スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
-------- -- --:-- ∧top | under∨

つ、ついに…(号泣)

さて、今日はおとつい買った中古レコのネタでも書こかな~と思ってたら。
クロスウインドの大傑作3rd「そして夢の国へ」と「Live Crosswind」がはやくも我が家に到着した!!

日本、といわず世界的に見てもインスト・ロックの金字塔といってもいいこの「そして夢の国へ」がまさかCDで聴ける日が来るとは…生きてりゃなにかとええことあるもんです。
それだけでも十分ありがたいんやけど、この2枚をDisk Uni○nで買うとついてくる特典CD。

これがまたやってくれました…。

幻の未発売4th「Wildland」から、とは聞いてましたが…

これまた幻のド名曲「ミラ」が選曲されてる!!(ボロ泣き)

あまりCrosswindを生で見る機会はなかったんやけど、その少ない機会でも「脱走」と共にキョーレツに印象に残った曲なんですわ!!
う、嬉しすぎる…

とりあえず今日はこれ聴くんでパソコン遊びは終わり!!
あしからず!!
スポンサーサイト
別窓 | ギターアルバム列伝 | コメント:6 | トラックバック:0
2007-01-29 Mon 23:45 ∧top | under∨

幸福の土曜日(歌さえなけりゃ…)

昨日ちょっと日本橋に買い物行ったついでに(当然のごとく)中古レコ見たりしてたら、結構珍しいもんがあったりして計8枚、8100円也の臨時出費の後、帰りに動物園前のシネコンの横通ったんですわ。
特にそのつもりはなかってんけどなんとなく目にとまった映画がありまして。
幸福の食卓」とかいう映画。
なんかフツーっぽそうなとこが気になって。

見てみたらこれがなかなかよかったんですよ。
予感通りのフツーっぽさがなんかねえ、入っていけるというか。途中ちょっとした事件はあるんやけど全体的に物語は淡々と進むんやね。どこがどうよかった、って作品やなくて全体がなんとなーくすごくよかった、って感じ。
あと主役やってた北乃きいちゃんって子が新人らしいんやけどなかなかええ雰囲気出してました。なによりむっちゃカワイかった!(笑)

あ、でもひとつマイナスがあって、先日も書いたけど主題歌があってねえ、これがなんとあろうことかラストシーンに流れよるのですよ!(怒)
みすたーちるどれんの名曲だかなんだかよう知らんがこれのせいでせっかくの余韻がぶちこわしになってしまった!
主題歌だけでもうっとうしいのにこーゆー使い方やめてってほんま。

この日見た動物園前のシネコン、いろいろあって閉館するらしいんで、せっかくやからもっかいぐらい見に行こうかなあっと。もちろん次はラストシーンの為に耳栓用意して(笑)

中古珍盤の話はまた後日。(気が向けば…笑)
別窓 | 映画 | コメント:0 | トラックバック:1
2007-01-28 Sun 23:39 ∧top | under∨

表はプログレ大会、裏は…

去年夏からはほとんどギリシャもの、そして年明けてからここんとこずっとくまちゃんばっかり聴いてたので、考えてみれば最近プログレにどっぷり、ということがなかったなあ、ということで今日はひさびさにプログレ大会やってます。
今朝の通勤時にはタンジェントの3rd「A Place in the Queue」

A Place in the Queue A Place in the Queue
The Tangent (2006/01/31)
InsideOutMusic

この商品の詳細を見る


んでもって帰宅時~今は花王ことフラワーキングスの最新アルバム「Paradox Hotel」

Paradox Hotel Paradox Hotel
The Flower Kings (2006/04/04)
Inside/Out

この商品の詳細を見る


たった2作でプログレ大会とはなんと大層な、なんていわんといてね。実質6枚分の時間あるんやから(爆)

でもやっぱしプログレはよろしおますなあ~。とくにタンジェントはかなりかっちょええぞ。(まあ店でかかっててそう思ったので買ったんやけども)
実は裏テーマはヨナス・レインゴールド祭りやったりする今日一日なのでした(笑)
別窓 | こんなん聴いたよ | コメント:2 | トラックバック:2
2007-01-24 Wed 23:26 ∧top | under∨

やはり名曲!「犬神家の一族」

昨日やっと「犬神家の一族」2006年版(以降06)を観賞して来ました。
オリジナルの1976年版のサントラが私の初めて買ったLPでもあり、ミステリ好きのキッカケともなった作品のリメイクということで、まあこれは一応見とかないかんなと。

…ん~む、こんなんやったっけ…?なんかいまいちやぞ!?

