スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
-------- -- --:-- ∧top | under∨

夏も終わりやというのにギリシャ新譜情報

毎年夏はバカンスのせいかリリースの少ないギリシャなんですが、秋に入ってちょろちょろと気になる盤が出てきてます。う~んこれから自分的にはシーズンオフやねんけどなあ(笑)

ΣΤΑΜΑΤΗΣ ΣΠΑΝΟΥΔΑΚΗΣ
(スタマティス・スパノダキス)
"LIVE AT THE ROYAL ALBERT HALL"



'05年はミニ・アルバム1枚のリリースやったスタマティス・スパノダキスですが、今年4月のロンドンのロイヤル・アルバート・ホールでのライヴが出ました。
昔はロンドンにおったこともあったのである意味凱旋公演?
それにしても'03年以来スタジオ新作ごぶさたしてますなあ…('04年の「ΝΥΦΕΣ」はサントラやったし)


ΣΑΒΙΝΑ ΓΙΑΝΝΑΤΟΥ & ELENA LEDDA
(サヴィナ・ヤナトゥ&エレーナ・レッダ)
"TUTTI BACI"


tucci.jpg

いや~この2人が最近いっしょにやっとんのは風の噂で聞いとったんですが、いよいよアルバムが出ます!!
"ギリシャのデメトリオ・ストラトス"サヴィナ・ヤナトゥとサルディーニャの歌姫、エレーナ・レッダとの地中海最強タッグ!!
これは凄そう!!

というかデメトリオってギリシャ人やん(爆)

今作はECMではなくギリシャの老舗レーベル、LYRAからのリリースやけどECMでもディスリビュートすんのかどうかは不明…。

でまあそのECMですが。こんなん出ました。

Eleni Karaindrou
"Elegy of the Uprooting"


kalaindrou_live.jpg

テオ・アンゲロプロス監督作品でおなじみのエレーニ・カラインドルーの新作はアテネ・メガロムシキ劇場での2枚組ライヴ!!
彼女の作品ではおなじみのヴァンゲリス・フリストプロス(オーボエ)、ヴァンゲリス・スクーラス(フレンチ・ホルン)、ソクラティス・アンスィス(トランペット)、ニコス・グィノス(クラリネット)等に加え、ポリティキ(コンスタンチノープル)・リラにソクラティス・シノプロス(スパノダキス作品でもおなじみ)、フルートにはヴォーカリストとしても活動してるステラ・ガデディ、ネイにはマルチ・ミュージシャンのフリーストス・ツァムーリス、パーカッションにはKROTALAのメンバーとして愛知万博で来日したアンドレアス・パッパスが参加してる上、なんとヴォーカルにはマリア・ファランドゥーリ!!

こ、これ、国内盤出るんでしょうか…?
どっちにしてもこの秋入手決定です。これを買わんでギリシャ音楽好きは名乗れません。


ΓΙΑΝΝΗΣ ΚΟΤΣΙΡΑΣ
(ヤニス・コツィラス)
"ΤΑΞΙΔΙΑ ΦΙΛΙΑ(タクシディア・フィリア)"


kotsiras_taxidia.jpg

ラストは愛知万博でのライヴで私を痺れさせてくれたヤニス・コツィラスの約2年振りの新作。(1枚企画盤ライヴがあるにはあるが)
マノリス・ファメロスプロデュースの前作「30+ΚΑΤΙ」はかなり素晴らしい出来でしたが新作はどうかな~。
それにしてもコツィラス、しばらく見ん間に老けたんちゃう…?。
スポンサーサイト
別窓 | 小ネタ(ギリシャ) | コメント:10 | トラックバック:0
2006-09-28 Thu 23:38 ∧top | under∨

楽器バトン!?

シャナヒーのパーカッショニスト、Akiさんのブログで楽器にまつわるバトンが落ちてたので勝手に拾ってきました(笑)。

1、やっているorやっていた楽器は?
レベルを問わないんであれば多過ぎて書く気しません(笑)。
一応人前で弾いた、ってレベルのもんならギター、ヴァイオリン、マンドリン、ハーディーガーディー、ブズーキ(手ェ出した順)等。まあ基本的には弦楽器ですね。
ちなみに春に体調こわしてからほとんど楽器触ってませんが最近口琴が楽しいです(笑)

2、やりはじめたきっかけは?
ギター/渡辺香津美を聴いて「あー、俺エレキギターの音好きなんやー」と気がついて。
ヴァイオリン/U.K.のエディ・ジョブソンを聴いてあー、俺エレキヴァイオリンの音好きなんやー」と気がついて。
ブズーキ/ギリシャ行ったとき楽器売ってた店の女のコの気を惹きたくて買った(爆)

