スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
-------- -- --:-- ∧top | under∨

ギリシャ名曲大全 PART 1 『ΔΥΝΑΤΑ(ディナタ)』前編

ギリシャには日本人の琴線に触れるだろう名曲が数多くあります。
そんな曲をとりあげていく新シリーズを始めてみました。(他のシリーズも続いてへんというのに…)

初回はもちろん、私をギリシャのとりこにさせたこの曲、

『ΔΥΝΑΤΑ(ディナタ)』!!


なんやかんやでこの曲、オリジナルを始めとして知ってる限りでも10ヴァージョン近くあるという、実はワールドミュージックの隠れヒット曲でもあるんですな。

まずはギリシャ版オリジナル、エレフセリア・アルヴァニタキの'91年のアルバム、「ΜΕΝΩ ΕΚΤΟΣ(メノ・エクトス)」でのヴァージョン。

プロデュースは今やギリシャの大物プロデューサーのニコス・アンディパス。ちなみにこれが初プロデュース作となり、これを聴いたハリス・アレクシーウがアンディパスを起用して生まれたのが、大ヒットした名盤「ΔΙ'ΕΥΧΩΝ(祈りをこめて)」なのでした。
このヴァージョンではアンディパスの特徴とも言えるクリーン・トーンのエレキギターのミュート・アルペジオが曲をひっぱります。歌に入るといきなり重量感たっぷりの分厚いおっさんコーラスが(笑)。
でも正直'95年のライヴ・ヴァージョンを先に聴いていた私にはちょっと綺麗にまとまり過ぎ、かつリズムが重めかなー、という印象。

続いてもアルヴァニタキ、'93年のライヴ盤「Η ΝΥΧΤΑ ΚΑΤΕΒΑΙΝΕΙ(イ・ニフタ・カテヴェニ)」
フルートが結構フィーチャーされたアレンジに。ギター・バッキングはスタジオ盤同様。リズムはスタジオ盤より軽快になった感じ。後半、メンバー紹介にかぶる形でアンドーニス・ミジェーロスのかっちょいいリード・ギターも聴けます。
i_nixta_katebainei.jpg


でもってこれがアルヴァニタキ・ヴァージョン決定版、'95年のライヴ・ミニ・アルバム「ΖΩΝΤΑΝΑ ΣΤΟΥΣ ΒΡΑΧΟΥΣ, ΚΑΛΟΚΑΙΡΙ'95(ゾンダナ・ストゥス・ヴラフス,カロケリ'95)」
vraxous.jpg

こりゃもう本サイトでもこのブログでも再三紹介したので詳しくは書きませんが…やはり最強。DVDも出たしね。
ちなみにCDは2枚持ってたり。(笑。でも装幀がちょっとちゃうねんも~ん)

あと、実はギリシャで'04年にライヴ観た時に録音したヴァージョンもありますがこれは世界で私だけのもんです(ちょい自慢)。というかずーっと私が一緒に歌ってるので他の人が聴いたらすんごく耳障りやと思います(爆)。



さて、アルヴァニタキに続いては2005年のユーロ・ヴィジョン優勝をキッカケに今やギリシャのスーパースターの仲間入りを果たしたエレナ・パパリズゥがソロ活動前に組んでたユニット「ANTIQUE」のヴァージョン。デビュー・アルバム「Opa Opa」('99)より。

20061030205731.jpg

何故かこっちではタイトルが「Dinata Dinata」に変わっちゃってます。
アルヴァニタキの'95ライヴのアレンジをベースに打ち込みの4つ打ちビートを聴かせたフロア向きのダンサブルなアレンジになってます。
ちなみにこのAntiqueヴァージョンにはリミックスを集めたカナダ盤、その名も「Antique EP」ちゅうのも存在します。
antiqueEP.jpg

収録されてんのは、
「Radio Edit」
「Original Extended Mix」
「C and N Project Mix」
「LOL Brothers on a mission Mix」の4ヴァージョン。
まあこのあたりは明らかにフロア向けですな。思ったより「LOL~」リミックスがかっこいい。
ちなみにKisaraさんのブログ「異国音楽館」のAntiqueの記事にビデオ・クリップがアップされています。

