スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
-------- -- --:-- ∧top | under∨

おっさんにも幸くれ

選挙の日はウチじゃなぜか投票行って外食するハズでしたが自宅でした(笑)

この前フリなのでもちろん今日はモー娘。です(爆)。

先週何枚目になんのかはよう知りませんが新曲シングルが出まして、週末に買って来ました。

女に 幸あれ(初回生産限定盤)(DVD付) 女に 幸あれ(初回生産限定盤)(DVD付)
モーニング娘。 (2007/07/25)
アップフロントワークス(ゼティマ)

この商品の詳細を見る

それにしても半数はまだ10代の女のコやというのになんちゅうタイトルでしょうか(笑)
とりあえず中国人新メンバーのジュンジュンとリンリンの初参加曲ということで、中華アイドルには目がない(笑)私としては曲がよっぽどひどくなかったら買ってもええかなー、てな風に考えてたんですが、先日TVで曲を聴く機会があったんですな。
で、聴いてみたら曲はまあ悪くない。というかサビのメロなんかは昔の歌謡曲っぽい、イコールギリシャ歌謡の香りもするわけですよ。こうなってくると買わん理由はないわけです(爆)
ただアレンジはちとひどい…単調&安っぽすぎる。なにこのオケヒットの乱用とエレドラ風のフィルイン。いまいったいいつやねん(笑)
サビメロがほんまええだけにこの点はほんまもったいない。

あとモー娘。だけやないかも知れませんが、最近の新譜CDの売り方って非常にアコギなんですな。
ちょっと前までは通常盤と限定盤、つう売り方(これもありがたくないけど)しとったんが、最近ではこの限定盤をさらに限定盤A(DVD付)、限定盤B(ブックレット付)として2種類の計3種類で売ってやがんの。
なんかそこまでして枚数売りたいんかなあ…とか思うと腹立たしさ通り越して嘆かわしい…。
さらに悲しいのは我がギリシャでもそゆことしてんよね…。(さすがに一度に3種類売りはしてへんけど、時期ずらしてやってんよね…泣)

まあとりあえずジュンジュンがカワイイから大目に見るけどね(笑)
スポンサーサイト
別窓 | 小ネタ(ギリシャ以外) | コメント:2 | トラックバック:0
2007-07-29 Sun 23:35 ∧top | under∨

最近すっかり週間ブログ…(笑)

先日の記事で取り上げたΚΩΝΣΤΑΝΤΙΝΑ ΣΑΜΑΡΑ(コンスタンディーナ・サマラ)のニュー・シングルが早速eBayで売っとるようではないか。
この売り屋さん、サマラと同プロダクションのΘΕΛΞΗ(セルクシ)のリリースホヤホヤのアルバムもお手頃価格で売っててちょっと気になる…。

thelxi.jpg
セルクシねーさん、美形ですなあ!!

別窓 | 小ネタ(ギリシャ) | コメント:2 | トラックバック:0
2007-07-28 Sat 23:00 ∧top | under∨

2007年春~初夏に聴いたギリシャ盤おおザッパレビュー

梅雨明けも間近ということでひさびさに好評(なんか!?)のギリシャ盤おおザッパレビューやりまーす。
あくまで新譜対象やなくて「聴いた」盤ちゅうことで…。点数も"今日の"気分(笑)

ΚΩΣΤΑΣ ΑΝΤΥΠΑΣ「ΤΟ ΛΕΩΦΟΡΕΙΟ ΤΗΣ ΣΤΙΓΜΗΣ」
(コスタス・アンディパス「ト・レオフォリオ・ティス・スティグミス」)


antypas_stigmi.jpg

まずは新人のコスタス・アンディパスのデビュー盤。このブログでも良さそう、と書いたけども…。まいりました。ほんまにいい!!マノリス・ファメロスを彷彿とさせる渋い曲調は新人とはとても思えん。声もちょいヤニス・サヴィダキス似(例えがマニアックですまん)でええんだわ~。ピーカンよりもちょっとどんよりした日に聴いてるとなかなかたまらんもんがあります。
88点!!