んなわけで、今日は1976年版のオリジナル(以降76)を改めて見てまして。

こーゆー見方をしますと、06は76をかなり忠実にコピーしとるなと。
というより脚本ほとんど一緒ちゃうん、ちゅうくらい細部までコピーしとるんですわ。
ここまで一緒やとそりゃあガキの頃に焼き付けてる76を06が凌駕する道理はないですわ。
キャストもなんかなあ…。特に佐武、佐智が76と全くイメージが違ってて。なんか06はねえ、すごくいい人っぽいのよ!76の佐武は「狼」、佐智は「狐」っていういわゆる「ワル」の雰囲気すごく出ててんけど。その他まあ言い出すとキリがないしいうてもしゃーないことなんで。

あと決定的なのはやはり音楽。
06ではほんまに音楽鳴ってるシーンが少ない。それに較べ76ではひんぱんに音楽が鳴ってます。また音楽、というより効果音といってもええぐらいシーンに合ってたりするんですよ。改めて見るとちょっとフェイザーがかったベースとエレピの音色がかなりカラーを作ってるような。で、ちゃんとした曲というよりどうもインプロしてるみたいなんよね。オリジナル・サントラにもそんなインプロが収録されてたりもするけども。
それよりなによりやっぱりあのテーマ曲の素晴らしさにつきます。06もさすがにテーマ曲だけは76を使ってます。当時ではかなり珍しかったやろうハンマー・ダルシマーで奏されるメロディーといいアレンジといい、どう聴いても完璧。

大野雄二さんは神だっ!!

それにしてもどうせコピーするんやったら音楽もそのまま使ったらよかったのになあ、と思うのはやはり76への愛着からでしょうか…。

ちなみに06のエンドロールで主題「歌」を流さへんかったのは拍手を送りたいです。
最近の映画(邦画、洋画問わず)はなにかというとエンドロールで主題歌を流しやがりますが、それって必然性あるのん?
本編の内容と歌の内容全くリンクしてへんやん!(まあ洋画の場合英語なんでわからへんねんけど)

例えば「戦国自衛隊」のラストにはジョー山中の「ララバイ・オブ・ユー」が流れますが、これなんかはリンクしまくりで映画、曲ともに相乗効果をもたらしてると思うねんけど。
これが本来の「主題歌」っちゅうもんとちゃうんかいな!

と現代の映画界にいちゃもんをつけてこのネタは終わるのでありました(笑)。
別窓 | 映画 | コメント:3 | トラックバック:1
2007-01-21 Sun 23:43 ∧top | under∨

コンプリートくまちゃん!

いや~半月がかりでしたが、熊木杏里さんのシングル、アルバムを揃えました!
バップ時代のシングル3枚がなかなか店頭で見ることがなかったので、結局Amaz○nで購入。

窓絵 窓絵
熊木杏里 (2002/02/21)
バップ

この商品の詳細を見る


咲かずとて・・・ 咲かずとて・・・
熊木杏里 (2002/08/21)
バップ

この商品の詳細を見る


今は昔 今は昔
熊木杏里 (2003/02/21)
バップ

この商品の詳細を見る

この3枚のほとんどの曲はアルバム「殺風景」で聴けるんやけど、わずか何曲かのアルバム未収曲がやはり気になるもので…。
で聴いてみたらこの未収曲が案の定わるくないんやなー。

そんな感じでまだまだ我が家のくまちゃん祭りは続きそうです(笑)
別窓 | 買うてもうた | コメント:8 | トラックバック:0
2007-01-19 Fri 23:00 ∧top | under∨

第2回ガスG.祭り

はやくも第2回を迎えて盛り上がりまくるガスG.祭り。
まあ個人的なサジ加減やねんけどね(笑)

自身のメイン・バンドFirewind以外にもNightrage,Mystic Prophecy,Arch Enemy,Dream Evil,etc.と多数の掛け持ちをしていたのをFirewind専念の為全て脱退したちゅうのはまあ有名な話。でもガスG.の人柄か、どのバンドも円満脱退やったようで、Dream Evilの最新アルバム「United」では1曲にゲスト参加してます。

ユナイテッド(初回生産限定盤) ユナイテッド(初回生産限定盤)
ドリーム・イーヴル (2006/11/22)
キングレコード

この商品の詳細を見る

ところがこの1曲というのがガスG.ファンとしてはもちろん、ギリシャバカとしてもほっとけない曲なのですよ。
その曲というのが15曲目「My Number One」。
ギリシャ音楽ファンならタイトルでピンとくるでしょう。
そう、いまやギリシャ・ポップ界のスーパースターのひとりとなったエレナ・パパリズゥの2005年ユーロヴィジョン優勝曲ですよ!!
こりゃやっぱりガスG.の選曲なんでしょうかね~?

