スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
-------- -- --:-- ∧top | under∨

ノルウェー原産ブリティッシュ風味(隠し味にギリシャ)

寒かった冬もやっと明日で終わりですね。(私ん中では4月1日が春の始まりなのだ。)

そんな私のここんとこリピートが多いアルバムがこいつです。

Tirill / A Dance With The Shadows ('03)

tirill1st.jpg


TirillことTirill Mohnはノルウェーのプログレバンド「White Willow」(以下WW)の初期メンバーやったお姉さんで、ヴォーカルはもちろん、ヴァイオリン、ギター、キーボードなども弾くマルチプレイヤーでもあります。
そんな彼女の1stソロ、これが地味ながら聴く度にハマっていくというスルメ的好盤でありまして。
囁き系なヴォーカルも耳障りとは無縁の心地よさやし、なによりアコギのアルペジオを伴った曲調が北欧というより結構ブリティッシュ・フォークな感じで、まさにWWの1st(いまだに私はこの1stがいっちゃん好きであります)を彷彿させるんですな。
もしかしたら初期WWの音楽的イニシアチブって結構Tirillが持ってたんかも知れません。
それはそうとこのTirill、myspaceでのプロフィールを見ると"影響を受けた音楽"ってのに結構ギリシャ音楽があるんですよ!!
しかもパンデリス・サラッシノスやらミハリス・ニコルーディス、ヴァシリス・サレアス等かなり渋めなところがお好みなようで…。
そんな好みをしっかりアルバムの方にも反映していて、ラスト・ナンバー「When You Sleep」ではフリーストス・サラカツィアノスというギリシャ人ブズーキ奏者をたっぷしフィーチャーしたギリシャ・テイストなナンバーを披露してます。素晴らしい!!あんたはエライ!!

↓で是非試聴をば。



スポンサーサイト
別窓 | こんなん聴いたよ | コメント:0 | トラックバック:0
2008-03-30 Sun 17:31 ∧top | under∨

この春も中華娘にKO

先日ネタにした「関空旅博2008」、ちょっくら行ってまいりました。
今回お目当てはギリシャ政府観光局による旅行セミナー「ギリシャ、5感を使って体験しよう。」と中国の美人シンガー「alan(アラン)」のミニライヴであります。

関空には昼前頃着きまして、例によって旅行気分だけ味わう為に国際線ロビーをぶらぶらした後に会場へ。
おお~なんや屋台が出とる出とる。で、ギリシャはと…
これがなんと並んでました(笑)!!隣は韓国、中国という日本でも料理が馴染みの深いとこやったのに何故!?まあ逆にかえって珍しがられたんかも知れませんなあ~。
去年はスブラキやらギロ(肉料理です)やら出してたみたいですが、私は実は肉類はトリしかあかんかったりするんですよ…が、しかし!ありがたいことに肉はトリしか食えん私の為やとしか思えんのですが、材料がトリでした!!でもスブラキちゅうたら串にさしてるもんなんやけど、フツーに炭火で焼いただけ、ちゅうのはちょっとちゃうんちゃう…?でも美味しかった!!是非来年も出してほしいもんです。

続いては各国の観光案内ブースものぞいてきました。もちろんギリシャも(笑)パンフレット全種もらってきましたです。こんなんもうたら行きたなってしゃーないんですけどね。
おもろかったというかズルいなあ、と思ったんはモンゴル。ブース前でホーミーと馬頭琴の生演奏なんかやってたらそら人たかりますって(笑)。ギリシャ政府観光局さんも声かけてくれたら私ブズーキ弾きまっせ(爆)

さてさて、ステージの方ですが…ちょうど行った時にやってたんが「フィリピンソングショー」。男性3人組(うち2人はアコギ)でフィリピンのポピュラー・ナンバー(?)をやってましたが、正直フィリピンの音楽はよう知らんのですな…。ただ、唯一知ってるフレディー・アギラーの大ヒットナンバー「アナック(息子)」はしっかりやってくれましたよ!やっぱし名曲ですな~これ。

