったライヴを収録したDVDを見ておりました。

dimitris_live.jpg

ほんと派手な場所でやってるのにミトロパノス自身は過度な演出もなくひたすら歌うだけ、ってのがまたイカす!
職人魂ってやつやね!
途中一曲だけ若手シンガーがゲストで出てくるんやけど、もう緊張してんのがまるわかりで、改めてミトロパノスの偉大さを感じてしまった。

でもほんままだ64歳なんて若いよなあ…。もっと素晴らしい歌をようけ残して欲しかったです。

最後に、去年6月リリースの、結局スタジオ盤としては遺作になってしまった「ΕΔΩ ΕΙΜΑΣΤΕ(エド・イマステ)」より「ΟΤΑΝ ΕΧΩ ΕΣΕΝΑ(オタン・エホ・エセナ)」のクリップを…。
(作曲はスタマティス・クラウナキスだけあってしっとりした大人ないい曲なんですが、クリップはえらい可愛らしいアニメになってる…がこれがまた味があってなかなかいいのだ。)


別窓 | 小ネタ(ギリシャ) | コメント:2 | トラックバック:0
2012-04-22 Sun 23:16 ∧top | under∨

クジ運ええんだか悪いんだか…

宝くじには全然当たらず世界制覇の予定がどんどんずれ込んでいってるナゴハロさんですが…。

当たらんでええときには見事に当たる人やったようです。

実は今TVでやってるTVマンガ(どうもアニメという呼称はなじめないw)で「ラストエグザイル-銀翼のファム」ちゅうのがありまして。
そもそも「ラストエグザイル」って作品の続編やそうで、そもそもそっちは見てなかったんですが、宣伝見たらえらい絵が綺麗なんでとりあえず一回目だけ見たろか、と思って見てみたら…。

ヤバい、これめちゃおもろい!!

てな感じで内容もさることながら、うれしいことに劇中使われている文字がなんとギリシャ文字なんですよ!(ギリシャ語、ではない)
例えば主人公の名前がファム・ファン・ファンちゅうんですが、そのファムが乗る飛行機(劇中ではヴァンシップと呼称)のサイドには「φαμ φαν」なんて書かれてたり。まあ要するに普通の英単語をギリシャ文字に置き換えてるだけなんですけどね。でもそれでもギリシャ者には嬉しいもんです。(こういう時ギリシャ文字が読める、という特技は役立ちます♪)

そして音楽もこれがまたええんですよ!ケルト音楽をベースにした感じで、ちょっとロリーナ・マッケニットを思わせるところもあったり。
当然サントラも買いましたよ。


TVアニメーション「ラストエグザイルー銀翼のファムー」O.S.T.TVアニメーション「ラストエグザイルー銀翼のファムー」O.S.T.
(2011/12/21)
音楽:黒石ひとみ

商品詳細を見る


音楽を担当してるのは黒石ひとみさんという方なんですが、サントラのクレジット見てくりびつ!!
この黒石さん、ブズーキなんか弾いてはるやん!!
どこまでギリシャ好きにありがたいTVマンガなんでしょう(笑)

まあそんなこんなでズブズブハマっていき先日ついにブルーレイまで買ってしまうハメに…。

でまあこっからが本題。(長い前置きだがこれがないとなんのこっちゃわからんので)

このブルーレイとサントラにそれぞれスペシャルイベント招待の申し込みハガキと申し込み券がついててですね。
まあせっかく揃ってるんで…というケチくさい動機で応募したわけです。当たったところでどうせ東京はこないだ行ったばっかりやからよほどのことでもなかったら行かんとこ、なんて考えてたら…。

こういうときに限って当選したうえに。

整理番号がなんとヒトケタ台前半!!これ間違いなく最前列キープでけるよね!?
しかも開催会場(これは明らかにされてなかった)が、某クラシック系ホール!!

てことはもしかして生演奏とかある可能性高くないかーー!?

こうなるとさすがにスルーするにはかなりもったいない気にもなるってもんです(笑)

だもんで、いろいろ考えましたがまた日帰り弾丸ツアーで東京行くことにしましたー!

せっかくなのでめいっぱい楽しんできますよ!!

生ブズーキとか聴けたらたぶん今年の運使い切ってまうかも(爆)

別窓 | 小ネタ(ギリシャ) | コメント:0 | トラックバック:0
2012-02-23 Thu 23:26 ∧top | under∨

ギリシャファンクラブの集い in 大阪っ!

いよいよ冬が本格的に来たなあ~と感じた昨日、ギリシャファンクラブの集いがなんと東京と大阪で同時開催!

ちゅうことで行って来ました。まあファンクラブ会員やないんですけど(笑)

というか実は声かけてもらって開催を知った私なんでありますが(苦笑)


その声かけてもらった理由というのが、これが光栄というかそんなええもんちゃうけど、というか、

ブズーキ弾いてくれへんか、ということでして。

私のツイッターでのアイコンがブズーキ持ってる写真を使ってるので(ちなみにMAGMA Tシャツを着てるw)、それで声かけてくれはったんやと思うんですが…実はここんとこほとんどブズーキ触ってなかったんですよねえ(汗)

まあでもせっかくの機会やし、ということで昔やってた曲をさらおうとしてた矢先に仕事の方がやたらめったらたてこんできまして練習どころではなくなった、というかそもそも当日行けるかが微妙になってきたんですね。(金曜ですからね~)
でもまあなんとか行けるようになってやれやれでしたが。(一時間遅れての参加にはなりましたが)