まあ原曲のダンス・ポップとメタルらしい疾走感とはあまり相性ようないのか、ちょっと違和感のある感じにはなってますが、ギリシャ・ポップ・ファンかつメタル・ファンは是非一聴を。
ガスG.のギターはいいですヨ。

ちなみにこのCDをiTunesで読み込ませたら作曲家名出えへんかったので登録したったぞい。ギリシャ語で(笑)
フリーストス・ダンディスをないがしろにするなんて許されませんっ(爆)
別窓 | 小ネタ(ギリシャ) | コメント:4 | トラックバック:0
2007-01-15 Mon 23:31 ∧top | under∨

第1回ガスG.祭り

今年初めての野郎ネタです(笑)。

ギターキッズのバイブル、ヤングギター誌。私も20年くらい前は毎号買ってたりしましたが、既にギターキッズというトシでもなくなり(とはいえ腕前はギターベイビーといいたい程度…泣)さすがに買うことはなくなったんですが、最新の2月号、買ってしまいました。
お目当てはフロクのDVDにギリシャのHMバンド、ファイアーウインドのギタリストでリーダーのガスG.のプレイがたっぷり収録されてるってんで。
しかもファイアーウインドのデモ演奏まで収録されてるという!

YOUNG GUITAR (ヤング・ギター) 2007年 02月号 [雑誌] YOUNG GUITAR (ヤング・ギター) 2007年 02月号 [雑誌]
(2007/01/10)
シンコーミュージック・エンタテイメント

この商品の詳細を見る

ガスG.のプレイの好きなトコは、すんげーテクニカルなんやけど実はフレーズ自体は結構昔ながらのラン奏法が多かったして古き良きHR/HMの香りがするトコなんですわ。ガス自身もアルバムのセルフ・ライナーで「この曲は××の影響が~」とか「××のようなリフ云々」なんて自分のオリジナリティをひけらかしてへんとこがすごい好感度高かったり。あ、あと日本製のギター(ESP)使ってるんも嬉しいな~。まあなにより私はギリシャ人に悪い人おらんと思ってたりする人なんで(笑)。

さてDVDの方ですが、最新アルバム「ALLEGIANCE」をベースにしたエクササイズや、ガス自身による機材の紹介などが収録されてますが、なんといっても見たいのがバンド演奏!!去年Loud Park'06で来日した時に収録されたんやと思いますが…。
これがまたかっちょええのよ!ゲイリー・ムーアを意識したというインスト「Before the Storm」の後、速いインスト(曲名知らん)という展開。(残念ながらヴォーカルレスでした)ガス独壇場の前半に続いて後半ではキーボードのボブ・カティオニス(ギリシャ者としては「カツィオニス」と書きたいとこですが)がギターに持ち替えるんですが、これが上手い!(まあギターでもインストラクターやってるぐらいやからねえ)あのガスと高速ツイン・リードをキメたと思ったらギター吊ったままキーボードでガスとバトル!最後には左手でギター、右手でキーボードという一人ツイン・リードプレイ!!ボブもすげーー!!
とにかくギターを弾かん人でもこのデモ演の為に買ってもええんちゃうかな…DVDが980円やったら安いんちゃいます?(笑)

それはそうとFirewindの最新4th「ALLEGIANCE」ですが、一曲スウェーデンの女性シンガーでTARAっちゅう人が歌ってるんですが、これがまた萌え萌えの美女なのですよ(笑)。

野郎ネタといっときながら結局最後は萌え萌えかいっ(爆)
別窓 | 書籍 | コメント:6 | トラックバック:0
2007-01-14 Sun 23:37 ∧top | under∨

人生初のセルビア盤ミニミニレポート

相変わらず毎日がくまちゃんデーな私です(笑)。
今年は是非くまちゃんのライヴが見たい~、DVD出してほしい~、と、とりあえずこのブログの特殊機能(希望を書いたら叶う!)の発動じゃあ~(笑)。

