スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
-------- -- --:-- ∧top | under∨

文字通りの「復活の日」!!・・・レビュー編

前回に引き続き「復活の日」サントラ盤の内容のことなどつらつらと。

実はこのアルバム、サントラと謳いながらも劇中で使用されたのはほとんどオーケストラでの演奏部分だけで、NYフュージョン・オールスターズによる演奏はごくごく一部が使われただけにとどまったんですね。そんなわけでアルバムの性質としてはサントラというよりほとんどスーパー・セッション的な色合いが強いかと。
でもって実際の映画ではハネケンこと羽田健太郎さんによるスコアが大々的に使用されてたという。やというのに映画のオープニング・クレジットには名前も出てこんというどうにも理不尽なことになっとったんですね…(もちろん当時はそんなん全く気にしてなかったわけですがw)

さて、レコーディング期間は1979年11月から1980年4月にかけて行われたようです。
渡辺香津美ファンならこの時期といえば「おおっ!」となりますよね。そうです、かの大名盤「TO CHI KA」の録音時期とまるかぶりなんですよ!!当然ギター・プレイはスゴいことになってるのでは…?と思いますよね。
はい、その通り!ほんまこの時期の香津美はどうかしてたとしか思えません(笑)

ではそろそろ各曲紹介していきましょう~!(曲番号はアナログ盤より)

A1. Adieu Mon Amour
ロンドン・フィル・ハーモニック・オケによる重厚かつ不安を煽るナンバーでアルバムは幕を開けます。
映画では確か雪山に落ちた殺人ウイルスのシーンに使われてたような。

A2. You Are Love
ジャニス・イアンが歌うメイン・テーマ。当時大概聴いたけどひっさしぶりに聴いたらやっぱめっちゃ感動的なええ曲やわこれ…。16の頃思い出すなあ…(ええ思い出ないねんけどwww)

A3. Love Sweet Love
こっからいよいよNYフュージョン・オールスターズの登場です!
ファンキーなミドル・テンポのナンバー。デイブ・ヴァレンティンの軽やかなフルート・ソロに続きラリー・コリエルのギター・ソロ、デヴィッド・サンボーンのアルトサックス・ソロと続きます。ベース(たぶんアンソニー・ジャクソン?)が生み出すグルーヴ感が結構ミソかも。

A4. Bedroom
チック・コリアのシンセ・ソロ・ナンバー。(多重録音はしてるけど)まあフュージョンというよりかはシンセ・ミュージックですな。聴いてた当時はトバしてました(笑)今聴いてもアドリブもないし、なにもチックやなくても、という気がするなあ~。

A5. Sweet Truth
こりゃかっちょいい!ノリノリの16ビート・ナンバー。ベースはどうやらツイン・ベースみたい。ペキペキとスラップやってる方はT.M.スティーヴンスでしょう。ソロはジョージ・ヤングのテナー、シンセ(ウォーレン・バーンハートかなあ?)、渡辺香津美のギター、デイブ・ヴァレンティンのフルートをフィーチャリング。ここでやっと登場した香津美のソロ(ちょっと変わったトーン使ってる)が短いながらほんまスゴい!!しょっぱなからイカすフレーズの連発ですわ!格好良さではジェフ・ベックの「スキャッター・ブレイン」を彷彿させます!
ちなみにこれは映画でもディスコのシーンでテナー・ソロのところが使われてました。

B1. You Are Love
メイン・テーマのオーケストラ・ヴァージョン。これは劇中でも感傷的なシーンに頻繁に使われたかな。
ちょっとピアノ・コンチェルト風になってるのがなかなかええ感じ。もしかしてピアノ弾いてるのハネケンなんかなあ?

B2. MM-88
映画の裏主人公、ともいえる殺人ウイルスの名前をタイトルにしたナンバーだけあってかなり不気味でダークな感じになっております。香津美がディレイ、ワウを駆使しオブリガード、ソロとかなりハード&アグレッシヴに弾き倒していて超かっこいい!ジョン・ファディスのトランペットとサンボーンのソロもフィーチャーされてんやけどやっぱこういう凶悪な曲調ではディストーション・ギターには敵わんよね(笑)
この曲当時かなり好きやったハズなんやけど、聴いてみてビックリ!
テーマ部がかのMAGMAの代表曲「メカニック・ディストラクティヴ・コマンドー(いわゆるMDKね)」にクリソツなんですよ!!なんでMDK初めて聴いた時に気がつかんかったんやろう!?