で開催地である福島の地中海料理店「アッラ・パーチェ」に行ってみますと、昔、神戸の「国際交流フェア」で演奏したとき依頼してくれた方やらそのステージでダンスを披露してくれたギリシャ人のAさんやら、アテネとミコノスで茶をシバいたIさんやら、知った顔もちらほら。(やっぱ狭いコミュニティなのか…w)
やっぱ知らん人ばっかより知った人おる方がホッとします。(人見知りですから…)

今回は13人程の参加で、自己紹介コーナーで皆さんギリシャとの馴れ初め(笑)を披露しはったんですが、やっぱ神話きっかけやったりサッカーきっかけやったりいろいろなんですねえ~。
ちなみに私は「たまたま行ってハマった(笑)」もともと特に憧れも興味もなかったのにほんま人生わからんもんです。

そうそう、クイズ大会もありましてね。
当然ギリシャにまつわる問題なんやけど、これがもうかなりマニアックで正直ほとんどわからんかった(汗)
でもとりあえず数撃ちゃ当たる精神でテキトーに答えてたら以外と当たりまして、一応賞品はレツィーナ(ギリシャワイン)をゲットしました!基本アルコール飲まん私ですがギリシャは別なのだ!(笑)

でもっていよいよ私の演奏…今回ほんま泥縄でマルコス・ヴァンヴァカリスの代表曲「フランゴシリアニ」とマノス・ロイゾスのゼイベキコス(ギリシャならではの9拍子リズム)「エヴドキア」を仕込んで来たんですが、やはり泥縄やと緊張したらもうボロボロですね(泣)音ははずすわ、途中止まるわと近年まれに見るヒドさ(汗)
まあそれでもAさんの即席ギリシャダンス教室に流れて行く頃にやっと緊張もゆるなってきて(みんなダンスに夢中で注目されんようになったからか?w)楽しく弾かせてもらいました♪

しかしまあやっぱこういうときのためにいつでも弾けるレパートリーを持っとかんといかんよねー。

まあそんなこんなと楽しい時間を過ごしていると時間てのは気にならんもんで、気がついてみたら11時半!!
まじかーーー!もう帰らんと終電なくなる!(実際ウチの最寄り駅へは終電になってしまった…w)

いやーしかしほんまめっちゃ楽しかったですよ!ギリシャの話ししてたら終わらへん(笑)
改めて自分めっちゃギリシャ好きやねんなー、というのを再確認したイベントでした。

次回あったら是非ともまた参加したいと思います。
勿論今度はちゃんとブズーキ練習してからね!(笑)
別窓 | 小ネタ(ギリシャ) | コメント:4 | トラックバック:0
2011-12-10 Sat 21:13 ∧top | under∨

フレアークとギリシャのマエストロの関係は?

いよいよFLAIRCK(フレアーク or フラレック)のライヴが明後日(まあ明日が初日ですが)に迫り、ここんとこ予習(復習でもあるw)に余念のない私ですが、そんな予習から流れ着いたギリシャのアルバムを本日はちと紹介。

ΧΡΗΣΤΟΣ ΝΙΚΟΛΟΠΟΥΛΟΣ / ΩΔΕΙΟ ΗΡΩΔΟΥ ΑΤΤΙΚΟΥ
(フリーストス・ニコロープロス / オディオ・イロドゥ・アティクゥ)


nikolo_odeio.jpg


ギリシャのブズーキ名手であり名作曲家であるフリーストス・ニコロープロスの2000年にリリースされた2枚組ライヴ・アルバム。
ゲスト・ヴォーカリストとしてエレフセリア・アルヴァニタキ、コスタス・マケドナス、ディミトリス・バシスが参加してます。
ブズーキ奏者として、そして作曲家としての美味しいところがオーケストラ・アレンジでたっぷり堪能できる好盤であります。

でもって、フレアークとの関係は!?

実はアルバム冒頭のインスト・メドレーの一曲目がフレアーク(というかリーダーのエリック・ヴィッサー)の曲なんですよ!
とかいってますがどのアルバムに入ってる曲なんかはよくわかってませんが(苦笑)

そもそもこのアルバム初めて聴いたときに「あれ?なんかこんな雰囲気の音楽聴いたことあるな~」から「あ!フレアークや!」と思ってクレジットを見たらしっかりエリックの作曲やったという。
曲知らんのにエリックってわかってまうんやから、やっぱエリックの曲には強烈なオリジナリティがあるっちゅうことなんでしょうなあ。

でもなんでニコロープロスがエリックの曲を?という疑問が湧いてくるわけですよ。
もしかしてエリックのブズーキの師匠がニコロープロスやとか?
ニコロープロスのテクに感銘を受けたエリックがニコロープロスのために書いたとか?

いまだに真相がわからない…。

今回の来日でいろいろなとこがインタビューとると思いますが、もしこの記事読んだ人おったらこの件エリックに聞いといてくださ~い!(爆)

・10/1追記
フレアークのどの曲か判明しました!(というか聴いたことある曲やった)
2ndの「Gevecht met de Engel」収録の「De Stoomwals」でした!
というかこれエリックやなくて管楽器奏者のPeter Weekersの曲なんやけど(笑)
もともとはライヴ盤「Live in Amsterdam」のヴァージョンで知ってたんですが、今日久しぶりに聴き直してみて発覚致しました(笑)

ニコロープロスさん勘違いしてはりますよ~(←人のこと言えるかっww)

別窓 | 小ネタ(ギリシャ) | コメント:0 | トラックバック:0
2011-09-30 Fri 23:40 ∧top | under∨

ジャケがもうちょいよければなあ…(笑)

スタマティス・スパノダキス新譜情報に続いてはすでにリリース済みのヤニーの新作の件。
(そういやこのブログでヤニーのネタって初めてかも)