TAMTA「ΑΓΑΠΗΣΕ ΜΕ(アガピセ・メ)」

agapiseme.jpg

TAMTAちゃん待望の2ndアルバム。最初聴いた時は実はイマイチでした。
が、しかし「ポップ・アルバム」としてやなく「ロック・アルバム」として聴くとかっこいい曲が揃っとるのですよ。確かにTAMTAちゃんのよく伸びる声はロック向きといえばロック向き。グリゴリス・ペトラコスが1曲提供してんですが、この人すでに一聴してわかる"ペトラコス節"ともいえるもんを確立しとるなあ…と感心させたうえ、ギタリストとしても数曲参加しててヘヴィなリフやらリードギターまで披露しとります。(やっぱただモンとちゃうわ…)
そんなペトラコスのスゴさも加味して…
85点!!

ΟΡΦΕΑΣ ΠΕΡΙΔΗΣ「ΚΑΠΟΙΟΝ ΑΓΑΠΑΕΙ ΑΚΟΜΑ」
(オルフェアス・ペリーディス「カピオン・アガパイ・アコマ」)


peridis_kapion.jpg

続いてはベテランアーティストの新作。今作ではプロデュースとアレンジにギリシャ屈指のピアニスト&ドラマーであるスタヴロス・ランツィアスを迎え、当然のようにしっとり渋々のすんばらしい内容になってます!ランツィアスの繊細で美しいピアノも相変わらずやし、ロックな激しい曲もメロディーの印象的なこと!グリーク・フォーク・ロックの名作がまたひとつ、って感じ。
つるっぱげ(ジャケでも光っている!笑)のおっさんやからいうて敬遠してたら人生の損でっせ!!(けなしてんだかほめてんだか)
91点!!

ΒΩΞ「ΣΤΗ ΘΑΛΑΣΣΑ ΤΩΝ ΜΥΣΤΙΚΩΝ」
(ヴォックス「スティ・サラッサ・トン・ミスティコン」)


vox.jpg

次は2005年リリースのちと古めの盤ですが…ロックバンド、ヴォックスの1st。
先に紹介したTAMTAちゃんの2ndにも一曲提供してたジーナ・アルヴァニティーディがキーボーディストとして参加してたりするバンドなんですが、ゲストでヤニス・コツィラスも2曲参加、流れ石な歌を聴かせています。曲調が結構バラエティに富んでいていい意味でフレキシビリティの高いバンドという感じ。ジーナのキーボードが結構曲のカラーリングをしとる印象も。6曲目の「ホテル・カリフォルニア」風ナンバーでゲスト参加してるヨルゴス・ポリフロニアディスのしゃがれ声もギリシャならではという感じでいいです~。
85点!!

ΘΕΟΔΟΣΙΑ ΖΟΡΜΠΑ「ΣΑ ΝΑ ΜΗΝ ΕΦΥΓΕΣ」
(セオドシア・ゾルバ「サ・ナ・ミン・エフィイェス」)


zorba_efiges.jpg

続いて去年購入の未消化盤(こんなん多いです。笑)。2005年リリースの新人デビュー盤。(しかしその後動きがない…泣)まあジャケ写でわかるようにジャケ買いです(爆)。歌い方なんかはちょっとアンナ・ヴィッシの影響が強い気がするけども、まあ音楽はオリジナリティより結果(曲の出来)ですからね…。なによりカワイイから私は許します(爆)。てなわけでスルーするにはもったいないなかなかの佳曲が揃った好盤でした!!
87点!!

