スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
-------- -- --:-- ∧top | under∨

続・怒りのアンコン

え~…。

昨日はほんま腹立ってた私ですが…


もうそうでもなかったり(笑)

どうも私、怒りの感情が持続せん人みたいなんですわ(爆)

まあ実際はまるっきり無駄になったわけやないですしね。
おっ!と思わせる演奏も聴けたし。
これは!と思わせる曲も知ったし。

結局13団体ほどしか聴いてなかったんですが、印象に残ったのは入って一番最初に見たサックス4重奏。
なんか一般の部なのに何故か四人とも女子高生(笑)。
でも演奏は結構しっかりしてたし、なにより私がよかったのは全員暗譜の上、立って演奏してたことかな。

譜面台ってキライなんですよ。奏者隠してしまうから。
わざわざ演奏会に譜面台の背中見に行ってるんちゃうっちゅーねん!(笑)

それと立って演奏してたことで身体の動きが視覚的に加わるので音も生き生きしてくるというか。
曲もいいなあ、と思わせたし、とにかく印象のいい演奏やったなあ~。
その5つあとに別の団体が全く同じ曲をやったんですが、逆にこっちは譜面台&椅子座り。なんとなく演奏のまとまりはこっちの方が良かった気はしたんやけど、あまり印象には残らんかったんがやっぱり音楽の面白さですね~。

しかし結果を見たら前者は銅、後者は銀でした…。なんだかなあ。
所詮技術的な評価だけなんかなあ、こーゆーのって。視覚的な面白さってのは加味されんもんなんですかねえ。

あと、曲がなによりよかったのは打楽器6重奏で演奏されてた、E・デル・ボルゴって人の「イントロダクション&ロンド」って曲!
ロンドがチェンバー・ロックっぽくて実にかっこよかった!!
これはいっぺんCD探してみよう!

とまあ一夜明けてすっかり機嫌がなおっている前向きな(のか?)ナゴハロさんでした(笑)


スポンサーサイト
別窓 | ライヴに行ったのだ | コメント:2 | トラックバック:0
2010-01-25 Mon 23:12 ∧top | under∨

怒りのアンコン

今日はほんま風は冷たかったもののええ天気でした。

実は今日ははるばる高砂まで行っておりまして。
目的は、先月ブログに書いた(この記事)兵庫県アンサンブルコンテストの地区大会。
もちろんジョン・ケージの「4分33秒」の演奏聴きに行く為ですよっ。(はいっ、どーせ物好きですよわたしゃ)

まあこんな曲、演奏会なんかでは全く体験する機会今までなかったですからねえ。
なんせ曲が曲だけに家でCDで聴いててもしゃーない曲ですから(笑)一度ライヴで体験したかったですしね。

そんなわけで家からほぼ2時間かけて会場である高砂市文化会館まで足を運んだ訳です。

アンサンブルコンテストってのは名前は知ってたけど見たことはなくって。
まあ合奏ならなんでもOKてわけやなくて基本的に吹奏楽で使われる楽器(管楽器と打楽器)でしかあかん、ということなんですね。
しかしすごいのは朝10時から晩7時くらいまでえんえんやってる!!
そら出てくる団体の数が80グループあるんやからそのくらいにはなるやろうけど…こんなん全部聴いていく人おんのか???(笑)
がしかし審査員の人は全部聴いてんだよなあ…でも絶対終盤は集中力落ちるんやから、こんなん序盤に演奏した方が絶対トクやんなあ、なんてこと思ったり。


で、会場でプログラム(なんと有料…)を買って、肝心の「4分33秒」をチェックすると…


あれ…?


ないぞ…!?

確かこの団体やったと思ったけど…

はあ!?!?「ピンクパンサー」!?


ちょお待てーーーーっ!!

曲変わっとるやないかーーーーーい!!!!!!(怒)

しかも「4分33秒」の代わりに「ピンクパンサー」って!
なにこの方向性の大逆転!
ポップスステージかっつーの!