ふうーっ。ここまででとりあえず"ギリシャ編"は終了ですー。(他にもカヴァーあったら教えてくださーい)
さすがに長くなりすぎるので、他国編及び原曲(オリジナル)についてはまた後日(汗)

スポンサーサイト
別窓 | ギリシャ名曲大全 | コメント:4 | トラックバック:0
2006-10-30 Mon 23:55 ∧top | under∨

ロックは大学へ行く

いや~ついに買ってきました。
なにってこれですよ。

"BRUFORD / Rock Goes To College"


アラン・ホールズワース在籍時のBRUFORDのライヴDVDですがな!!
もちろん輸入盤ではちょっと前に出てましたが、先日国内盤(といっても輸入盤にオビと解説つけただけやけど)が出まして、この週末には買いに行くぞ!と思ってたので。

まあ昔からのBRUFORDファンには音源はすでにおなじみの"あれ"です。映像ももちろんブートで既出。とーぜん私も見とるわけです。

が。

この画質の良さ!!
こりゃ既に見てても超感動モンですわ!!ギターのヴォリュームつまみの数字まで見えそうな鮮明さなんですよ!!
いままでありがたく見てたブートはなんやったんや状態(笑)たまらんです。

さて、解説によるとホールズワース在籍時はなんとこれが最初で最後のライヴやったそうですね。このライヴの直後に脱退してジョン"誰やねん"クラークに変わったとのこと。そらアラン入りのブートが出んわけやー。
正確にはバンドとしての「BRUFORD」になる前、「Feels Good To Me」リリース時にほぼ同メンバー(ベースだけはジェフ・バーリンやなしにニール・マーレイが弾いてる)でのBBC"Old Gley Whistle Test"で2曲の映像があり、正味アラン入りライヴはこの2回だけやそうな。
ちなみにこの映像ももちろんブートが出回っていて(私の持ってるのは「Rock Goes~」と一緒に収録されてる)、珍しくファンキーなリズムギターを、椅子に座って(!)弾くアラン・ホールズワースの姿が拝めます(笑)。どうせやったらこの映像もボーナスとして入れてほしかってんけど…マスターが既にないんかなあ?

それにしてもまさかこんなもんがオフィシャルで出るなんて。世も末、いやいや素晴らしい世の中になったもんです(爆)

そーいえば内容に全然触れてへんわ(笑)えーと、「5G」でのバーリンの超絶スラップ、画質はようなってもやっぱり何をどうやってああなってんのかさっぱりわからんです(爆)


別窓 | Foreverプログレ | コメント:3 | トラックバック:1
2006-10-29 Sun 23:20 ∧top | under∨

最近買ったギリシャCDおおザッパレビュー 10月編

季節はすっかり秋ですね~。そんな中先日到着したギリシャ盤をまたまた例によってざっくり(まだ聴き込んでないしね~)採点!してみました。
たぶんどこよりもはやい。ハズ(笑)。

ΣΤΑΜΑΤΗΣ ΣΠΑΝΟΥΔΑΚΗΣ/
LIVE AT THE ROYAL ALBERT HALL



まずはスタマティス・スパノダキスのライヴ盤。
正直スタジオ盤を完全再現!的なライヴやとベスト盤と変わらんやないかい、なんて思ってる私にはちょっと不安もありましたが…。結構オリジナルがリアレンジされてるし、やはり弦の厚みもちゃうなー(特に低音部)という感じ。選曲もまあまあ。('94年の名作「ΑΛΕΞΑΝΔΡΟΣ」からの選曲が多め)
ただ個人的には大好きなスパノダキスのエレキ・リード・ギターが聴けないのはマイナスポイント高し。
そんなこんなで…77点!