そしていよいよお目当てのalan登場!!
なんと二胡を持っての登場でした!!ええやんええやん!!
しかもむっちゃカッワイイ~(笑)!!カタコトの日本語がまた萌えますがな~(爆)!!
一曲目は本人がえらい好きらしい「なだそうそう」。
これ、私は大っキライなんやけどね…(まあ曲はええ曲やというのは認めるが)
2曲目は二胡独奏で「さくらさくら」。ところどころ音ハズしてたけど、それもまたカワイイ(メロメロやんけ笑)
3,4曲目が日本でのシングル「ひとつ」と「明日への讃歌」でしたが、もう後者でのサビが圧巻!!
もともとチベット民謡歌ってたらしいけど、それを生かしたコブシと伸びまくるハイトーンの迫力、これは絶品でした!!
「ひとつ」もイーリアン・パイプなぞフィーチャーしたりして結構ツボでした。(まあこんな使い方ってあざといっちゃあざといとは思いますけどね…。)

まあ残念ながらバックにアラン・ホールズワースだのアラン・ホワイトだのアラン・パスクァだのアラン・スキッドモアだのアラン・キャロンだの(もうええもうええ)がフィーチャーされるハズもなくカラオケライヴでしたが、帰りにCD買いに行ってしまいましたです。いや~毎年春先には中華シンガーにハマる傾向のある私ですが(去年は「ブタの歌」の香香ちゃんでした)今年も例に漏れず、ということになりそう…。(人気出だしたら即醒めると思いますがw)

続いてはセミナー。今観光局のイチオシはクレタ島だそうで、クレタを楽しむ為のあれこれを聞かせてもらいました。次ギリシャ行くことがあったら今度こそクレタ行きたいな~。
最後にクレタのオリーブペーストがもらえるクイズ大会がありましたが、私は2問目で脱落してしまった(泣)。
"エル・グレコの出身地はクレタ島 or サントリーニ島?"ちゅう問題でしたが、ド忘れして「サントリーニ」と答えてしまった…(正解はクレタ)
あと、へえ~そうやったん!?と思ったんが、あの童話のイソップ。あの人ギリシャ人やってんてね~。
(ギリシャ名は"アイソポス"っていうんやて)

んなわけでアランとギリシャな一日でありました。
スブラキはもっぺん食べたいけどさすがに往復2000円と3時間を費やしてまで、というほどではないので(笑)
別窓 | 小ネタ(ギリシャ) | コメント:0 | トラックバック:0
2008-03-22 Sat 23:55 ∧top | under∨

黙ってギタマガ買うてくれ

昨日本屋へふらっと行きましたらば、ギターマガジンの4月号がなんとフランク・ザッパ(以下FZ)の表紙と特集!!

gm0804.gif

しかもアラン・ホールズワースのインタビュー(というかよう知らん日本人ギタリストとの対談)も載っとる、となれば当然即購入です!!

FZの特集では'88年のFZインタビューやら、先日来日した息子のドゥィージルのインタビュー、譜例集に加えてなんと!!
あのロック界超難曲のひとつ「ブラック・ページ#2」の楽譜が!!
おお~っこれで耳コピの手間が省けた~といいたいとこですが、5連符だの11連符だのよっぽどリズム感鍛えんと無理っす(泣)
しかしいつかはこれで「アマチュア室内楽フェスティバル」に申し込んでやる!!

ホールズワースの方で気になった話しといえば、なんでも最近はプリング・オフは一切使わんようにしてるんだとか。(つまりピッキングが増えとるという)ここに来てなんでそんな効率悪いことしとんやろ。(笑)超人の世界はようわからんです(爆)

でもって昔のギターマガジンのFZインタビューが乗ってる号('83年5月号でした)が読みたくなって引っ張り出したりしてたんですが、ここであのスティーヴ・ヴァイが「スティーヴ・ヴェイ」なんて表記されてたりするんがなんだかもう。まだこの頃は無名もええとこやってんなあ~。
もひとつおもしろかったんが、美狂乱の紹介が載ってました。
(ちなみに同ページにはデビュー直後やというストリート・スライダーズの紹介も載ってたんですが、最新号にはメンバー2人が出てました。ようでけたグーゼンですなあ。それにしてもデビュー直後の記事とデビュー25周年とか書かれた記事を同時に読むってのはなかなかおもろいです)
別窓 | 書籍 | コメント:0 | トラックバック:0
2008-03-16 Sun 23:23 ∧top | under∨