Truth of TouchTruth of Touch
(2011/02/08)
Yanni

商品詳細を見る


なんかトレードマークやったザッパヒゲ(笑)剃って髪も短くしてからはなんかイメージ変わりましたよねー。
とかなんとかいいながらアルバム買うのは'00年の「If I Could Tell You」以来やったりして(笑)

それにしてもジャケがなんか証明写真みたいなんがなんかちょっとなあ…(爆)

そんなジャケですが内容はさすがのヤニー印!
シンプルながらも彼らしい美しいメロたっぷりです!
ただ、ちょっとヤニー独特の雄大なスケール感は小さくなったかな…。いい意味でいえばカドがとれて落ち着いた、ってことになるんやけども。

まあそれはともかく曲目解説。

1. Truth of Touch
昔使ってた琴のような音色で幕を開ける、いかにもオープニングにふさわしい雄大なナンバー。原点回帰といえそうなPrivate Music時代初期に戻ったような曲調がいいねぇ~!

2. Echo of a Dream
これまた琴っぽいフレーズで始まります。メロディーはええんやけどなんか打ち込みのリズムセクションがチープな宅録風なんがちともったいない気が。

3. Seasons
爽やかなんやけどちと儚げな、なんか春を感じさせる曲調ですね。中盤以降の盛り上がりがドラマチックでええなあ。

4. Voyage
基本しっとりした雰囲気やけど、ここぞと切り込んでくるトルコテイスト(Can Atillaみたい)なストリングスにはっとさせられます。スパノダキスを思わせる雰囲気もあるような。

5. Flash of Color
ちょっとエスノな雰囲気のナンバー。これまたターキッシュ・ストリングスのスパイスが効いてる~。

6. Vertigo
ちょっとヘヴィなロック・タッチな感じです。アコギのカッティングがかっちょいい~。

7. Nine
7曲目やのに何故かナイン(笑)これも初期ヤニーの雰囲気あるかな。少しオリエンタルな感じのメロディーきれいやなあ~。

8. Can't Wait
シングルカットしたらフツーにヒットできそうな歌物バラードです。マジでええ曲ですよこれ。
感動した!(←ふるっっ!www)

9. Guilty Pleasure
印象的なピアノによるメロが耳に残る、美しいナンバー。春風を身体で感じながら聴きたい…曲全体に入ってる風のようなシンセがそう思わせます。構成もA-B-A-B-C-A-B-Bとシンプルやけど、だが、そこがいい!!Bメロ最後に入ってくるライル・メイズな感じのシンセ・フィルもキャッチーやね。個人的にはベストトラックかなー。

10. O Luse Che Brilla Nell'Oscurita
美しいメロをオペラチックに朗々と歌いきるヴォーカルが素晴らしい!最初聴いたとき歌ってんのマリオス・フラングーリスかと思った(笑)ほんまよう似とる~!(個人的にもマリオスとコラボって欲しい!)

11. I'm so
Aメロ部はちょいファンキーなスパノダキス、といった感じ。(ストリングスなんてモロ!)Bメロはまさにヤニー節全開!
しかし例えがマニアック過ぎてわかる人にしかわからん(笑)

12. Long Way Home
ちょっとフュージョンぽいメロディーですね。まあしかしあからさまなアレンジにせんとこがヤニー(笑)

13. Yanni & Arturo
タイトル通りヤニーのピアノ、シンセの上でゲストの名手、Arturo Sandovalがトランペット吹き捲くってます。ジャズ・セッション的な曲なんでメロらしいメロはあんまないんやけど、スパニッシュなトランペットのアドリブがかっちょええです!

14. Mist of a Kiss
9曲目「Guilty Pleasure」のダンス・リミックスちゅう感じの曲。Aメロはそっくりなんやけどだいぶ曲調は変わってます。展開もなかなかかっこいい感じになってて、まあ悪くないんやけど「Guilty Pleasure」が良過ぎてイマイチに感じてしまう(笑)

15. Secret
ラストはまた歌物。ちょっとAORというかR&B風(といっても「黒さ」はあんま感じない)で、いわれんとヤニーの曲とは絶対わからん(笑)でもいい曲やけどね。

とまあ気がつけば全曲がっつりレビューになってしまった(笑)
そういうわけでかなり気に入ってただいまヘビロテ中であります。

これ書いてる最中に気がついたんやけど、どうやら18曲のライヴが収録されたDVDがオマケで付いとる盤もあるみたいなんですよね…。ううまた買うべきかガマンすべきか悩みどころじゃ…。でもライヴ見たいしなあ~(泣)
頼むから単体で出して~!!
別窓 | 小ネタ(ギリシャ) | コメント:2 | トラックバック:0
2011-04-25 Mon 23:50 ∧top | under∨

おのろけスパちゃん

ギリシャのコンテンポラリー・インスト音楽の御三家と言えば知名度順でいうとヴァンゲリス、ヤニースタマティス・スパノダキスというとこですが(完全に主観ですが、実際統計とったらこんな結果になるような気がしますw)
そんな御三家(ギリシャなので三大神と呼びたいっす)のうち、ヤニーが今年2月に久々の新録スタジオ・アルバムをリリースし(近日レビュー予定)、そしてスパノダキスも今月になって3年ぶりのNEWアルバムをリリースいたしまったっっ!!