続いては…

ΕΛΕΥΘΕΡΙΑ ΑΡΒΑΝΙΤΑΚΗ/
ΓΡΗΓΟΡΑ Η ΩΡΑ ΠΕΡΑΣΕ

(エレフセリア・アルヴァニタキ/グリゴラ・イ・オラ・ペラセ)


先日紹介した時に秋っぽそう、などと書いたんですが、ビンゴ!!でしたっ!
これからの時期にはまさにぴったりでこれはやはり私の為に出してくれたとしか思えません(笑)。
一応名義上はニコス・クシダキスとの連名(昔のギリシャでは珍しくなかったが最近とんと見んようになったなあ)なのでクシダキスのソロも一曲あり。クシダキスのあのいかつい風貌に似合わないソフトな歌声は好みが別れそうですが、やはり曲に関してはシブシブ、しっとりのクシダキス節が弦楽オーケストラによるシンフォニックでアコースティックな演奏で聴けるんやからたまりませんわ~。
またアルヴァニタキの声はほんまこういうバックに合うとんですよっ!
ただ、ちょっとメリハリには欠ける気も…。
んなわけで、89点!

ラストもう1枚。

ΓΙΩΡΓΟΣ ΚΑΖΑΝΤΖΗΣ(ヨルゴス・カザンジス)/
Faux Bijoux


FauxBijoux.jpg

実は今回購入した内でいっちゃんお気に入り。カザンジスに関しては全然知識がなくまあいかにも秋~なジャケに惹かれて買ったという、いわゆるジャケ買い(ベタなロマンチストなんですよ私は)なんやけど…まさかまさかの大当たり。ド頭のしっとりメロディアスなピアノで確信しました。以降も秋らしい美メロぽこぽこ出てくるわ、ロバート・フリップみたいなトーンのギターは出てくるわ、(ちなみに「ギリシャのDavid Cross」と勝手に呼んでるフォティス・シオタスも参加してます)ラストではサンプリング使いまくりのエレクトロニカまでやってるわで歌物一曲以外はピアノを中心としたオール・インストなんやけど「ギリシャ音楽」らしさをしっかり残した楽曲群はほんまにええんですわ。Track11「As Ballad」なんていかにもなタイトルやけどメロディはほんま絶品。いやあほんまええ時期に買うたもんです(笑)。
当然のように高得点で、95点!

買うなら是非秋の内に!
なにはともあれサンプル聴いてやってくださいっ!
http://www.polytropon.gr/dtfauxbijouxE.htm

今年はまだまだギリシャ音楽から離れられそうにないなあ…(笑)


別窓 | 小ネタ(ギリシャ) | コメント:2 | トラックバック:0
2006-10-28 Sat 00:54 ∧top | under∨

音楽バトン(最近えらいちまたで流行っとるようです)

毎度お世話になっているオラシオさんとこからまたまたバトン拾ってきました♪
なんやかんやいうてもこういうカミングアウトってしたい年頃なのですよ(爆)

1. 初めて好きになったアーティストは?
"音楽的な理由"では渡辺香津美。
"不純な理由"では石川優子(はずかしっ)。でも後々ちゃんと音楽も聴いてましたからっ

2.初めて買ったCDは?
"CD"ではジェフ・バーリンの「Pump It」。
"LP"は「犬神家の一族」のサントラ。
"カセット"は渡辺香津美「To Chi Ka」。
やっぱ覚えてるもんですね~。

3.今持っているCDの枚数は?
だいたい目分量で見たらギリシャものだけで700枚くらいあった(笑)
それから見当つけると…3,000枚くらい?(但し未聴盤も多し…泣)

4.今、一番好きなアーティストは?
ギリシャのTAMTAちゃん♪萌え萌えです(爆)
まあでもやっぱり秋と言えばメセニーですよね。あ、マイクの方やないですよ(笑)

5.一番最近、買ったCDは?
「店舗」で買ったということでは「Metheny/Mehldau」。これ、ええがな…。

6.普段言わないけど実は好きなアーティストは?
梅沢富美男。ただし初期。(1st~4thまで)
世界最高のヴォーカリストやと本気で思っている。

7.解散して残念だなぁ?って思うアーティストは?
Blowzabella。天才アンディ・カッティングが加入してこれから…というとこでの解散はほんま残念でした。
んでもって後期King Crimson。あん時解散してへんかったらどうなってたんでしょうねえ。
でもまあこの2バンドって結局再結成してるんよね…。