さてさて、先の記事でも書いたセルビアからの買い物。1枚は片桐真央さんのブログ、「不条理音盤委員会」で紹介されてて是非聴きたくなり購入したんですが、ついでに買った2枚も含めてなかなかええ出来やったのでミニミニレポなどを書き散らしてみたいと思ゐまする。

Jelena Rozga /"Oprosti mala"

Rozga_oprosty.jpg

とりあえず片桐さんとこで見た時にジャケに一目惚れ。記事を読んでもかなり琴線にくるものがあったんで購入決定。
到着後くまちゃん聴く合間(ひでえ…泣)に聴いたんですが、これはわざわざセルビアくんだり(ギリシャは"くんだり"ちゃうんかいっ)まで発注した甲斐あったなあ、と思える素晴らしい内容。う~むヤバイ!
ちなみに6曲目に「血ィ吸うてもええ」という空耳がありました(笑)。

Andrea / "Toplo tijelo"

Andrea_toplo.jpg

続いてはこれ。そ、そーですよ、ジャケ買いですよっ!だってセルビア・ポップの知識までないっすからっ!
しかしですね、これがアタリなんですから自分のレコ買いアンテナもなかなか捨てたもんではないですわ(笑)。
打ち込み主体ながらメロの泣き度は3枚中いっちゃん私好み。Jelenaさんはちょっとハスキーっぽい声が魅力でしたが、このAndreaさんは典型的なクリアーハイトーン、ちゅう感じ。しかしどこかバルカンの民族色も感じさせたりするという、まさに私のストライクゾーン。ラストなんかはちょっとフュージョン風でかなり長めのピアノ・ソロなんかも入ったり。ただ、こんだけ曲がええんやからもちっとオケにカネかけて(打ち込みやなしに生バンドで)作ってほしかったなあ、というのが残念な点。

Biljana Mitrovic / "Najljepsi san"

Mitrovic_Najljepsi.jpg

だからジャケ買いですってば(笑)!ちなみにジャケではわかりませんが、ブックレット内に見事な谷間ショットが載ってます(爆)。大アタリでした。以上。じゃなくて!
一曲目の出だしが実にしっとりとしたメロディアス泣き路線やったのが、2曲目以降ソウルフル黒路線に(笑)。でもメロディはやっぱりようでけてると思います。

以上、初セルビアレコレポートでしたっ!ちなみにアーティスト名、タイトルとも読めません(笑)
なかなか秀作ぞろいやったのでまた次回につづく(予定)

別窓 | こんなん聴いたよ | コメント:10 | トラックバック:1
2007-01-11 Thu 23:29 ∧top | under∨

新しい私、ちゃう、ブログになって

年明けからこのかた、すっかり熊木杏里ちゃん萌え萌えブログに方向転換してしもた当ブログです(笑)
さて、昨日見つけた2ndアルバム「無から出た錆」。
これが1st「殺風景」に負けず劣らず素晴らしい出来ですねん。
特にド頭「長い話」、これのツカミ力はすごいっす。タイトル通り曲中の主人公の17歳から22歳までを歌にしたある意味大河ソングながら実にシンプル。だけに深い…気が(笑)。
んなわけで今日は一日ひきこもってくまちゃん祭りをしとったわけです(爆)。

んで、聴きながらやってたんが昨日届いたセルビア盤やらギリシャ盤のiTunesへの取り込み。
ITunesちゅうのは取り込みと同時にCDDBとかいうとこからアルバムタイトルやらアーティスト名やら曲名を自動で取得してくれるんが大変ありがたいんやけど、とーぜんCDDBに登録されてへんアルバムは取得のしようがないわけで。
で、そーゆうアルバムは仕方なしに自分でデータを打ち込んで登録せなあかんのですわ。
こんときに、日本語やら英語のアルバムはええんやけど、ギリシャ語やセルビア語となると文字にへんな記号(アクセント記号?)がつくんですよね。こんなんキーボードで出えへんのでこーゆーときは買うたサイトからタイトルやらなにからコピペするんですわ。これがまた結構手間がかかるんですよ…。特にギリシャのアルバムに関しては一応ルールを作ってまして。
・アーティスト名は全部大文字で姓名間は全角あけ
・アルバムタイトル及び曲名は単語頭のみ大文字
・可能な限り作曲者名も入力!(ギリシャの場合ここは重要!)
・ジャンル名は歌物は全て「Rock」か「Pop」。判断は自分のサジ加減(笑)
(但しこれはCDDB登録時のみ。自分では「Greek Pop」とか「Greek Jazz」とか「Λαικα(ライカ)」とかを作って分けてます)
以上のような感じです。
ギリシャのCDをiTunesで取り込むとき上記のように出てきたらそれは私が登録したヤツですわ(笑)