ΚΩΝΣΤΑΝΤΙΝΑ ΣΑΜΑΡΑ「ΕΙΣΑΙ ΕΝΑΣ ΑΓΓΕΛΟΣ」
(コンスタンディーナ・サマラ「イセ・エナス・アンゲロス」)


samara2006.jpg

続いても去年の貯金(笑)分から。2006年リリースの3曲入り(+リミックス1曲)のデビューシングルです。そーですよっ得意の谷間買いですよっ(爆)
メジャー大手のUNIVERSALからのリリースということもあって打ち込みポップスながらもチープさはなく、しかも曲がいい!1曲目「ΠΩΣ ΤΟΛΜΑΣ(ポス・トルマス)」なんてなかなかドラマチックで、ギターソロもフラッシーでかっちょええんです!(ストリングスがシンセなんがちょっと残念)3曲目は同じプロダクションのヴァシリス・バティスとのデュエットなんですが、このバティス、ちょっと声と歌い方がグリゴリス・ペトラコスに似ててちょっと気になる…(こうしてまた欲しいリストのページが増えていくのだった)
これ以来ニュースがなかった彼女ですが、いよいよ次の動きがあるらしいです。

他にもまだまだあるっちゃあるんですが、また気が向いたらやりま(笑)
別窓 | 小ネタ(ギリシャ) | コメント:3 | トラックバック:0
2007-07-21 Sat 21:35 ∧top | under∨

萌える火の翼!!

10月には来日を控えている、ギリシャ人ギタリストのガスG.率いるファイアーウインドが今月初めにギリシャのみでシングルをリリースしたんですが…
こ、こりゃ萌えるジャケじゃ(爆)!



去年のLoud Park '06でも一緒に来日してた美形ヴォーカリスト、Tara Teresaを全面に出したジャケです!
そらむさい野郎より美女の方がええですわ(笑)
なにげに谷間もあるし(爆)
別窓 | 小ネタ(ギリシャ) | コメント:4 | トラックバック:0
2007-07-14 Sat 23:50 ∧top | under∨

アルメニアの新しい風

先日、お世話になっているブログ「不条理音盤委員会」の片桐真央さんのコメントで、ギリシャの名曲「ΔΥΝΑΤΑ(ディナタ)」のアルメニア・ヴァージョン(ちゅうか作曲者アルメニア人やけどね)を教えてもらって即注文してまして。
もちろん送料がもったいないので(笑)1枚だけやなしについでに気になったもんもいくつか一緒に注文してもうたわけで、それが先日届きました。


左上から時計回りに
・Karine MovsisyanのDVD
・Karine Movsisyan「Kanina」
・Ara Dinkjian「An Armenian in America」
・Karin Simonian「11 Degrees of Love」

その「ΔΥΝΑΤΑ」のカヴァーが収録されてんのがKarine Movsisyanて人の1st「kanina」です。(最新ベスト「Sky Blue」にも収録とのこと)
なんとCDもDVDも3ドルで買えました。安っ!!
で、「ΔΥΝΑΤΑ」の作曲者でもあるAra Dinkjianが去年出してた個人名義では初のアルバム(エルサレムでのライヴ)と、デビューしたてのアメリカ在住新人シンガーソングライター、Karin Simonianのアルバムをなんとなくジャケ買いで便乗購入。
で、この便乗買いの2枚が結構アタってるというのがレコ買いのおもろいとこで。

まずAraのライヴ盤。
Araのウード+キーボード+パーカッションの3人でやっとるのですが、Night Arkの曲はもちろんのこと、Araが全曲の作曲を担当したエレフセリア・アルヴァニタキ'94年の超絶傑作アルバム「ΤΑ ΚΟΡΜΙΑ ΚΑΙ ΤΑ ΜΑΧΑΙΡΙΑ(タ・コルミア・ケ・タ・マヘーリア)」からも3曲をセルフカヴァーしてます!(でもまあ実はNight Arkでもこのアルバムからのカヴァーやってましたが)
特に聴きものは「タ・コルミア~」アルバム冒頭の5拍子ナンバー。
"カヴァーはオリジナルにはかなわへん"という持論を持っとる私ですが、(ちなみに私の場合あくまで"先に聴いた方"が"オリジナル"です。)このヴァージョンも素晴らしくかっちょいい出来。とにかくAraの弾きまくりウードが凄い!さすがはオリジネイターの気迫ちゅうとこ。パーカッショニストがこれまた巧いんですわ。