ドナルドよりアラン

旅行行く時ってのは結構テンション上がりますよねー。まして海外ともなるとワクワクドキドキ度はかなりのもんになります。
そんなワクワクドキドキの旅行の気分だけを味わうためにたま~に関西国際空港へふらっと出かけます。まあわたしのことですから海外とはいうてもギリシャ限定なんですけども(笑)

で、最近出勤中に駅に置いてあるチラシに目がいきまして。
実は「関空旅博2008」ちゅうイベントが3/22,23に関空でありまして、なんとギリシャ政府観光局もブース出展するとか。しかも22日には「ギリシャ、五感を使って体験しよう」と題したセミナーも開催されるんやと!
もちろん即申し込みました(笑)
他にもギロやスブラキといった名物料理の屋台も出てるし、なんといっても!!


ドナルドショーがあるではないか~~~っ!!!!

って別に見たいわけでもないけど(爆)

まあそんなドナルドはともかく(笑)この日はミニライヴがあるみたいで、これに出演する「alan(アラン)」ちゅう女のコ(中国のコみたいです)がえらい可愛いのでついでに見て来よう(爆)
バックバンドのギタリストもアラン(ホールズワース)やったらもうけもんやなあ~(←そらないない)
別窓 | 小ネタ(ギリシャ) | コメント:0 | トラックバック:0
2008-03-12 Wed 22:58 ∧top | under∨

音聴けるようになりました

いや~今日はむっちゃぬくかったですな!仕事してるときももう暑いくらいで、はやくもソデまくってたくらい。
こうなってくるとギリシャ音楽の解禁も近し!というわけでやっとたまってる未聴CDを片付けていけます(笑)

さてさて、先日当ブログへのコメントで私も知った次第なのですが、私らメカGONVEによる美狂乱ナンバー、「シンシア」の演奏がほんまに美狂乱オフィシャルサイトにアップされていました!!
うわ~恐れ多いやらごもったいないやら。本家による「狂パート2」の動画なんかと並ばせていただけるなんて。
とはいえ本音はむ~っちゃ嬉しいのであります(笑)
ついでにもひとつ本音を書きますと、本家による「シンシア」のライヴ音源なんかも是非聴いてみたいんだなあ~。

ちなみにアップされてんのは横浜での本番の演奏ではなくて、2/11に尼崎の某施設の小ホールを借りての最終練習での録音。なのでアレンジなんかは本番と一緒です。
是非一度聴いていただいて感想(熱いダメ出しはマジで嬉しいです)などいただけるとさらに私大喜びします(笑)
曲知らんかったけどええ曲やな~と思われた方は是非本家の演奏も聴いてみて下さい!
も~っとええですから!!

美狂乱美狂乱
(2007/03/07)
美狂乱

商品詳細を見る

別窓 | 楽器とか音楽活動とか | コメント:6 | トラックバック:0
2008-03-11 Tue 23:17 ∧top | under∨

メカGONVE in ヨコハマ "さらば横浜~涙の完結編"

えっと、こんなタイトル付けましたが泣けるとこ全くありません(笑)
涙出るほど笑えるところももちろんありません(爆)

いや~半月以上(ほぼひと月…)ひっぱりましたがやっと最終回。とはいえメインイベントは終わっちゃってるので、私以外にはもう蛇足でしかないんですが(笑)

翌2/17はもう純粋に"お客さん"として会場に行きました。(とはいえ一応出演者はタダなのだ。)
それにしても正面突破で入るとほんまごーじゃすなホールでんなあ…。MAGMA Tシャツで出るようなとこやないですわ(もう遅い笑)