"ΘΕΛΩ ΝΑΜΑΙ ΠΑΝΤΑ ΜΑΖΙ ΣΟΥ"
(セロ・ナメ・パンダ・マジ・スゥ)


タイトル、直訳すると「私は常にあなたと一緒にいたい」てな意味になんのかな?
久々に嫁はんのドリ・スパノダキをヴォーカルに起用してるし、なんかオノロケですね(笑)

スパノダキスのサイトではもちろん試聴もできるんですが、当然のごとくそんなまどろっこしいことはせず即ギリシャに発注しました(爆)

ただ、サイトでも紹介されてるオフィシャルのビデオでタイトル曲のPVはついつい見てしまった(笑)
なんか歌詞がフランス語でちょっとアンニュイな感じ。でも曲調はしっかりおなじみのスパノダキス節ですね。
終盤十八番のエレキ・ギター・ソロが切り込んでくるんやけど、個人的にはちと物足りないかな…スパノダキス・ギターの魅力でもある独特の官能的なフレーズがあんまないもんな~。

なんかYouTubeのリンクができないので直接のURLをば。
http://www.youtube.com/watch?v=3CM2R_DkJwg&feature=player_embedded

まあ全曲はCDが届いてからのお楽しみにしま~す♪
GWまでに届いてくれたらありがたいもんですが~。

別窓 | 小ネタ(ギリシャ) | コメント:2 | トラックバック:0
2011-04-22 Fri 23:49 ∧top | under∨

サキルヴァ(笑)来日!!



…という夢を今朝見ました(爆)。すんません。


ちなみにサキルヴァ(笑)とは。

ギリシャが誇るイケメン・シンガー、サキス・ルヴァスのことでありんす。
略すときはちゃんと(笑)まで入れるのがルールです。または(笑)だけでも可www
日本でも一部の女性をトリコにしている模様です(爆)

それはさておき、どーゆー夢やったかというとですね。

私がギリシャのカフェで茶をシバいとったらサキルヴァ(笑)が声かけてきたんですよ。

「今度日本行くよ!!」とかいうて。

マジでか!!とぶったまげる私でしたがよくよく聞いてみると…

なんか神戸の方にアップルパイの美味しい店があるから、そこへ食べにいく!という話。

なんじゃそら。

しかもその後判明する衝撃の事実…その兄ちゃん、

タキス・ルヴァスという名前も顔もそっくりさんの単なる別人なのでした(爆)

タキルヴァ(笑)やったんかいっっっ!!www


しかしたいがい夢ってパッと目が覚めたらその瞬間忘れてまうんやけど、さすがにこの夢だけは頭にこびりついてました。よくも悪くもサキルヴァ(笑)インパクト強過ぎ(爆)

最後にそんな(笑)の傑作PV「Shake it」を。
サントリーニ島でぶんぶん腰を振りまくる(笑)におっさんの私もついつい釘付けになってまいます(爆)
でも曲自体はそんなノーテンキな映像とは関係なくギリシャらしい哀感にキューンとなる名曲だったりするのだ!


別窓 | 小ネタ(ギリシャ) | コメント:2 | トラックバック:0
2011-03-28 Mon 22:51 ∧top | under∨

冬でも聴けるギリシャ音楽(笑)

早いもので元旦からはや一週間…今年も案の定あっちゅう間に終わりそうですね(泣)

今日のネタは去年の暮れに買ってあったabsent without leaveの最新アルバム「Faded Photograph」

faded.jpg

ジャケット写真はなんと一枚一枚ポラロイド写真を貼付けてるので同じものがないというジャケ買い野郎泣かせの仕様なのです(笑)

実はこのabsent without leave、ギリシャ発のポスト・ロック/エレクトロニカ・ユニットなんですよー。
まあほとんどGeorge Mastrokostas(ギリシャ風にいうとヨルゴス・マストロコスタスですね)のソロ・プロジェクトって感じで、他にport-royalとかEpic45やらのメンバーを曲によって加えて、ってやっとるみたいですね。

そんなわけで冬でも聴けるギリシャ音楽~♪(笑)てな感じで何回か聴いてみたんですが、まあ悪くはないんやけど思ってた程ではなかった…というような印象やったんですが。
天気のよかった正月休み最終日の夕方に家で流してたら…

おりょ?

ええんちゃうん!?

そーなんです、シチュエーションを結構選ぶタイプの音楽やったんですね~。

ゆったりした暖かみのあるギターのアルペジオや素朴なメロディカ(鍵盤ハーモニカ)etc.によるなんともメランコリックな曲が、寒い冬の夕暮れ時にしっくりハマるんですよ。
個人的なベストトラックはmyspaceでも公開されてる「Baloons in the Sky」かな~。
寒々とした曲調の中、徐々に楽器が重なり合ってくるのがなかなかドラマチック。
アルバムラストの「Above the Trees」も一日の終わり、日の暮れる瞬間がぴったり合いそうな今日も一日お疲れさんテイスト(なんちゅう表現www)に溢れた好曲です。アルペジオの雰囲気はかのスーパー・ギタリスト、小川銀次さんの超名曲「船出」に似てるなあ~とも感じたり。ちなみにこっちもmyspaceで聴けます!でもこんな名曲はちゃんと買って聴きましょう!!www



別窓 | 小ネタ(ギリシャ) | コメント:2 | トラックバック:0
2011-01-08 Sat 23:54 ∧top | under∨

ひさびさのギリシャ映画

大阪で今日まで開催されてた「第17回大阪ヨーロッパ映画祭」に行って来ましたよ~。

お目当てはもちろんギリシャ作品!(笑)

今回上映されたのは「テラシア島のおまわりさん」ちゅう作品。

エーゲ海の小さい島で若いおまわりさんが事件調査したり恋に墜ちたり、という内容の、まあコメディになんのかな。

結論先に書きますと~。

これなかなか面白かったです!!