3、一番影響を受けたアーティストは?
基本的には聴いたもん全てに影響は受けますなー(笑)。ザッパやらピアソラやらヴァンデやらの生き方には感銘受けてます。(音楽性含めてマネはできんが)
実際に影響があるなあ、と思うのははじめてバンドを一緒にやった時のメンバー、N氏。未だにこの人だけの手のひらから出られてへんと思う。あとN氏絡みで知り合ったK氏は日本で唯一私が「歌詞を聴ける」シンガーソングライターです。(もちろんアマチュア)

4、その楽器をやっていて良かったことは?
ハーディーガーディー/とにかく珍しがられる(笑)
ヴァイオリン/楽譜がちょっとは読めるようになった!&楽譜に#やらbやらついてる意味がわかった!
いろいろなセッションに加わって交流が広がった。

5、生まれ変わったら何の楽器をやるorやらない?
やっぱり鍵盤楽器が弾けたら何かと便利やないかなあ、と思います…(いろいろやってますが鍵盤楽器だけは…あ、でもハーディーガーディーは鍵盤やなあ笑)
別窓 | 楽器とか音楽活動とか | コメント:4 | トラックバック:1
2006-09-25 Mon 23:28 ∧top | under∨

最近買ったギリシャCDおおザッパレビュー

最近めっきり涼しなってきましたなあ…昼間はまだまだ暑いんやけど朝晩の涼しさといったら。
気温の低下に比例してギリシャ音楽熱も低下する困った体質の私なんですが(笑)、今年は例年にも増してやたらギリシャ盤を買いまくっていて、いまだに消化しきれてなかったりします(爆)。
とりあえず先日届いた分何枚かざっと聴いた上でざっくり採点してみました。(どっかのメタル雑誌かい…)

"ΧΡΥΣΠΑ/ΠΟΣΑ ΧΡΩΣΤΑΩ"
(フリスパ/ポサ・フロスタオ)



えーと、胸元にひかれて買いました(笑)。ちなみに裏ジャケとかトレイ下の写真はもっと…です(爆)。
ルックスもええですよね。ちょっとゴマキに似てる感じもすんなあ。
それはともかく内容。
えー、かなりええ曲揃ってます。タイトル曲気に入ったー。87点!

続いては…

"TAMTA/Same"

tamta.jpg

これもルックス買い(笑)。ただ言い訳さしてもらうと(別にせんでもええんやが…)何曲か作曲で私の大好きなアーティスト、グリゴリス・ペトラコスが噛んどるのだっ。(ついでに一曲歌っとる。)やはりペトラコスはええ曲書きよるわ~。
とはいえ全体的にギリシャ色はやはり薄くて(ブズーキも不使用)結構ポップ。まあでもカワイイんでちょっと甘めで74点!

んでもって…

"ΜΑΡΙΑ ΛΟΥΚΑ/ΚΑΛΗΜΕΡΑ"
(マリア・ルーカ/カリメーラ)


louka_kalimera.jpg

これはなんとなくアンテナにピピッと来て購入。ことギリシャに関しては私のアンテナの精度は結構上がるみたいで(笑)これもなかなかのアルバム。
ポップというよりはフォーク・ロックといった感じ。ギリシャのDAVID CROSS(と勝手に呼んでいる)、フォティス・シオタスがハードなエレキ・ヴァイオリン・ソロやらアナログ・シンセ(とクレジットされとる)やらヴォーカルやらで結構がんばってます。80点、てとこかな…。



"ΤΑ ΤΡΑΓΟΥΔΙΑ ΤΟΥ ΣΤΡΑΤΟΥ"
(タ・トラグーディア・トゥ・ストラトゥ)


stratostribute.jpg

'90年に亡くなったギリシャ歌謡(ライカ)の大歌手、ストラトス・ディオニシーウのトリビュート・ライヴ盤。CD2枚組+DVDという太っ腹なブツ。メンツがこれまたアホみたいな豪華さなんですわー。ストラトスの息子のアンゲロス&ステリオスのディオニシーウ兄弟を筆頭に、"ミスターまゆ毛"パスハーリス・テルジス、アンドーニス・レモス、ヴァシリス・カラス、セミス・アダマンディディス(先述のフリスパのアルバムでもええ声披露してます)、スタマティス・ゴニーディス、イェラシモス・アンドレアートス、ナターサ・セオドリドゥ、メリーナ・アスラニドゥという面々。しかも音だけやなくてDVDで動く姿まで見れるんですよ…凄すぎる(泣)
しかし42曲フル収録というヴォリュームはなかなかイッキに見る機会がなくってまだちょっと点数はつけられんといいたいとこですが、まあこのメンツ。それが一同に会してるというだけで素晴らしいことです。
というわけで90点!!
まだ聴いてへんのに最高得点て(爆)



