スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
-------- -- --:-- ∧top | under∨

マッド・キングの城(宮殿やなくて)

今日は舞子の方までコンサート聴きに行ってきました。
おととしの秋に初めて演奏を聴いたパーカッショニスト、影山朋子さんとソプラノ歌手、高山智津子さんのコンサートです。
会場は舞子ビラ神戸ちゅうホテルん中にある、あじさいホールちゅうとこ。(ホテルん中にホールがあるって珍しいね~)
実は曲も何やるんか全然知らんと行ったんですが、一曲Nebojsa Jovan Zivkovic(「ネボイシャ・ヨヴァン・シヴコヴィッチ」って読むっぽい)の「Ilijas」ちゅう曲やってまして。このZivkovicも2年前に行った某大学の演奏会で知った作曲家(兼パーカッショニスト)なんですが、この時聴いて気に入った「Trio Per Uno」が収録されたCDをすぐ買うたんですな。

Zivkovic: Castle of the Mad King; Trio per unoZivkovic: Castle of the Mad King; Trio per uno
()
Nebojsa Jovan Zivkovic、 他

商品詳細を見る

それがこのCDなんですが、(今日聴いた「Ilijas」も入ってます)なによりこのタイトル!!

「The Castle of the Mad King」って…

明らかにあの歴史的プログレの名盤のタイトルをパロってませんか(笑)

ちなみにこのタイトル曲、世界初演はエヴェリン・グレニーなんすね…。
スポンサーサイト
別窓 | ライヴに行ったのだ | コメント:0 | トラックバック:0
2008-01-26 Sat 23:59 ∧top | under∨

ナゴハロレコード大賞2007 ギリシャ野郎部門

はやいですなあ~もう2008年になって20日たとうとしてます。
というわけでものすごく今更感ありありですが、去年大晦日のネタの続き(笑)。
最近は時間が空くとブズーキに触ってたりと珍しくマジメに(笑)練習してたりしてなかなかアップでけんかったとですたい。

大晦日はおねーちゃん部門やったんですが、いよいよ待望(誰が!?)の野郎部門の発表です!

"ΠΕΤΡΟΣ ΔΟΥΡΔΟΥΜΠΑΚΗΣ / ΑΠΟ ΟΝΕΙΡΟ ΣΕ ΟΝΕΙΡΟ
   (ペトロス・ドゥルドゥバキス/ アポ・オニロ・セ・オニロ)


apo_oniro.jpg

なんとなく買ったもののこんなええとは思わんかった1枚。詳しくはリンクしてる本サイトの方をば。


ΔΗΜΗΤΡΗΣ ΚΟΚΟΤΑΣ / ΑΠΡΟΣΜΕΝΗ ΑΓΑΠΗ
(ディミトリス・ココタス / アプロスメニ・アガピ)


kokotas04.jpg

2004年リリース盤ですが、去年の夏最も聴いたかも、と思う傑作な1枚。いかにもギリシャを感じさせるブズーキ使用のライカ・ナンバーから、ラテンなタイトル曲、ギターソロがかっこいいポップ・ロック・ナンバー、などなどいろんなタイプの曲がそれぞれ出来も抜けて素晴らしいってんやからそらヘビロテもするっていうもんです。ベストトラックは10曲目の「Καλοκαιρι Μου(カロケリ・ム)」なんですが、タイトル通り「俺の夏」の象徴です!


ΟΡΦΕΑΣ ΠΕΡΙΔΗΣ /ΚΑΠΟΙΟΝ ΑΓΑΠΑΕΙ ΑΚΟΜΑ
(オルフェアス・ペリーディス/カピオン・アガパイ・アコマ)


peridis_kapion.jpg


ΚΩΣΤΑΣ ΑΝΤΥΠΑΣ /ΤΟ ΛΕΩΦΟΡΕΙΟ ΤΗΣ ΣΤΙΓΜΗΣ
(コスタス・アンディパス/ト・レオフォリオ・ティス・スティグミス)


antypas_stigmi.jpg

渋みがたまらんベテランアーティスト、ペリーディスはもちろん入ります!
そして新人のアンディパス。とりあえず一曲目の出来が秀逸過ぎ。
詳しくは去年夏に書いた記事参照。


ΑΝΤΩΝΗΣ ΑΠΕΡΓΗΣ / ΤΟ ΣΤΕΦΑΝΙ
(アンドーニス・アペルギス / ト・ステファニ)


stefani.jpg

アルバム出したら大当たりのアーティストといえばアンドーニス・アペルギス。いっちゃん上のドゥルドゥバキスのアルバムでもええ仕事しまくり。


ΓΙΩΡΓΟΣ ΚΑΖΑΝΤΖΗΣ / Του Ερωτα και Ουρανου
(ヨルゴス・カザンジス / トゥ・エロタ・ケ・ウラヌゥ)