マジ目を疑いましたよ…というかこれ目的で来たんやから、やらへんねやったら来た意味全くあらへん。

ほんま、行きと帰りの電車賃約3000円と入場料とプログラム代の1300円、返してくれーーー!!
って叫びたかったですよ!
お金はともかく往復にかかった4時間もどないしてくれんねん!!

とまあ入った早々怒りと落胆の私ではありましたが、もしかして「ピンクパンサー」はダミーで、実はやっぱり「4分33秒」やってくれるんちゃうやろか、とか考えてとりあえず見てみました。

が、ほんまに「ピンクパンサー」…。

あー…。なにしにこんな遠くまで来たんやろオレ…。


まあね。なんかしら事情はあったんかも知れないですよ。
編曲許可が降りんかったとか。
主催側から圧力かかったとか。

そんなん最初にリサーチしとけることちゃうん…?
もしハナっからウケ狙いのアテ馬やったとしたら、こりゃそーとー悪質です!!
ケージの冒涜じゃ!!

あと、主催者側にもアタマきてます!
印刷物にのってるってことは相当前にやらんことは決まってたはず。
なんで事前にアナウンスできへんの?
私みたいな物好きが曲だけが目当てで来てカネ落としていきよるからまあいいや、みたいなつもりなん!?

まあいくつかはいい演奏も聴けたし、全くの無駄ではなかったけど…

やっぱ釈然とせんわ!
こんなことなら家で楽器練習するか、歌習ってる友達の発表会行ってた方が全然よかったよ~!!(泣)





別窓 | ライヴに行ったのだ | コメント:2 | トラックバック:0
2010-01-24 Sun 23:26 ∧top | under∨

変えたはいいものの…

ええかげんブログのデザインをクリスマス仕様から変えることにしました。


って、お正月仕様…


すでに遅すぎるーーー!(汗)


しかもまた萌えキャラって(爆)


まあ書いてる内容に可愛げないし、ちょうどバランスとれていいですよねっ。
(どんな理由じゃ)
別窓 | 音楽やないけども | コメント:4 | トラックバック:0
2010-01-21 Thu 23:37 ∧top | under∨

最近SMにハマってまして(笑)

えー、まあ私はどっちかというとMな方かも…


って、そっちの話ちゃうっちゅーーねーーん!!
人のイニシャルでんがな!!


暮れに初めてライヴに行ったジャズ・ピアニストの妹尾美里さんにすっかりハマっておりまして、今日も神戸は三宮までライヴ行っておりましたー。

今日のライヴは三宮のハンター坂をちょっと上ったとこにある「クレオール」ちゅうとこで妹尾さんのソロ・ピアノ・ライヴでした。
まあ実は先週土曜もここで妹尾さんのピアノとベースのデュオ見に行ってたんで二週連続なんやけど(笑)。
まだファン歴一ヶ月未満やというのに今日で都合3回目という(爆)。

なにがいいって、やっぱりなんちゅうても曲ですねえ。
まあぶっちゃけあまりジャズの香りしないんです(笑)。どっちかというとフュージョンというかニューエイジあたりの雰囲気がいっちゃん近いかな。プラスラテンっぽい和風ダシ(なんじゃそりゃw)を効かせた感じ。
なんかほんま心和むというか。
本人は意識されてないと思うんですが、結果的に出てくる音が初期パット・メセニー・グループ(PMG)に近いもんを感じるんですわ。
美メロ好きな上、PMGといえば1stがなんちゅうてもサイコー!!な私にはまさにどストライク!な音楽なわけですよ!
決して美貌にひかれただけやないですよ!!(まあCD買った理由はそもそもそれやけどwww)

今日はソロ・ピアノということで、その切なくも美しいメロディーがさらに強調される形になってたような気がします。
アルバム・バージョンではコントラバスのアルコ(弓)弾きによるメロディーが異常に泣かせる超名曲「Bois(ボワ)」もソロ・アレンジにされてたんですが、これもアリやなあと思わせたのはやはりメロディーの美しさにあるんやろうなあ。
そして実に歌う、歌いまくるアドリブ・ソロ!ほんまにフレーズひとつひとつにテーマ部を感じさせるメロディー感溢れる、フックのあるフレーズがぼんぼん出てくるのにはもう聴き惚れるしか選択肢はないでしょう(笑)!