別窓 | 小ネタ(ギリシャ) | コメント:12 | トラックバック:0
2006-09-24 Sun 23:10 ∧top | under∨

「癒し系」に癒されてたまるか

すっかり定着してもうた感のある「癒し系」という用語。
まあ別に何に使ってもらってもええんですが、音楽にだけは使ってほしないというのが本音やなあ。
ただ「音楽」が聴きたいだけやのに、「癒し系」なんてラベル貼付けて「おらおらっ、こんなに心洗われるメロディーやねんから癒されんかいっ。ほれっこの響き?癒されるやろ~。」なんて傲慢な気持ちで押し付けられても「癒される」ワケがないやん。

ただね。音楽には罪はないと思うんですよ。私が許せんのはとにかく「ラベル」。
音楽に「癒し」効果なんてない!!てなことをいいたいんやなくて、とにかく「癒し」の押し売りがイヤなんですわ。

そんなもん癒されるか癒されへんかは自分で聴いて決めるわいっ!!

とかいいながら、そんな「ラベル」に惹かれてCD買ってまう自分もいたりする…(爆)

やっぱり「癒されへん」といいながらも「癒されること」を期待してもうてんのかなあ。
週末にホイホイと簡単にギリシャでも行けたら十分癒される私なんですが(爆)

でもまあ個人的に最高の「癒し」音楽は「無音」やと思います…。
別窓 | 音楽観 | コメント:5 | トラックバック:0
2006-09-20 Wed 23:44 ∧top | under∨

オリジナリティ

音楽を評する時、「オリジナリティ」云々ちゅうのはよういわれますが…

私にとってはあろうがなかろうがどーでもいいです。
所詮評論家の行数かせぎと著作権侵害回避のためだけのもんとしか思ってなかったりします。

音楽を評論するつもりはないし、(うだうだと書いてんのはあくまでただの「感想」のつもり。)あくまでただ「聴く」立場の人間からしたら、やってることが斬新やとかパクりやら誰それにクリソツやとか関係ないんですわ。過程はどうあれ、聴いて「イイ!」という結果さえ得られれば。
私なんかは誰それにクリソツ、とか影響が顕著、とかいう場合、その「誰それ」が好きなアーティストやったりしたらやっぱり手ェ出しますもん。
私にとって「良い音楽」を模倣してるわけやからまあ当然のように。(まあ実際は底が浅かったり、ベクトルが私の望んでるもんとは違ってたりでそうそう「アタリ」はないんやけど)

だいたい「オリジナル」の定義とは?
独自の発想による音の順列組み合わせ?
ということはアタマん中で思いついたもの(「オリジナル」)を五線譜に書いたり、楽器でなぞるっていう行為は「コピー」やないのん?
自分の考えたもんやから「オリジナル」ちゅうんはまあわかるけど、行為そのものは「コピー」行為やしなあ。これを果たして「オリジナル」と呼んでええもんかどうか。そもそも「音楽を作る」「楽器を弾く」っていう行為自体も「オリジナル」な行為やないし。

別の考え方としては音楽は全て「オリジナル」。だって昨日弾いた「A」という曲と今日弾いた「A」では全く寸分違わず(シーケンサーに弾かせてもよいが)演奏したとしても時間軸は勿論、聴く側の状態が全く別物。ということは昨日の「A」と今日の「A」は同曲にもかかわらずそれぞれ独立したオリジナル。それをまたぜんぜん別人が翌日に弾いても「今日のAのコピー」ではなく、「翌日のA」というオリジナルであるという。(うーややこしい)
まあ他にも人それぞれの考え方があると思うので、結局答えはなし、いくぉーる、「オリジナル」だか「コピー」だかは音楽の構成要素としては少なくとも私には不要なわけであります。
世のアーティストにも「イイ!」と思った要素はどんどんパクりまくって欲しいと思ったりもしてたりするんであります。(いやホンマに。)

私自身も楽器をやっていますが、自分で曲を作ろう、と思ったことは全くないんですな。
作らんでも「これやりたい!」と思うようなええ曲は一生かけてもやりきれんくらい世の中に転がってるんで、くーだらないオリジナル作ってる時間もったいない、と思うんですわ。(創造力のなさを言い訳しとるだけのような…)。商売するつもりもないんで著作権も関係ないし。
でもまあ実際は元曲アレンジする際にちょびっと自作パートを作曲したりもすんねんけどね(爆)。

まあいろいろ書きましたがあくまで「オリジナリティ」を批判しとるわけではなく、「過程より結果」ということがいいたかっただけなので…。
アーティストの方々、どんどん「イイ!」オリジナル作って下さいっ。(なんじゃそら)


別窓 | 音楽観 | コメント:9 | トラックバック:0
2006-09-06 Wed 23:23 ∧top | under∨
| www.ナゴヤハロー(裏) The小ネタ集 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。