まあギリシャのもんならなんでもOKな私なので多分に補正されてますが(笑)
その補正差し引いてもいい映画でしたよ~。

まあ見た直後に「もっかい見たい!」となるほどやないけど(笑)忘れた頃にまた見たくなる感じ。

ヒロインの女優さん(ヴィッキー・パパドプール)がえらいべっぴんさんで、おまわりさんにちょっと嫉妬してしまったぞ(爆)

ギリシャ音楽ファンとしては途中ゼイベキコス(ギリシャ独特の9拍子の音楽)を踊るシーンなんかもあったりしてそっちも嬉しかったです♪

そうそう、音楽といえば!もちろん誰がやってんのかは気になってたんですが、サイトにもチラシにもそこまでの情報がないんですね(泣)
だもんでいったい誰かな~と思ってオープニング見てたら…

ぬ、ぬわんとっっっ!!!

ΘΑΝΑΣΗΣ ΠΑΠΑΚΩΝΣΤΑΝΤΙΝΟΥ(サナシス・パパコンスタンディーヌ)ですやん!!

サナシスだけに音楽もロック・テイストでなかなかかっちょいいんですよこれが!

ちなみにサナシスですが、むか~しちょろっと本ブログに書いたことあります。
メリーナ・カナのアルバムの記事で。→これ

それにしてもまさかサナシスだったとは。でもこの名前が出たとき会場で反応したんはたぶん私だけやと思います(爆)
サントラ出てるんかなあ~?

あ、あと実は恥ずかしながらテラシア島って知らなくて(汗)
映画で見てる分にはなんか街から見た海の感じとか家々の感じがサントリーニ島っぽいなあ~って思いながら見てたんですが、ウチ帰って調べてみたらなんてことはない、サントリーニの一部でした(爆)
別窓 | 小ネタ(ギリシャ) | コメント:8 | トラックバック:0
2010-11-23 Tue 23:34 ∧top | under∨

ギリシャ人と京都観光~♪

先週土曜日ですが、友人のまた友人(ギリシャ人女性!)が日本に観光に来ておりまして、この日は京都を観光するっちゅうことでその友人と秋の京都を堪能してまいりました~。

祇園をスタートにまずは嵐山へ向かいます!

嵐山のこの時期といえばやはり紅葉。…といいたいとこでしたが、やはりまだちょっと早かったみたい(泣)
来週くらいならええ感じになったかもな~。
それでもさすがに嵐山、人の多さはげっそりするくらい(笑)

ここでの目的はまず名物というらしい「豆腐ソフトクリーム」!
もちろん私は初耳です(爆)
でも確かにガイドブックにも載ってるくらいなんでそうなんでしょうね~。

「サガパー」ちゅう店(そーいえばギリシャ語に「サガパオ」ってあるよなw)なんですが…。

確かに美味かった!
でもって確かにしっかり豆腐の味がするんですわ!!
こりゃ是非また食べたいと思いましたよ~!

さてさてソフト食うた後はバスにて愛宕(おたぎ)念仏寺へと向かいます。

ここは「千二百羅漢」というのが有名なそうで。(知らなんだ…)

こんなん。

DSCN1185.jpg

一カ所だけやなくてあちこちにあったんで確かに千二百くらいあったかも。
中にはギター弾いてるのんとか、
DSCN1184.jpg

ウォークマン聴いてるのんとか(爆)
DSCN1197.jpg

なかなか楽しかったです~♪

その後一旦嵐山に戻って昼食。
とりあえず待望の湯豆腐をいただきました。実は京都の湯豆腐食べたことないんですわ~(汗)
お腹ペコペコやったこともあって美味かった~!近所のスーパーの100円もせんような豆腐とはやっぱ違いました(爆)

なんやかんやで結構時間経つのは早くて、この後石庭で有名な龍安寺と金閣寺を廻る予定にしてたんですが、時間的に金閣寺は無理っぽそうな感じになってきまして…。

とりあえず龍安寺へと。石庭を堪能して時間を見たら、むむ~タクシーで移動すれば閉館ギリギリで金閣寺間に合いそう!!
せっかくここまで来てるんやし、ということでタクシーをつかまえ金閣寺へと向かいました!
途中渋滞がありヒヤリとしましたが、なんとか間に合い入館。
私、恥ずかしながら金閣寺の正式名称が「鹿苑寺」ちゅうのをこん時初めて知りました(大汗)
恥ずかしついでに、実はここ来るのも初めてやったかも!(遠足で来たかもやけど全然記憶にない…)

DSCN1204.jpg

夕暮れ間際の金閣寺は確かに日本の美!
写真ではようわからんけどさすがの見応えでした~。紅葉が見頃になった昼間の金閣寺も見てみたいもんです。

とまあそんな「おのぼりさん」な一日を過ごしておったわけです。

基本楽しくやっておったのですが、なかなか歯がゆかったのはやはり言葉の問題…。
思ったことを思ったように伝えられんというのはなんか残念でしたね~。

ギリシャ語はまあ単語いくつか知ってるくらいで、とても会話出来るようなレベルやないし、かといって英語も年々スキルが落ちる一方なので…。
やっぱ使う機会ないとなかなかねえ~。

でもギリシャ語通じたのはやっぱり嬉しかったですけどね♪

そうそう、晩ご飯はお好み焼き食べたんやけど、(これもそのギリシャ人のリクエストでしたw)イカ玉(カラマリ)とタコ玉(フタポディ)はギリシャ語知ってたんやけど、エビ玉とブタ玉がわかんなくてね~(汗)
その場で調べて、エビは「ガリーダ」、ブタ肉は「ヒリノ」とわかりました。
これでまた知ってる単語が増えたぞ(爆)








別窓 | 小ネタ(ギリシャ) | コメント:10 | トラックバック:0
2010-11-15 Mon 22:35 ∧top | under∨

祝!世界柔道ギリシャ金メダル!!