8.初めに思いつく一人のアーティストは?
フランク・ザッパ。なんもかんも一人でやっとる、という意味ではヴァンゲリスかなあ。

9.初めに思いつく二人のアーティストは?
セシリオ&カポノ(この夏自分の中でリバイバル・ヒットしてたんでこれが浮かんでしまった…)
なんかねえ、10/30,31と大阪ブルーノートでライヴやるらしいんですよ…。
http://osaka-bluenote.co.jp/obn/schedule/2006_10/ce_ka.html
28年ぶりの来日やねんて。行きたいけどな…。どうしようかな…。(このタイミングでの来日はまさしく私の為の来日みたいなもんやねんけど。笑)

10.初めに思いつく3ピースのアーティストは?
横山ホットブラザース。
のハズはなくて。
やっぱRUSH。3ピースいうたら…ねえ。

11.初めに思いつく4人バンドのアーティストは?
第一期U.K.。きみたち最高だよ~

12.初めに思いつく5人バンドのアーティストは?
DAVID GRISMAN QUINTET。

13.好きなサウンドトラックは?
「犬神家の一族」
「復活の日」(CD化してくれ~)

14.最近一番よく聴いている曲は?
TAMTA/Tornero-Tromero
オラシオさん同様ミハイの歌が気に入ってしまったー。今年のユーロヴィジョンのDVDも入手しなければ。

15.音楽聴くときに使っているプレイヤーは?
最近はもっぱらiPod

16. 好きな名前のアルバムorシングルは?
好きな「名前」っすか。曲の好き嫌いやないんですな。
「愛のカフェ・オーレ(Off lamp)」by Pat Metheny Group。おもろすぎる(笑)
ちなみに1st収録の「たわむれ(Lone jack)」はええなあ~と思う邦題です。

17.今までで一番気になるアーティストは?
む…一番尊敬出来るアーティストと勝手に読み替えさしてもらうと、やっぱフランク・ザッパとクリスチャン・ヴァンデですかな。正直尊敬、尊敬いうけど会うたこともない人をなんで尊敬できるんやら。というのが持論ですが、この2人だけは別格です。音楽に誠実さがこもってます。

18.今までに一番聴いたアルバムは?
Jean-Luc Ponty「Enigmatic Ocean」
今年またひさびさによう聴いたなあ。

19.一番好きな曲は?
Jean-Luc Ponty「Nostalgic Lady」(from「Enigmatic Ocean」)

20.バトンを廻す音楽好き5人
えー、特になし。テキトーに拾って下さい(笑)。
別窓 | 音楽観 | コメント:9 | トラックバック:5
2006-10-27 Fri 21:18 ∧top | under∨

ヴァイオリン版「パリの散歩道」

その後全く続く気配のない「ギターインスト名曲全集」ですが(笑)。
「Track 1」で取り上げたゲイリー・ムーアの「Parisienne Walkways~パリの散歩道~」に新たなカヴァー・ヴァージョンが加わりそうです。

今回紹介すんのはイギリス出身のエレクトリック・ヴァイオリン奏者、Ed alleyne-johnsonのNewアルバム「Reflections」。(今月末リリース予定)

Reflections Reflections
Ed Alleyne-Johnson (2006/10/30)
Wingspan

この商品の詳細を見る

実はこの人のアルバムを初めて買ったのはギリシャなのでした。というか何故かこの人のアルバムってギリシャ以外でみかけたことないんよね(笑)。
そん時買ったのがこれ。

「ULTRAVIOLET」

uv.jpg

ギリシャのニューエイジ系のコンピにスタマティス・スパノダキスやYANNIなんかと一緒にセレクトされたりしてたんでギリシャでは人気あるんかしらん。
それはともかく「Ultraviolet」、なんとディレイやら使ったりしたオーバーダビングなしのエレクトリック・ヴァイオリン・ソロなのです!どう聴いてもダビングはしとるように思えるんやけどなあ(笑)。まあよっぽどディレイのセッティング綿密にしてるんやろかなあ。
不自由なスタイルの割りにはいろんなトーン使い分けてたりして結構聴かせるんですわこれ。
ディストーション効かせたリード・プレイもなかなかメロディアスやし。
Jean-Luc Pontyの「Individual Choice」っぽいニュアンスもあるっちゃあるかな。

しかしそうそうギリシャへも行けるわけもなく最近になってEdどないしてんのかなあ~なんて思って調べてみたらタイミングよく新譜リリースのニュースを知ったという訳なのでした。