B3. Marit
曲調だけでいうと「TO CHI KA」の収録の「Don't Be Silly」によう似た感じ。なので(?)香津美のギターはもちろんたっぷり。(←こじつけですがww)あとジョージ・ヤングのテナーとシンセ・ソロ(これまたウォーレン・バーンハート?)がフィーチャーされてます。

B4. Struggle Is My Name
これもダークな曲調。フルートリフ→ギターのオブリガードというコール&レスポンスの繰り返しの後シンセ・ソロ、ギター・ソロと続く。ここでもかなり香津美は弾き捲ってます!くどいようだがすごいっす!!なにげにアンソニー・ジャクソン(やろなあ)のベースもGJだったりする。

B5. All To You
ラストはまたジャニス・イアンが歌うヴォーカル・ナンバー。悪くはないけど「You Are Love」のあとではちと分が悪いか…?グルーヴィーなベースラインについつい耳が行きます。

とまあこんな感じで、フュージョン・アルバムとして聴けばかなりの傑作ではないでしょうか。特にギター・フュージョン・ファンなら必聴でしょうなあ~。
ただ、各プレイヤーのソロ・プレイはさすがに聴きごたえあるんやけど、肝心の曲自体の魅力はやや弱いかな…?
そのあたりが実際の映画に使われなかった理由なんかも知れませんねえ。

ところでこの「復活の日」にはこのアルバムだけやなしにオールスターズ・アウトテイク(「All To You」のインスト・ヴァージョンもある)を収めた「復活の日の印象」とオーケストラ・アウトテイクを収めた「交響組曲 : 復活の日」という2枚のサントラが存在しています。
今回は残念ながらCD化とはならんかったようですが、この2枚もいつの日かCD化されるんでしょうかねえ?
どちらも内容悪くないんやけどなあ~(でもさすがに需要は少なそう…)
また私製CD化してネタにすっかなあ~。

(文中一部敬称略)
スポンサーサイト
別窓 | 買うてもうた | コメント:0 | トラックバック:0
2011-01-30 Sun 21:06 ∧top | under∨

文字通りの「復活の日」!!・・・なれそめ編

2011年1月19日、ついに!!

音楽好きとしての私の"原点"といえるアルバムが初のCD化となりました!!


復活の日復活の日
(2011/01/19)
オリジナルサウンドトラック

商品詳細を見る


1980年公開の角川映画、「復活の日」のサントラでござります!!

公開時ちょうど私は高1やったんですが、公開初日学校サボって見に行ったくらいこの映画の公開を楽しみにしとったんですよ。ただ期待値高かっただけに「あれ?こんなはずでは…」と思ったりはしてました(笑)
でもまあそこまでハマってた映画なのでもちろんサントラも購入。もちろん特に音楽が目的で買ったわけじゃなくあくまで映画の「グッズ」として購入したわけですが…。

何度か聴いてるうちに音楽そのものにもかな~りハマっていってる…?

そもそもこのアルバム、参加メンツがか~なりとんでもないのですよ!!

サックス : ディヴィッド・サンボーン、リー・コニッツ、ジョージ・ヤング
フルート : デイブ・ヴァレンティン
トランペット : ジョン・ファディス
キーボード : チック・コリア、ウォーレン・バーンハート
ギター : 渡辺香津美、ラリー・コリエル、スティーヴ・カーン
ベース : アンソニー・ジャクソン、T.M.スティーヴンス、ロン・カーター
ドラムス : スティーヴ・ガッド
ストリングス : ミハウ・ウルバニャク& I LOVE NEW YORK STRINGS SECTION

どないやねんこれ!まさに当時のフュージョン界オールスター戦ですやん。

とはいえ当時の私は全くの音楽ド素人。メンツのスゴさなど全くわからんかったのですが、それでもやはり音楽には惹かれるものがあったというわけですね。
そんなわけで、「うーむ、自分はこういう音楽が好きなんか」と思いこのアルバムの参加メンバーのアルバムなど一枚買ってみようかと思い立ちました。
とはいえ音楽のどういうとこが気に入ったのかもはっきりわからん始末なので(鳴ってる楽器がなんというのかすらわからん)やはりそこは日本人の判官びいき、というわけでギターの渡辺香津美さんのアルバムに手を出してみたわけですな。
それが日本フュージョンの大傑作「KYLYN」やったわけです。

それにより自分のエレキ・ギター好きが目覚め、以降「TO CHI KA」「頭狂奸児唐眼(Talk You All Tight)」と聴き進み、ギター・オリエンテッドなフュージョンの虜となっていくわけでありました。

そんなわけでこのサントラがなかったら、いまこのブログはなかった!と断言してもええやろうなあ~。というところで今回は締めまして、次回はアルバム本編の内容などぐだぐだ書き連ねてみたいと思います。
20数年ぶりに聴いてるんですが、やっぱこれ内容もええんですよ…。