20071021205544.jpg

ΜΑΡΙΟΣ ΣΤΡΟΦΑΛΗΣ / Κρατα Τα Λογια Μου Για Φιλαχτο
(マリオス・ストロファリス / クラタ・タ・ロギア・ム・ヤ・フィラフト)


stro04.jpg

豊作やった今年(購入したのが)のギリシャ盤を締めくくるのはメガ級の傑作2枚。カザンジス、ストロファリス共、作編曲力がズバ抜けてます。これまた去年秋に書いた記事参照。


さて、次はギリシャ以外の部門ですが…一応今年中にはアップ予定(爆)。





別窓 | 俺ジナルランキング | コメント:10 | トラックバック:0
2008-01-20 Sun 20:32 ∧top | under∨

30年越しのメンコン

世に言う「四大協奏曲」といえば、ベートーベン、メンデルスゾーン、チャイコフスキー、ブラームスのヴァイオリン協奏曲のことですが、実は私が初めて買ったクラシックのレコードちゅうのがメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲(以降「メンコン」)なんですわ。
といっても確か中2やったか中3の頃なんで「音楽を聴く」のが目当てというより、まあなんかちょっとイキガってたんでしょう(笑)。ちょうどその頃CMでこの曲が使われてたってのが数あるクラシックの中からこれを選択した理由の100%やと思います(爆)

さて、そんなメンコンですが、実はライヴで体験したことがまだなくて。
そんな私の為にやと思うんですが(なんでやねん)、今日岸和田の浪切ホールちゅうとこで大阪フィルハーモニー交響楽団がやってくれまして~。
しかもソリストが、来月私らが出演予定のみなとみらいアマチュア室内楽フェスティバルの選考委員でもあり昔からファンやった漆原朝子さん、とくればこらやっぱり私の為としか思えませんて!(ちゃうちゃう!)
とかいいながら漆原さんのヴァイオリンを生で聴くのは数年ぶりというなんともテキトーなファンだったりしますが(爆)

さて、そんな漆原さんとメンコンですが…実はプロとしてのデビュー盤でやってはるんですが、それ買いのがしてまして(やっぱテキトーファン…)。そんなこともあって実に楽しみにしてたわけです。

そんな私の期待を大きく上回る圧倒的な表現力、音色の美しさ、完璧な技巧…素ん晴らしい演奏でした~ほんま。なにより相変わらず美人やし(笑)。
それにしてももともと思い入れのあるメンコンでしたが今日の演奏を聴いてますます好きになりましたです。(うお~CD買いのがしたんが悔しすぎる!誰か見つけたら教えて!)

別窓 | ライヴに行ったのだ | コメント:2 | トラックバック:0
2008-01-14 Mon 23:18 ∧top | under∨

テンションMin.の夜…

明日からいよいよ仕事始めということで案の定テンションがMin.になっております(笑)
はよまた暮れにならんかな~(爆)

なんやかんやで正月休みは結構の~んびりできました。(ブログもほったらかしで…汗)
最終日の今日の朝は、いうてる間にあと一ヶ月ちょいとなった横浜での室内楽フェスに向けての今年最初のバンド練習。いまだにアレンジいじりながらもそこそこのもんにはなってきたような。

帰ってきてからはブズーキの弦の張り換え。考えてみたら買ってから約4年間張りっぱなしでした(汗)。
案の定換えてみたら音が全然シャープになりましたわ。

その張り換えのBGMにしてたんが去年暮れに買っておいたアンソニー・フィリップスのいまんとこ最新スタジオ作であるこれ。

フィールド・デイ(紙ジャケット仕様)フィールド・デイ(紙ジャケット仕様)
(2007/12/21)
アンソニー・フィリップス

商品詳細を見る

おいおい、ジャケ写なしかいAmaz○n!
というわけで他から引っ張ってきました。

apfd.jpg

2枚組約120分、ひたすらアンソニーがアコースティックを中心としたギターを弾きたくってるギターたっぷりのアルバム。
いかにもアンソニーらしい穏やかな曲調が昼下がりにとっても心地よかったです。

さ~とりあえず明日からまたがんばりますか…(←いやいややなあ笑)
別窓 | こんなん聴いたよ | コメント:0 | トラックバック:0
2008-01-06 Sun 23:04 ∧top | under∨

Καλη Χρονια!



新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

とかいうてますがもう2日やっちゅーねん(笑)
今年も"タイムリー"という言葉とは縁なさそうです(爆)



別窓 | 音楽やないけども | コメント:10 | トラックバック:0
2008-01-02 Wed 21:03 ∧top | under∨
| www.ナゴヤハロー(裏) The小ネタ集 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。