出演者としてステージに立ってたら全然そうは思わんかったんですが、いざ客席からステージを見るとちょっとステージが低い…というか客席の並びがフラットなんで若干前の人の頭が気になるような。
ま、別にアフロの人やないんで全然不快ではないんですが(笑)
でまあ開演。さすがに全グループについて書くのは大変なんで(というかさすがにもう忘れてるし爆)
印象に残ったグループのことなど。
いっちゃん最初に出て来た「清真学園音楽部弦楽合奏団」。もちろんバンド名やなくて(笑)その名の通り中高生のグループ。これがねえ、ほとんど女のコで、ガッコの制服で出て来まして。別に私制服フェチやないと思ってましたが、なかなかこれが初々しくて。萌えました(爆)
しかし演奏の方はなかなかしっかりしたもんでした。私が同じ歳の頃いうたら音楽なんて全く興味の対象やなかったもんなあ。この頃からやってたら今もうちっとはマシなプレーヤーやったかも知れんなあ。(←練習せんかったら一緒じゃ!)
後半の最初に出て来た二重箏双葉さんはここでも以前紹介しましたが、わたしらと同名異曲の「シンシア」という曲を演奏されるということで、昨年暮れにも大阪でのライヴを見に行ったりもしたのでいっちゃん楽しみにしてました。昨年曲を聴いてから作曲者自演版をずっと聴いてたのでちょっと違和感もあったりもしましたが、やっぱしナマで聴くのはええもんです~しかもホールの響きもええし。
そして演奏がとにかく圧巻やったのがトリの「Zephr Quartet」。昨日のトリの「ティスト弦楽四重奏団」も凄かったですが、ようこんなムズそうな曲(ヤナーチェクの弦楽四重奏曲一番)カッコよう聴かせられるなあ…と感嘆しました。やっぱしクラシックの基盤がしっかりしとる人らは大したもんですわ…。

終演後は前回大阪ではちょっと挨拶でけんかった二重箏双葉のお二人とご対面。なんかたまたま同じタイトルの曲をやったという縁ちゅうのも面白いもんですね。

とまあ2日間にわたったフェスでしたが、まあなんしか楽しかったです!演奏の方もいつもは緊張の方が演奏の楽しみに勝ってしもてなかなか楽しめんかったりするんですが、今回はさすがに練習量が多かった(一曲にこんだけ時間と手間かけることなかったです)ちゅうこともあって緊張しつつもアンサンブルを楽しむ余裕はあったような。なにより美狂乱の須磨さんや漆原朝子さんという私的アイドル(笑)に直に会えた感激は一生もんです!!
ありがとうヨコハマ!!
別窓 | 楽器とか音楽活動とか | コメント:4 | トラックバック:0
2008-03-10 Mon 00:05 ∧top | under∨

やっと復旧

ここ一週間ほど全くネットに接続できませんで。
まあ今までも1,2日つながらんくなることはあったんでまたかいなー、とあまり気にしてなかったんですが、3日たっても4日たってもつながる気配もなく、こらさすがに困ったことじゃー、とプロバイダに連絡。
で今日ルータ交換したりしてやっと復旧したというわけです。
しかし困ったことにワイヤレスでは依然つながらんのです…(泣)直接LANケーブルをPCにツッこんだらつながるんやけどなあ~。
ということはワイヤレス中継ターミナルに原因が?ウチはマック使ってるんで、AIRMAC EXPRESSちゅうのを使ってるんですが、全くなんもいじってないんやけど、こんなことってあんのん?
とまあ納得はいきませんでしたが、やむを得んので1回設定を全てリセットして再設定しなおしたら…

つながりやがんの。なんじゃそら。

全くもってメカというのはようわからんです。(一応私技術屋さんなんですけど笑)
別窓 | 音楽やないけども | コメント:0 | トラックバック:0
2008-03-09 Sun 20:06 ∧top | under∨

メカGONVE in ヨコハマ "懇親会~打ち上げ編"

咳がどうにもとまらず昨日はほとんど寝れんかったぐらいで、もしかしたら肺炎…?とも思ったんで今日はちょっと検査に行ってきました。一応レントゲンやら血ィやら見たところでは肺炎ではなさそう(やれやれ)やったものの、やっぱし気管支がなんか炎症起こしとるらしいです。
しばらく苦しい日々は続きそう…うう。