そして今日なんちゅうても嬉しかったんは、最後のアンコール。
特になんの曲をやるかってのを決めてはらへんかったみたいで、お客さんのリクエストを募ったんですね。
で、「町内一のシャイ・ボーイ」の異名を持つ私ですが(ウソですがw)、ここはひとつ!勇気出して!!

1stアルバム「Rosebud」の中でもかなり好きな「Flora」をリクエストしてまいましたーーー!!
もちろん弾いてくれましたともさ!!

嬉しすぎるーーー!!(泣)

めっちゃ真剣に聴きましたよ(爆)

「Flora」はねえ、インテンポになってからのイントロのアルペジオといい、曲調といい、私がこれ以上の曲はない!と思っているヴァイオリニストJean-Luc Pontyの大名曲「Nostalgic Lady」(from album「Enigmatic Ocean」)を感じさせるんですわ…。(コード進行も似てるっぽい?)
「Enigmatic Ocean」については昔熱~く書きなぐった拙文あり→これ

そんなわけで一曲目からアンコールまで、まさに頭からしっぽまであんこたっぷり詰まったタイ焼きのような大満足ライヴでした~!

妹尾さん関西の人でこっちでのライヴが多いのもほんまラッキー(爆)


別窓 | ライヴに行ったのだ | コメント:0 | トラックバック:0
2010-01-16 Sat 23:57 ∧top | under∨

どーでもいいけど

ウチのブログ、いつまでクリスマス仕様やねーん!!(自爆)
別窓 | 音楽やないけども | コメント:2 | トラックバック:0
2010-01-13 Wed 23:09 ∧top | under∨

横浜のち吹田

結局先週はずっと出張でした~なんかこんなバタバタした新年は初めてのような気がするなあ。

そんなわけでもう正月気分なんてものはイスカンダルくらい遠く彼方へブッとんでしまった私ではあります(笑)。

でもまあそんななか昨日はフォルクローレ仲間との新年会に行ってました。

実は去年、ほとんど10年ぶりくらいにフォルクローレを演奏する機会がありまして。
フォルクローレちゅうのはまあ要するに中南米の民俗音楽ですわ。(代表曲は「コンドルは飛んでいく」)
まあ詳しくはウィキペディアなぞ見て下さいな。

一応17~8年前にフォルクローレのグループなんぞに参加しててしばらくやってたものの、それほどハマったわけではないのでいつのまにやら縁が切れてたんですが、この春当時一緒にやってたギター弾き(彼も長くフォルクローレから離れていた)の復活!と共に何故か私にもお声がかかりまして(笑)。

で、復活ついでで毎年5月に兵庫県は三木山森林公園で開催されている「三木山フォルクローレ音楽祭」に出演エントリーしたわけです。

が!!

春先のインフルエンザ騒ぎで中止になるという(泣)まあしかし結局10月に延期、ということで無事開催されたわけですけどね。

でまあその時参加したグループの新旧メンバーが11人集まってわいのわいの(ワイニョワイニョと書きたいとこだが、普通の人には意味わからんやろなw)と楽しくやっとったんですなー。いやほんま懐かしい顔もあって楽しかったです。

しかし一応横浜での室内楽フェスティバルに向けてがんばっとるとこなんですが、なんとその翌週にはこのフォルクローレのグループでのイベント出演(2/28に開催される「吹田フォルクローレフェスタ」っての)も決まってしまいまして(汗)

曲数も5曲もあるし、今月来月となんか結構大変です(苦笑)


別窓 | 楽器とか音楽活動とか | コメント:6 | トラックバック:0
2010-01-11 Mon 22:53 ∧top | under∨

正月終わんのはやっっっ(>_<)

新年なったばっかしやと思ったら…あとちょっとで三が日も終わりやんかーー!
ほんま今年もあっちゅう間やったなあー(>_<)

正月休み、一応は5日までなんであと2日はだらーんと出来るハズ(笑)なんやけど、今年はもう明日から出張でしばらく出掛けるという慌ただしさで…(;´д` )

仕事あるんはいいことなんやけど、なんかもったいない気がすんねんなあ(笑)

んなわけでしばらくは更新出来ませんがっ!