別窓 | 買うてもうた | コメント:2 | トラックバック:0
2011-01-28 Fri 23:35 ∧top | under∨

フレディおもろすぎるぞ

わたしゃあんまりTVを見ない人種なのですが、そんな私がとりあえずかかさず見てるのが「探偵ナイトスクープ」なんですな。(やっぱ根っからの関西人やなあ…)

で、先週分の放送の録画見終わりますると見覚えのあるおっちゃんのダンスが。

おやっ、フレディ・マーキュリーやないかい。

ところがですよ。そのフレディがあろうことか「カップヌードル」を連呼しとんですよ(笑)
それだけやなくて終止日本語で歌っとんです(笑)

こりゃ傑作やと思ってYouTube見てみたら当然のごとくアップされとりました。



それにしてもこれ、どうやってんやろう…?音声はうまいことフレディの肉声から合成してんのかなあ~?
それとも誰か声色マネしてんねやろか!?やとしたら声も歌い方もスゴすぎるー!

あと口の動きもバッチリ合ってるし、空耳日本語もほんまうまいこと当ててるわ~!
「わし買~うもん買~うもん」やら「他のじゃやだもん好きだもん」やら、だだっ子口調なフレディが可愛すぎる(爆)
そんなやのにかっこ良く見えるフレディはやっぱスゴいシンガーやったんやなあ(笑)
別窓 | 小ネタ(ギリシャ以外) | コメント:4 | トラックバック:0
2011-01-17 Mon 23:15 ∧top | under∨

かっちょいいのみ~っけ!

去年の暮れ、自分への年末調整(笑)に日本橋中古CD漁りツアーを決行しておりまして。

成果はなかなかのもので、ゲイリー・ハズバンドの出たばっかのソロ国内盤(ゲストはスゴいが中身はイマイチらしいけど…)とか、ハンガリーのコルモランの狼ジャケのヤツとかイタリアン・ロックの名作、ラッテ・エ・ミエーレの「受難劇」の紙ジャケとかバンドでやることになったんでアルバム買おうと思っていたU2の「ヨシュア・トゥリー」とかあれやこれや釣り上げました(笑)

でまあ締めに大型店に新譜チェックに行きまして、ジャズのフロアをふらふらしとったんですね。

そしたら耳に入って来たのがサンバのリズムに乗ったかっちょいいフリューゲル・ホーンのアドリブ!!

お、おおう!これはっっ!!と思って「Now Playing」のディスクを確認しましたらば…

これでした!

You and the Night and the MusicYou and the Night and the Music
(2010/12/20)
Bobby Shew & His West Coast Friends、バド・シャンク(as、fl) 他

商品詳細を見る


ボビー・シュー!?聞いたことないなあ(汗)
でも音がええんやから何の躊躇もなくレジに持っていきましたよ(爆)

そもそもリリースは1981年だそうで。
まだその頃は音楽には全然興味なかったなあ(笑)

編成はボビー・シューのフリューゲル・ホーン&トランペットに、アルト・サックス&フルートのバド・シャンク(この人がまたええ仕事しとる)の2管にピアノ・ベース・ドラムのクインテット。

お目当てのサンバ・ナンバー「Samba de Nina」はやっぱり抜群にかっちょいいわ~。もちろん他の曲も悪くないんやけどね。3曲目の「Can't Stop the Cryin'」ちゅう「I Remember Cliford」に似た感じのスロー・バラードなんかかなり泣かせるええ曲です。
そんなわけでこの盤も暮れから結構よく聴いております。

それにしてもこういうサンバ・リズムはほんとかっちょいい曲多いんですよね~。パット・メセニー・グループの「Lone Jack(たわむれ)」だとか、有名なチック・コリアの「スペイン」だとか、マニアックなとこではスペインのジャズ・ロック・バンドICEBERGの「Cantics de la Carn」もアル・ディ・メオラばりのギター弾きまくりが超絶にかっちょいいんですよね~。そうそうかのマンドリン・マエストロ、ディヴィッド・グリスマンの音楽であるドーグにも「Burkley's Bug」っちゅう超名曲ありますし。
こんどiTunesでこんなんばっか集めたプレイリストつくろっかな~。
別窓 | 買うてもうた | コメント:0 | トラックバック:0
2011-01-16 Sun 21:13 ∧top | under∨

冬でも聴けるギリシャ音楽(笑)

早いもので元旦からはや一週間…今年も案の定あっちゅう間に終わりそうですね(泣)

今日のネタは去年の暮れに買ってあったabsent without leaveの最新アルバム「Faded Photograph」

faded.jpg

ジャケット写真はなんと一枚一枚ポラロイド写真を貼付けてるので同じものがないというジャケ買い野郎泣かせの仕様なのです(笑)