さて、わずか一日のことにどんだけ時間かかっているんでしょう、というネタの続きです(笑)。

初日終演後、ホールロビーにて出演者全員による懇親会が行われました。
そしてなんと出演者だけではなく、選考委員であるオーボエ奏者の古部賢一さんとヴァイオリニストの漆原朝子さんも来はったんですよ!!
こーゆーこともあろうかとサイン用に両名のCDをしっかり持ってきてたのはいうまでもありません(笑)。
まずは長年憧れの麗しき漆原さんにアターック!!(って別にコクったわけやないですよw)
まずは選考してもらったお礼をして、昔からファンでした~とコクって(笑)おもむろにCDを取り出しサインをお願いしました。今回サイン用にCDどれにしよか迷ったんですが、おあつらえ向きに無地のページがあった「シューマン・ヴァイオリンソナタ集」にしました。ほんまはにわかファンやない証拠に漆原さんが高2の時に日本音楽コンクールで優勝した時のライヴ盤(もちLP)を持っていきたかったとこでしたが…。
須磨さんの時の失敗は繰り返すまいと今回はしっかりツーショット写真もいただきました~。今日はほんま天国じゃあ~。

さて、懇親会の方ですが、実のところ団体同士の懇親会というよりこの日のゲストやった竹下景子さんやら司会の朝岡聡さんやら選考委員の方やらとの記念撮影会みたいな感じでして、あまり交流するような雰囲気ではなかったです(泣)まあ全然わたしらも人のことはいえんかったんですけど(爆)
それと本番の方がちょっと時間もおしてたこともあり、あんまし時間もなかったんですわ。
とりあえずメンバー全員で最後に古部賢一さんをつかまえて(笑)まずはご挨拶。古部さんは大阪の出身でとても話しやすいというか話し好き(笑)というか、結構長時間話しをさせてもらいました。
そんななかで一番嬉しかったのは、メカGONVEの楽器編成が実にバランスがよくていろいろと可能性がある、といった内容のお話。実際のとこたまたま集まった編成なんですが(笑)、一流のプロにこうまでいわれると下手は下手なりにええ気分になるもんで(笑)
そんなこんなでええ気分になってたんですが、気がついたら周りはほとんどもうひきあげてました(爆)
私らもあまりここでぐずくずしてるわけにはいかんかったのでした。

実はこのあと打ち上げを横浜のギリシャ料理店で行うのでありますよ~!!

そのギリシャ料理店というのはみなとみらいから2駅のとこにある「レストラン&バー オリンピア」。
横浜行くなら是非行きたかったとこ、というわけでメンバーをムリヤリ説得し(笑)ここに決めました。
しかも遅くなることも見越して宿泊ホテルも店から徒歩数分のとこにとるというこの用意周到さ(爆)

とりあえずホテルにチェックイン&荷物を置いて、いよいよオリンピアへ!!
店内は思ってたより広いですな~。先に来て待ってくれていたギリシャつながりの友人夫婦含め計7人、ゆったりと食事とアホ話を楽しみました!
なによりここの料理めちゃ美味いがな!今回ウチのバンドメンバー全員ギリシャ料理は初体験やったのですが、かなり評判良くてはやくも来年の打ち上げ会場はココに決まったようなもんです(笑)

そんなこんなでヨコハマの夜は更け、夢のような出来事がてんこもりな一日は終わってしまったのでありました…。

しかし日は変わってもホテル内でしっかり二次会(笑)。
とはいえ今日の録音を全員で聴いたりしてちゃんと反省会も兼ねていたのだっ。
実際聴いてみると思っていたよりひどくはなくて(テンポはかなり走ってたけど)ちょっと安心もしたり。

さてさて長くひっぱってきたこのネタですが、とりあえず次回"2日目編"で最終回です。
しかしはやいもんでもう2週間もたってもうたなあ~。ほんま書くのに時間かかり過ぎです(爆)

別窓 | 楽器とか音楽活動とか | コメント:0 | トラックバック:0
2008-03-01 Sat 11:54 ∧top | under∨
| www.ナゴヤハロー(裏) The小ネタ集 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。