笑える動画一本置いていきますっっ!!



なんと初音ミクがあのFOCUSの名曲「悪魔の呪文(Hocus Pocus)」を!!
タイスのあのヨーデルがえらい可愛いことになってます!(笑)
速弾きギターソロもがんばって打ち込んで再現してんのが素晴らしい(爆)
別窓 | 音楽やないけども | コメント:0 | トラックバック:0
2010-01-03 Sun 23:15 ∧top | under∨

2010年1月2日のポラロイド写真

今年は元旦、今日と気持ちい~い天気の正月になりましたね~。
今日は1日家にいての~んびりとしておったんですが、外も静かで、穏やかな気分で過ごした1日でした。

こーゆー静かで穏やかな好天にはヒジョーに合いまくる音楽がありまして。

Polaroid PianoPolaroid Piano
(2009/08/20)
AKIRA KOSEMURA

商品詳細を見る


AKIRA KOSEMURA(小瀬村晶)ってアーティストの去年夏リリースのアルバム。
世間的にはエレクトロニカ/アンビエントってジャンルで知られてるアーティストなんかな。

このアルバム、タイトル通り「ポラロイド写真」をコンセプトにしたアルバムのようで、全曲本人による即興のピアノ演奏なんですが、ピアノの音にミュートをかけたり録音もモノラルにしたりしたものにフィールド・レコーディングの音源を組み合わせたりして、ザラッとしたポラロイド写真の質感を音で表現したというもの。

確かにその試みは成功してる感じ。ピアノって下手すると、キンキンする高音が耳につくことってあるんですよね。
それがこの手法によって全くなくなっててとにかく耳あたりがよくてねえ。
おまけに曲もおしつけがましくないフレーズの繰り返しによるシンプルな構造なんで、とにかく聴いてて気持ちいい!

とはいえ数曲は感情揺さぶられるノスタルジックなメロディーの曲もあって、もうどうしようもなく切ない気持ちになったりもするんですね~(ノ∇・、)
3曲目「April」~4曲目「Would」の流れなんてついついメロディーに浸ってしまってBGMにならへんのです(笑)
9曲目「Guitar」も1分半ほどの短さの中に胸にきゅんきゅん来るセンチメンタリズムが詰まってて…。



そしてラスト「Ein Lied」。これドイツ語かな?国内流通盤のみのボーナストラックで、本来アルバムのコンセプトからはハズれてる曲なんですが、まあ確かに音の質感は違ってるけど、私はアルバム中最もどうしようもないノスタルジーを感じてしまうかも。もうメロディーの美しさが秀逸なんですよ!これ聴いた後の余韻含めてこそのアルバムやと思うな~。
この国内流通盤は限定みたい(amaz○nには一応リンクしたけどもう完売してるかも…)なんで、私的にはこっちを是非オススメします!!

音の質感だけがポラロイド写真やなくて、今日の一日もポラロイド写真として私の人生のアルバムに残るんやろうな…。

あ、なんか締め方キザ過ぎ?(爆)
別窓 | こんなん聴いたよ | コメント:0 | トラックバック:0
2010-01-02 Sat 22:09 ∧top | under∨

Καλη Χρονια!

…といきなりギリシャ語で新年の挨拶するところがさすが当ブログ(笑)

お越しの皆様、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

alkaios03.jpg


ギリシャ語挨拶ついでに画像も前にいっかい使ったヨルゴス・アルケーオスのジャケのリサイクルです(爆)
結構好きなんすコレ(笑)


さて、今年の初聴きアルバムは去年クリスマスイヴに届いたフィンランドのJohanna Kurkelaでした。
でもってブログ書いてる今は、暮れにライヴ行った妹尾美里さんの2枚のアルバムをモーレツにリピートしております。
ハイ、両者ともハマってます(笑)

別窓 | 小ネタ(ギリシャ以外) | コメント:4 | トラックバック:0
2010-01-01 Fri 18:25 ∧top | under∨
| www.ナゴヤハロー(裏) The小ネタ集 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。