それにしてもギリシャCD、マイナーどころとか古いのはまず自分で登録せんならんのは困ったもんです。
別窓 | iPodのプレイリストとか | コメント:6 | トラックバック:1
2007-01-08 Mon 23:38 ∧top | under∨

わるいことx2,ええことx2

わるいことその1
今朝はすっかり惰眠をむさぼってしまって、十三の第七藝術劇場で上映されるギリシャ映画「旅芸人の記録」を見に行けなかった…。とりあえず現地に行けん時間ではなかったものの、昼からの上映でメシ抜きで約3時間の映画はちとキツイっす。まあDVDも持ってはいるんやけど、映画はやっぱりスクリーンで見れるにこしたことないですからねえ~。

わるいことその2
だもんで朝ちょっと慌てたのがいかんかった…。寝床の横に置いてたiBookをふんずけてしまった!
後で電源入れたらまあ機能的には問題ないものの液晶のディスプレイが部分的にムラムラになってしまった…(泣)まだ2年目やというのに…。

ええことその1
しゃーないんで今日もまたレコ屋行き(笑)。で、昨日から探してた熊木杏里ちゃんの「無から出た錆」、見つけました!
これでアルバムはコンプリートじゃあ~!

ええことその2
で、家帰ったら郵便局の不在配達通知がポストに。
送り先見たら「セルビア・モンテネグロより」やて(笑)。
どーやら年末に注文していた片桐真央さんのブログで紹介されてたアルバムが届いたみたい。
いやあ、ついにセルビアからも買い物するようになってしまった(笑)
それにしても、郵便屋さんもギリシャやったりセルビアからちょくちょく荷物が届く私んちはさぞかし怪しく思ってるんやないやろか(爆)
で、まあ中身の話。(決して怪しいモンではないですよ郵便屋さん。しかし一般的には十分怪しい!?)
さすがに1枚だけでは送料がもったいないな~と思ったので計3枚ほど注文しまして。まあ内容はようわからんのでとりあえずルックス(笑)でフィメールもの。
1枚はビンゴ!ブックレット内に見事な谷間が。(そっちかいーっっ!!)
でお目当てのJelena Rozgaさん、今流しながら書いとんですが、片桐さんのおホメも納得のなかなか素晴らしい出来!なんともいえん哀感がもう。ううむセルビアあなどりがたし…。

んなわけで差し引きチャラの一日でありました。
別窓 | 小ネタ(ギリシャ以外) | コメント:4 | トラックバック:0
2007-01-07 Sun 23:58 ∧top | under∨

結果報告というか在庫情報というか

えー、結局熊木ちゃんの「無から出た錆」、見つかりませんでした(涙)
が、とりあえずシングル3種あったので購入しましたが。

で、買いに行く途中、阪急三番街の地下でたまたま中古CDフェアをやっとったんですわ。
もちろんそーゆーのをスルーする私ではありません(笑)。とりあえずざっと回ってみたら結構美味しいもんが落ちてましたわ。
なんとジョン&ヴァンゲリスの紙ジャケ「ショート・ストーリーズ」「プライヴェイト・コレクション」の新品が半額で!ついでにアテネオリンピックの時にリリースされた、ギリシャにまつわる曲を収録したコンピ、「エレフセリア ~すべてはギリシャから」も新品未開封が半額!こらとーぜん買いますがな。

eleftheria.jpg

あとは中古でドゥルス・ポンテスの'92年作「Lusitana」、ターシー・スー(蘇慧倫)のアイドル時代'96年の「鴨子(ダック)」と、計5枚購入。

あとギリシャもんないかな~と思って探してたんですが、1枚だけでした。その1枚というのがなんとオマディキ・アポドラシの2ndなんですよ。これ、サヴィナ・ヤナトゥも参加した好盤なので興味ある人は早いもん勝ちですよ~。(確か1050円くらいやったかな?)
それと何故かジャズ・コーナーにかの伝説のユートピック・スポラディック・オーケストラのCDがありました。ちらっと見ただけなのですが、ブート版やったような?
あ、そうそうアフロディーテズ・チャイルドの1st,2ndの紙ジャケも半額でした。(さすがに「666」はなかった)
もひとつ、フランスのハーディー・ガーディーの名手、Gilles Chabenatのオコラ盤もワールド・コーナーにありました。これもいい内容なんでオススメ。