やりましたな~ギリシャ!!
世界柔道東京大会、90kg級で"ギリシャの英雄"イリアス・イリアディス選手が金メダルの快挙です!!

イリアディス選手と言えば忘れもしない2004年のアテネオリンピック。
圧倒的な無敵ぶりであっさり金メダルをとった瞬間はほんまわたしも自宅で狂喜乱舞してたものです。(ひとりで。ww)
しかも優勝の瞬間には会場内にかのギリシャの大ヒット曲「ディナタ」が流れてんですからそらムリもないってもんです。

そんなイリアディス選手でしたが、オリンピック以降階級を81kg級から90kg級にあげてからは正直ちょっとオリンピックでのあの強さが感じられんくなって残念ではあったんですよね。

今回も出場するってんで、明日ライヴやというのにもかかわらずもちろんTVで試合観戦してた私です(笑)。
まあ正直イリアディス選手がええとこまでいっても所詮日本の放送局。ひたすら日本人選手にしかスポットあてへんねやろなあ~とは思っていたものの、そんな放送局へのあてつけ(笑)か、イリアディス選手きっちり決勝まであがってきてくれたんですなあ~♪
しかも決勝の相手はわが日本の選手!

せやけどギリシャの選手応援してた私はやっぱ非国民っすか!?(爆)

なにはともあれアテネ以来の金メダル、おめでとうイリアディス!!
別窓 | 小ネタ(ギリシャ) | コメント:0 | トラックバック:0
2010-09-10 Fri 23:52 ∧top | under∨

なかなかイケてる夏コンピ!

今年はわたしんとこの職場はヒジョーに盆休みが短くてですね。
金土日の三日だけ。土日は元から休みやから正味金曜だけという(泣)

まあそれでも木曜しっかり有休とって休みましたけどね(笑)
だって金曜はバンド練習あるから家で個人練習したかってんも~ん!

そんな盆休みもはやいもので今日で終わり。案の定あっという間だわ(泣)

ではそんな前フリにはほとんど関係ない音盤ネタ行きます(爆)

先月末に届いたギリシャCD、これがどれもなかなかのもんなんです♪

その中で今日はこの一枚を。

thalassa2010.jpg

ギリシャ・ソニーが毎年夏に出してるヒット曲コンピーレーション。ちなみに「ΘΑΛΑΣΣΑ(サラッサ)」は「海」という意味です。

私はあまりコンピを聴くという習慣がなくてね~。このアルバムもそもそもCDやなしに一緒に付いてるDVD(クリップ集)がお目当てやったんですよ。
で、クリップDVDがなかなかよかったのでCDの方も(実はCDとDVDで曲が違ってたりする)聴いてみたら!!

うむむむ!なかなかよいではないか!
いかにもギリシャ、といった泣きメロこそ少ないんやけど、ノリのいいアッパーなナンバーを夏の日中に流してたらなんか気持よく聴けてしまうんですよね。21曲が曲間なしのノンストップで編集されてんのもこれまたよろし。

ちなみに収録曲はこんな感じ。

songlist.jpg

アンナ・ヴィッシエレナ・パパリズゥアンドーニス・レモス等のビッグネームに加えてアマリリスニコス・イコノモプロス、新人アイドルのイヴィ・アダムゥ等のいわゆるギリシャ・ポップの範疇内のものに加えて、ヒップホップ/ダンス系ではSTAVENTOMASTER TEMPO、でもって何故かギリシャ以外からもアメリカのKE$HAPITBULL、ルーマニアのDEEJAY DAVIDなどなど。
アルバム後半はほとんどギリシャ関係なくなってるけど(笑)

個人的にはこういうヒップホップ/ダンス系はあまり食指は動かないんですが、やっぱりギリシャのアルバムとなると別腹になるみたいでなかなか楽しく聴けます(爆)

とりあえず意外な収穫!と思ったのはテクノ/ダンスがベースっぽいんやけど甘いメロディーがなかなかイケてるRECKLESS



もひとつついでにモデルもやってるジュリア・アレクサンドラトゥのクリップも。
歌はともかく(笑)セクシーボディはかなりヤバいっす(爆)

http://www.youtube.com/watch?v=OMMqC6Cj0Kg&feature=related
何故か動画が貼れねえ~

さってと、今日はDVDの方ももっぺん見ようかな~♪

別窓 | 小ネタ(ギリシャ) | コメント:4 | トラックバック:0
2010-08-15 Sun 13:27 ∧top | under∨

ギリシャ音楽検定三冠王!

さっきネットを徘徊してたらこんなんにぶつかりましたよ。


ギリシャのミュージシャン検定 powered by けんてーごっこ

ぬおお…こりゃギリシャ音楽好きを公言して憚らない私への挑戦状か…!?(いや絶対ちゃうからwww)

当然やらざるを得んでしょう!!


で、結果。



やった~~やったよお母さ~ん!

全国一位やって!!

…つうか一人しか受けてへんやん!(笑)

しかも問題がヴァンゲリスとガス・Gに関わる2問だけて!!
その2問でギリシャのミュージシャンの理解度合格てハードル低すぎるやろっ!(笑)

まあしかしなんであれ一番てのは気持ええもんではありますな。(爆)

で、せっかくなのでいろいろさがしてみたらこんなんもありました。


ギリシャの音楽検定 powered by けんてーごっこ

そして結果~。
ふふっ、もち全問正解で文句無しの全国一位だぜ!