さて、この「Reflections」、全曲カヴァーとなってるようです。
1曲目がいきなりピンク・フロイドの「狂ったダイヤモンド」!!演奏タイムもたっぷり13分以上あるけどこれもまさかヴァイオリン・ソロなんか!?
他にもフォーカスの「Sylvia」やらディープ・パープルの「Child In Time」、ZEP「Kashmir」なんかやっとるようです。
そんな中「Parisienne Walkways~パリの散歩道~」もやっとるんですが、演奏タイム3分そこら、っちゅうのはちょっと短過ぎでないかい?まさかスタジオ盤同様ここから、ちうとこでフェイド・アウトするんやないやろな…?

とりあえず注文はしたんで到着を待つとしよう。




別窓 | 小ネタ(ギリシャ以外) | コメント:2 | トラックバック:0
2006-10-24 Tue 20:42 ∧top | under∨

2年待ったぞアルヴァニタキNew!!

エレフセリア・アルヴァニタキの約2年ぶり(今回は意外とインターバル短かったなあ)のNewアルバムが出ましたよー!!

"ΓΡΗΓΟΡΑ Η ΩΡΑ ΠΕΡΑΣΕ"
(グリゴラ・イ・オラ・ペラセ)


今回は付き合いの長いニコス・クシダキスが前曲の作曲を担当してる模様。
クシダキスって結構ECMジャズみたいな音作るんでこれなら季節外れを気にせず聴けるかも。

アルヴァニタキのオフィシャル・サイトではサンプル音源と共にブックレットもアップされてて、パーソネルなんぞを見てみるとほとんどの曲に弦楽を起用していてなにやらシンフォニックな感じ。(いいぞいいぞ秋っぽくて!!)


別窓 | 小ネタ(ギリシャ) | コメント:4 | トラックバック:0
2006-10-11 Wed 23:44 ∧top | under∨

やってもうた…

私はあまりTVは見ない人なんですが、(キライなんやなくて、どっちかというとTVっコなんで見出すとやめられへんから)例外的になるべく欠かさず見てるのが「探偵!ナイトスクープ」ですねん。(まあなんちゅうても関西人ですし、そもそもこのブログのタイトルみてもうたらわかる人にはわかるでしょう…)
さて今日も見よかー、と思ってTVをつけたら…

聴きなじんだこの声。

ア、アルヴァニタキ!!

しまったあーーーっ!!
まだ「世界の車窓から」の時間やったあーーーっ!!

実はこの「世界の車窓から」、ここのところずっとギリシャ編なんですわ。BGMはもちろんギリシャ・ポップ。
こんな美味しい番組、とーぜん私はおさえてるかと思いきや、第1回目の放送を見逃したのでもう完全スルーすることにしてました。1回でも見逃したものはもう一切見たくないのです。(私は「見れる楽しみ」より「見れなかった悔しさ」の方が先行するタチなので)

そんなわけで"あえて"この番組だけは見ないように注意してたのに…まずったあ…。
こーなると他にはどんな曲使われてたんかが気になって気になって。(これがいやでスルーしてたのに…)
こーなったらギリシャ編だけまとめてDVDで出してもらわんと気が済まんぞっ!!(DVDにすんのに著作権の関係でBGMがカットされたり変更されてたりしたらやはり悔しさは増すけど…)

ちなみに今日の曲はこのブログでも紹介したΔΡΟΜΟΙ ΠΑΡΑΛΛΗΛΟΙ(ドローミ・パラーリリ)収録の未発表曲「ΚΡΥΒΟΜΑΙ ΣΤΟ ΑΝΤΙΟ(クリヴォメ・スト・アンディオ) 」でした…(ギリシャの風景とあわせて聴くアルヴァニタキの歌声は最高過ぎてむっちゃ悔しい!)