続いてのKarin Simonian「11 Degrees of Love」。
全曲英語で、曲調にはあまりアルメニアらしさは感じられませんが、ほぼ全篇しっとりしたメロディーが素晴らしい良質ポップスです。2曲目みたいな70年代歌謡曲っぽいウエットさもあり、カーラ・ボノフみたいなウエスト・コーストAORっぽさもなんとなく感じるような。
とにかく聴き終わった後にもっかいリピートしたくなる好盤でした。

で、主目的やったKarine Movsisyanですが、ちょっと他が良過ぎて霞んでしまった(笑)
お目当ての「ΔΥΝΑΤΑ」もやっぱしダンサブルなAntiqueヴァージョンがベースやし、他曲もまあメロは悪くはないんやけど、どうもリズムが単調というか…まあダンス用には向いてるんかな、という感じ。11曲中6曲がギリシャ語ナンバー、ということでギリシャ度は高いんですけどね。DVD(まだ見てない)の方見たらまた印象変わるかもしれませんが…。

とりあえず今回のMVPはKarin Simonian「11 Degrees of Love」でした!
別窓 | 買うてもうた | コメント:2 | トラックバック:0
2007-07-13 Fri 21:34 ∧top | under∨

待望のCD化!が、しかし…

中南米プログレはそれほど聴いてるわけではないのですが、かなり"アタリ率"が高いように思います。
そんななかでもベネズエラのシンガーソングライター(?)、Fernando Yvosky(フェルナンド・イヴォスキー)の1st「Dos Mundos('75)」はかなり好きなアルバムで、なかなかCD化する気配もなかったんでぼちぼち自分でやろかー、と思ってた矢先になんと!CD化されました!!
しかもLPサイズのオリジナル・ジャケで、限定777枚ですと!!
もう即とびつきましたよ(笑)



左が今回購入したCD、右が'86年頃に出た再発盤。オリジナルジャケは白黒写真でしか見たことなかったんでカラーで見れただけでもー感激ー。

これ、再発盤出たとき正直ようわからんと買ったんですが…

内容は極上です!!

イタリアンの叙情、ジャーマンの混沌、ブリティッシュの陰影、ラテンの熱さ。これらをミックスしてシンフォニックでクラシカルなロックに昇華した名盤です!
特にフルート、オーボエ、クラリネット、バスーンの木管四重奏による一曲目「Prologo」は文字通りクラシカルで叙情爆発の必殺ナンバー。あまりにも好きな曲なもので全パート耳コピして、たまたまそんときは木管4種揃ってた自分のバンドで演奏したぐらい。(まあ自分では演奏せんかったけど…まあYvosky自身もなんもしてないしね笑)自慢やないけど日本でこれコピーしたんは私らぐらいやないでしょうか(笑)
もちろん2曲目以降もクラシカルやったりフォルクローレ風になったり実験音楽風になったりとするもののベースにはしっかり哀愁メロが横たわっているのであります。

そんなわけで内容的には文句なしのこの盤、よくぞCDにしてくれた…といいたいとこなんですが。

な、なんとこれ盤起こしみたいなんですよ…(とほほのほ)。
静かなパートになるとチリチリ音するは、金物は割れまくってるはで音質はひどいもんです。
ジャケはコーティングしてたりしてよう出来てるだけに肝心のとこがこれっちゅうのはなんとも納得いかんわー…。(もうマスターテープがないんかも…でもジャケは版下あったんかなあ?)
別窓 | 小ネタ(ギリシャ以外) | コメント:2 | トラックバック:0
2007-07-07 Sat 19:32 ∧top | under∨
| www.ナゴヤハロー(裏) The小ネタ集 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。