つか、ギリシャに関係ない問題が2問ほど混じってるのはやはりあたたかくスルーしたらんとあかんのですかね…?(笑)

そしてもひとつ。


ギリシャの歌手検定 powered by けんてーごっこ

こっちももちろん全問正解!!
見事に三冠王の座に輝きました!!(笑)



まあ実のところアーティストの出身がどこだとかは音楽には関係ないと思うのだが(爆)


しかしまあ、おもろそうなんで私もこんど作ってみよう(笑)

全国のギリシャ音楽ファンの皆さん、乞うご期待~!!(なんにんいるのやらwww)

別窓 | 小ネタ(ギリシャ) | コメント:4 | トラックバック:0
2010-08-02 Mon 20:35 ∧top | under∨

週末のお楽しみが来たぞ♪

いよいよ夏も佳境ですね!!
毎年思うけど、ほんま何十年もこんなえらいもんよう乗り越えて来たもんやなあ、と自分をほめてやりたいですわ(爆)

で、夏と言えばギリシャ、という私ですので昨日もギリシャより購入分のCDが届きましたぞ!!



左端の初音ミクちゃんのアルバムはつっこまない方向でお願いします(今日会社帰りに買うてもうたのだ笑)

とりあえず上段左から時計回りに

・TAMTA / ΘΑΡΡΟΣ Η ΑΛΗΘΕΙΑ(サロス・イ・アリシア)

・ΚΡΙΝΙΩ ΝΙΚΟΛΑΟΥ / Η ΖΩΗ ΣΤΙΣ ΟΘΟΝΕΣ(クリニオー・ニコラーウ/イ・ゾイ・スティス・オソネス)

・ΧΡΗΣΤΟΣ ΠΑΖΗΣ & ΓΙΑΝΝΗΣ ΤΑΣΣΙΟΣ / ΜΟΥΣΕΣ ΕΝ ΧΟΡΩ
(フリーストス・パジス&ヤニス・タシオス/ムセス・エン・ホロ)

・ΔΕΣΠΟΙΝΑ ΓΛΕΖΟΥ(デスピナ・グレズ) / PUZZLE

・ΣΤΑΥΡΟΣ ΣΙΟΛΑΣ / ΣΤΑ ΜΙΣΑ ΤΗΣ ΝΥΧΤΑΣ(スタヴロス・シオラス/スタ・ミサ・ティス・ニフタス)

・ΘΑΛΑΣΣΑ2010(コンピ盤)


の6枚を今回お買い上げ~。それにしてもユーロ安くなったなあ~。

以前当ブログでもアルバム出る度大騒ぎしてたTAMTAちゃんはひっさびさのサード・アルバム。2007年以来やから3年ぶりっすね。
イサイアス・マティアンバやサキルヴァ(笑)ことサキス・ルヴァスがゲスト参加しとるぞ!!

クリニオー・ニコラーウもほんまひさびさ。本サイトでも紹介してる2004年盤以来やからこれまた6年ぶり!
今作もほとんど自作曲のようです。

デスピナ・グレズはプログレ・ファンの方がなじみ深いかな。POLLやノストラダモスのメンバーやった人。
最近シングル・コンピも出てましたが、新作です!しかも全曲インスト!!
"エスニック・ニューエイジ"とジャケには書いてますが…さてどんな感じなんやら。

スタヴロス・シオラスは、去年紹介したヨルゴス・カザンジスのアルバム「ΙΣΑΛΟΣ ΓΡΑΜΜΗ」にも参加してたアーティスト。
今作ではなんと!!エレフセリア・アルヴァニタキが一曲ゲスト参加しとるのですよ~!!

また内容等は聴き次第できるだけ紹介していきます~とりあえず週末はギリシャ漬け決定ですな(笑)
別窓 | 小ネタ(ギリシャ) | コメント:2 | トラックバック:0
2010-07-30 Fri 23:50 ∧top | under∨

今日はパーティーだ!!

もうすっかり真夏の様相ですな~。外へ出るのがほんま苦痛になってきました…(泣)

そんな中、今日はパーティー三昧でした。


…あ、もちろん音盤のことですよ(爆)


これこれ。

karvelas_party.jpg

ギリシャの名プロデューサー、ニコス・カルヴェラスの2003年リリースの4曲入りシングルのタイトルでした~!
ギリシャ語風によむと「パルティー」っすね。

実はこれ、リリース当時に買ってはいたもののずっと聴く機会がなくて(汗)7年越しでやっと今日、聴いたわけでして。

で、聴いてみたらこれがなっかなかよろしいのだな!

1曲目の元嫁さんのアンナ・ヴィッシとのデュエット「Boom Boom Boom」でまずツカミはバッチリ!



中間でメロトロンらしき音についつい反応してしまうのはプログレ好きのサガですな(笑)


続く2曲目のバラード「ΦΕΥΓΕΙΣ(フェブギス)」が個人的にはかなりツボでした!



イントロにも使われるサビのメロがちょっとジャン・リュック・ポンティの名曲「Nostargia」を感じさせる雰囲気があるし、バックのキーボードはちょっとU.K.の「Carrying no cross」みたいな感じやし、ほんまツボにハマりました~!

というわけで今日はひたすらこのアルバムをリピっておったのでありました~♪

にしても、まっさかこんなええ曲持ってるとは~さっすが俺(爆)

しかしこんな感じでまだまだウチのCD棚には名曲がいっぱい隠れてそうです(笑)
死ぬまでにちゃんと全部聴けるんやろうか(爆)




別窓 | 小ネタ(ギリシャ) | コメント:4 | トラックバック:0
2010-07-25 Sun 23:49 ∧top | under∨

ガス代払ったよ~

そりゃもう止められたら困るので~。。。

ってそのガス代やなくて!!

これでんがな!