だれか全部録画してまっせー、という人連絡下さい(笑)
別窓 | 小ネタ(ギリシャ) | コメント:13 | トラックバック:0
2006-10-06 Fri 23:34 ∧top | under∨

7ヴァージョン目にしてやっと

最近音楽を聴くのはもっぱらiPod。
まあ無精もんの私にしたらいちいちプレーヤーにCDセットしたり取り出したりせんでええっちゅうのはかなり大きい。
外に持ち出す時もあ~今日はどのCD持っていこ、とセレクトに迷うこともないし、なにより荷物が減るってのも大きい。なんせなるべくモノ持ちたくない人なので(笑)

さて、そのiPodに音楽とりこむためのソフトがご存知iTunesなのですが、先日ヴァージョンが「7」にアップしました。まあ大した違いはないやろうとたかをくくってたら…

つ、ついにギャップレス再生に対応したっ!!

これぞ私がiTunesに一番望んでた機能なんですよっ!!

たとえばライヴ盤なんかでトラックは変わるんやけど音はとぎれなかったりしますやん。
これがこれまでのiTunesではどうしてもトラックの変わり目で一瞬とぎれてしまいますねん。
わずかコンマ何秒かのとぎれとはいえ、これが聴いてみると結構気になるもんなんですわ。特にフランク・ザッパの音楽みたいに曲間ですら曲になってる場合致命的。あとキング・クリムゾンの「アイランド」A-1,2の「フォーメンテラ・レディ~セイラーズ・テイル」も途切れちゃ~あかんですよね。
それがついに解決です!!

これでザッパとアイランドiPodで聴けるぞお~♪

あ、それと読み込む時にジャケットのアートワークも取得してくれるようになったんやけど、ギリシャ盤はほぼ全滅でした(泣)
まあ、私の場合アーティスト名をギリシャ文字の大文字で全部統一して打ち変えたからやとは思いますが。
別窓 | iPodのプレイリストとか | コメント:0 | トラックバック:0
2006-10-03 Tue 23:54 ∧top | under∨

TAMTAちゃん萌え~

最近話題の動画サイトのYouTube、正直いってハマりそうやったのでどっちかというとあえて避けてたとこがあったんですが、先日紹介したTAMTAちゃんのビデオクリップを見つけて簡単にハマってます(笑)。
だってカワイイねんも~ん。
このTAMTAちゃん、どうやらグルジアのコみたいで、ギリシャのスター発掘番組「Super Idol」がデビューのきっかけとなったみたいです。
で、2006年に先のアルバムをリリース。
実はこれ、2ヴァージョンあります。アルバムトップに「Tornero-Tromero」が入って11曲入りになってんのが新ヴァージョンなので購入の際はご注意を。(たぶんもう旧ヴァージョンは出回ってへんと思うんやけど)


とりあえずこれが旧ヴァージョン。

tamtanew.jpg
んでもってこれが新ヴァージョン。違いわかりますよね?


さて、このアルバムの1~3曲目のクリップがYouTubeで見れますねん。

1. Tornero - Τρομερο

この曲、今年のユーロビジョン2006で4位になったルーマニアのMihai Traistariuの「Tornero」がオリジナルで、本人もゲスト参加してます。(ビデオクリップやなくてライヴ映像ですが…)
正直第一印象そんなによくなかった曲なんですが、この映像でハマってしもて今では大好きな曲になってしもた(笑)相変わらず私は映像に弱い…それにしても買ったのが旧ヴァージョンでなくてよかった(爆)。


2. Δεν Τελειωνει Ετσι η Αγαπη
(デン・テリオニ・エツィ・イ・アガピ)

これこれ!!このクリップでのTAMTAちゃんがむっちゃカワイイんですわ!!
やっぱTAMTAちゃんアフロは似合わんです(笑)
ところでギリシャにも紅葉ってあるのん?


3. Φται?(Faraway)
(フテス)

この曲もカヴァー。オリジナルはイタリアのシンガーソングライター、Galaの「Faraway」。ちなみにこっちのクリップもありました。

こちらもなかなかべっぴんさんですな。そ、それよりもお姉さん、もしかしてノーブラ!?

しかしこんなん見てもうたらやっぱりきれいな画質のDVDで見たくなるなあ。
MINOSさん、ここ見てたらクリップ集のリリース考えてちょーだいっ!!(見てへん見てへん)
別窓 | 小ネタ(ギリシャ) | コメント:14 | トラックバック:0
2006-10-02 Mon 23:46 ∧top | under∨
| www.ナゴヤハロー(裏) The小ネタ集 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。