それにしても昔は一日中中古屋ハシゴしても平気やってんけど、最近は結構エライです(笑)

別窓 | 買うてもうた | コメント:4 | トラックバック:0
2007-01-06 Sat 23:58 ∧top | under∨

くまちゃん萌えー

やばいですねえ、熊木杏里さん。
昨日一日熊木さんの音楽ばかり聴いてました。特に1st「殺風景」は5,6回聴いてたんやなかろか。
3rd「風の中の行進」はちょっと雰囲気が明るくなったうえ、歌詞づくりのテクニックがついてしまった気がしていまいち入りきれんとこもあるけど(まあ聴き込んだらまた感じ方も変わるかもですが)「殺風景」はほんまにええですわあ。
とりあえずたまらんので明日は2nd「無から出た錆」買いにいってきます。

無から出た錆 無から出た錆
熊木杏里 (2005/02/23)
キングレコード

この商品の詳細を見る

それにしてもよう考えたら正月から熊木ちゃんの記事ばっかしではないか(笑)
我ながらこんなにハマるとは思わんかったぞ(爆)
別窓 | 小ネタ(ギリシャ以外) | コメント:0 | トラックバック:0
2007-01-05 Fri 23:31 ∧top | under∨

新年と共に新たな恋が始まる…

はやいもんで三ヶ日もあとちょっとで終わりです。毎年思うことやけど年末年始ってあっちゅう間やなあ~。明後日からはもう仕事かよ…(げっそり)

さてさて、元旦の記事にも書いた熊木杏里さん。

実はハマってます。
シングルといっしょに1stアルバム「殺風景」も買うたんやけどこれがまたずばりツボ。

殺風景 殺風景
熊木杏里 (2003/03/26)
バップ

この商品の詳細を見る

なんちゅうか、古き良きフォークを感じるというか。歌詞がまたいいんですよ。
私は基本あんまり歌詞を重要視してなくて、唯一歌詞を聴ける歌手ってのは初期の中島みゆきと私の友人K氏の曲だけなんすわ。
なんかカッコつけすぎたり抽象的やったり惚れたはれただけの歌詞には全然感情移入でけへんのですよ。
そんな私に歌詞を感じさせるなんて自分でもちょっとびっくり。
歌詞カード見るとやはりほとんど漢字とひらがな。無駄にカッコつけたカタカナつこてへんのです。これで本惚れしてまいました(笑)

んなわけで今日は今んとこ最新のアルバムになる「風の中の行進」を買いに行ってまいました。

風の中の行進 風の中の行進
熊木杏里 (2006/09/21)
キングレコード

この商品の詳細を見る

今晩はもっかい「殺風景」聴いて明日またゆっくり聴いてみよーっと。
それにしても去年の正月はヴィッキー・チャオにハマってたし、結構年が変わると恋をするタチなんかも知れません(笑)
別窓 | こんなん聴いたよ | コメント:2 | トラックバック:0
2007-01-03 Wed 22:45 ∧top | under∨

謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。

今年の初聴きCDは暮れにゴング紙ジャケ買ったとき、ついでに買った熊木杏里さんという人の「新しい私になって」ちゅうシングルでした。

日本ものコーナーは基本的にスルーする私なんですが、なんかアンテナが反応したんでしょうなあ。

ルックスに(笑)


いや、でも試聴でけるようになってたんでさわりだけちょっと聴いてみたらしっとりした柔らかい感じがなかなかよかったんで買いました。
で、聴き出すとこれが結構心地よく聴ける感じでついついリピート。
ん~ええ感じです。

てなわけでなかなかええ感じの2007年のスタートでありました。
こんな私ですが本年もどうぞよろしくお願い致します。

別窓 | 小ネタ(ギリシャ以外) | コメント:18 | トラックバック:0
2007-01-01 Mon 22:49 ∧top | under∨
| www.ナゴヤハロー(裏) The小ネタ集 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。