BURRN ! (バーン) 2010年 08月号 [雑誌]BURRN ! (バーン) 2010年 08月号 [雑誌]
(2010/07/05)
不明

商品詳細を見る


ハイ、ガス・Gが表紙の「BURRN!」を買ったんですよ(笑)

オジー・オズボーンのギター・パートナーにギリシャ人ギタリストが選ばれる!という快挙にやはりギリシャ好きとしては嬉しさを隠せないわけです♪

今現在世界で最も有名なギリシャ人ミュージシャンてことになるんちゃう!?(笑)
最近経済破綻で元気のないギリシャなので、こうやってがんばってるギリシャ人がいるってことだけでもなんかほっとします~。

ちなみに誌面でのガス・Gのインタビューもたっぷり6ページ!!
なんか読んでるとほんまガス・Gってめっちゃええヤツやなあ~と思ってまいますわ~まあギリシャ人ってだけでわたしゃいい人と認識してまうんですけどね(爆)

10月には「LOUD PARK 10」でオジーと来日するんやけど、今回はありがたいことに神戸でも開催されるみたいやし、一度ナマでガスと、ついでにオジー(ついでなんかいっっっwww)見てみたいもんです。

ガス・G参加のオジーのNEWアルバムについてはまた書こうかと思ってま~す♪



別窓 | 小ネタ(ギリシャ) | コメント:2 | トラックバック:0
2010-07-17 Sat 21:46 ∧top | under∨

やはりギリシャにも「けいおん!」はあった!!

前回、フリーストス・ダンディスと日本のアニメ「けいおん!」について書いたんですが…

実際ギリシャに「けいおん!」はあるのか!?
そして、ギリシャにもオタク・カルチャーは根付いているのか!?

がついつい気になりまして(笑)

で、調べてみましたら!!


「けいおん!」はっけ~ん!!



ギリシャはテッサロニキ在住のオタクさん主催のイベントチラシを発見しました!!

このキャラ!
間違いなく「けいおん!」っスよ!!

が、しかし主役の唯ちゃん(ギター)の姿が見えない…と思ってよく見たら…


遥か向こうの海で泳いでおりますwww

というかちっちゃすぎてだれやら識別できまへんがなwwww



一応ですねー、画像使わせてもらうんで、主催の方にメールしたんですよ。
そしたら。

イベントけえへんか、と誘われましたwww


わしゃ日本に住んどるんやちゅうに(笑)

しかも明日て(爆)


…でも明日朝イチに出たら途中から参加でけるんやないかとちょっと考えてしまいました(爆)

まあそんなわけで実はギリシャにもしっかりオタク・カルチャーは根付いていて、ちゃんとコミュニティもあるやなあ、と判明した次第であります。


それにしても、このあたりの人たちにはJ-POPとかビジュアル系がえらい人気あるみたいですが…


おたくらの国の音楽の方が圧勝してますやん!?

というてやりたい衝動にかられておるんですが、どうしたらええですか~!?www

別窓 | 小ネタ(ギリシャ) | コメント:0 | トラックバック:0
2010-07-14 Wed 23:06 ∧top | under∨

ギリシャでも「けいおん!」は人気なんか!?

新しいiPod買ってから案の定ギリシャ音楽漬けになっております(笑)

そんな昨今、気に入ってヘヴィローテーション入りしているのが、今年2月リリースになったΧΡΗΣΤΟΣ ΔΑΝΤΗΣ(フリーストス・ダンディス)のNEWアルバム!



アルバムタイトルの「ΣΚΟΤΩΝΩ(スコトノ)」、カタカナで書くとなんかマヌケな語感になるけど、意味は「殺す」とか「自殺する」ちゅう意味…重っ!(笑)

一曲目から早速ヘヴィなギター・リフが唸るロック・チューン!
全体的にはかなりロック色が強いっすね。キャッチーなメロも満載でさっすがダンディス!
やっぱハズしませんわ~。
7曲目なんてトラッド・ロックしてて間奏なんてまるでゲイリー・ムーアの「望郷の果て」みたい!

特に気に入ったのは3曲目のタイトル曲。
ダンディス十八番の熱い熱唱(←頭痛が痛い…ww)がたまらんロッカ・バラードですねん!
このコブシ回しはもうダンディス専売特許やね~♪

オフィシャルでPVがあったので貼っときます。



ギリシャではサイリウムの代わりに線香花火使うんか!?(爆)



とまあ中身は素晴らしいということで…この記事のタイトル。

何故に「けいおん!」が出てくんの…?

と思われたでしょうが、まあわかる人はこのジャケ見たらわかるよね(笑)

ダンディスがギター、ベース、ドラムの一人三役してるジャケなんやけど、
なんとベースがレフティ(左利き)!!(笑)
しかもギターはご丁寧にレスポールやし(爆)


参考までに本家の画像。(さすがに同じ構図のんはなかったwww)

keion.jpg

こりゃ確信犯ちゃうのん~!?www

ちなみにですね~ギリシャにはそういうアニメやコミックファンの為の店も存在するんですよ!!
店名が「OTAKU NO SEKAI」ちゅうなんとも直球過ぎる名前(爆)

otakunosekai-logo-final-300x251.jpg
↑こんなロゴイラストまである(笑)
こんどギリシャ行く機会あったら絶対行ってみたろ(爆)

そんなわけで、実はダンディスも「けいおん!」見てるんやないか~?
なんてこと考えてしまって、またまたギリシャ人への親近感がふくらんでおるナゴハロさんなのでありました~♪


別窓 | 小ネタ(ギリシャ) | コメント:2 | トラックバック:0
2010-07-10 Sat 23:35 ∧top | under∨
| www.ナゴヤハロー(裏) The小ネタ集 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。