実はこのabsent without leave、ギリシャ発のポスト・ロック/エレクトロニカ・ユニットなんですよー。
まあほとんどGeorge Mastrokostas(ギリシャ風にいうとヨルゴス・マストロコスタスですね)のソロ・プロジェクトって感じで、他にport-royalとかEpic45やらのメンバーを曲によって加えて、ってやっとるみたいですね。

そんなわけで冬でも聴けるギリシャ音楽~♪(笑)てな感じで何回か聴いてみたんですが、まあ悪くはないんやけど思ってた程ではなかった…というような印象やったんですが。
天気のよかった正月休み最終日の夕方に家で流してたら…

おりょ?

ええんちゃうん!?

そーなんです、シチュエーションを結構選ぶタイプの音楽やったんですね~。

ゆったりした暖かみのあるギターのアルペジオや素朴なメロディカ(鍵盤ハーモニカ)etc.によるなんともメランコリックな曲が、寒い冬の夕暮れ時にしっくりハマるんですよ。
個人的なベストトラックはmyspaceでも公開されてる「Baloons in the Sky」かな~。
寒々とした曲調の中、徐々に楽器が重なり合ってくるのがなかなかドラマチック。
アルバムラストの「Above the Trees」も一日の終わり、日の暮れる瞬間がぴったり合いそうな今日も一日お疲れさんテイスト(なんちゅう表現www)に溢れた好曲です。アルペジオの雰囲気はかのスーパー・ギタリスト、小川銀次さんの超名曲「船出」に似てるなあ~とも感じたり。ちなみにこっちもmyspaceで聴けます!でもこんな名曲はちゃんと買って聴きましょう!!www



別窓 | 小ネタ(ギリシャ) | コメント:2 | トラックバック:0
2011-01-08 Sat 23:54 ∧top | under∨

ただいまのデスクトップピクチャ

先日ネタにした「Tensi Love」、ほんまよろしいわ~♪

そもそもゴ・ジフちゃんの可愛さに惹かれて買うたものの、内容もよかったんでどうやら今年も「ジャケ買いの神」は私についてくれているようです(笑)

で、ジフちゃん画像をいろいろケンサクしてたんですが、このコ、ヤマハのギターの宣伝モデルやっとったんですね。
その画像見つけたんですが、こいつがまたド級に可愛い!!

Tensi+Love+RGX_A2.jpg

しばらくトップに置いときたいくらい(爆)

…ちなみにパソコンのデスクトップは即この画像にしたけどね(笑)
別窓 | 小ネタ(ギリシャ以外) | コメント:4 | トラックバック:0
2011-01-06 Thu 23:09 ∧top | under∨

新春早々!天使に恋しちゃいました♪

早いもので三ヶ日も今日で終わり、そして正月休みも明日でついに終わりっす。
なんかわかってたことやけど、早かったなあ~(泣)
まあいうてる間にGWが来て盆休みが過ぎて次の正月休みになるんでしょうけど(苦笑)

さてさて、昨日のことですが、自分へのお年玉買いに行って来ました。もちCDです(爆)

まあ例によって3枚ほど買いまして、さあ帰ろか、と試聴機の横を通りがかったら目についたピンクっぽいジャケのアルバム。
女子高生らしき女のコがサンバースト・カラーのストラトキャスターを手にしたジャケやったんですが、まあその女のコがえらい可愛い可愛い(爆)
まあしかしそれだけではさすがにまだ景気回復もままならない昨今、買おう!とまではいきません。
せっかく試聴機に入ってたんやから、と聴いてみたら、まあ悪くない。というか結構ええかも!
てなわけで結局購入。まあ半分はジャケ買いといえますけど(笑)

それがこのアルバムです。


Cake HouseCake House
(2010/11/23)
TENSI LOVE

商品詳細を見る


韓国のエレクトロ・ユニット「Tensi Love」でした。

ヴォーカルの女のコ、ゴ・ジフっていうんですか。家帰っていろいろケンサクしてたんですが、やっぱやたら可愛いです!
でも実際歌の方はそれほどアイドル声って感じでもないですね。見た目よりかは大人っぽい感じ。

タイトル曲がヴォーカルにオートチューン(うにょーん、ってするやつね)使ったりしてて王道エレクトロ・ポップな曲なんですが、実はアルバム的にはこっちが異色、といえるくらいメロディアスで情緒溢れる曲が詰まっててこれは嬉しい誤算でした。
まあベースは4つ打ちテクノ・ポップなんですが、曲によってはフュージョン/AORっぽい雰囲気もあったり、ピアノとうっすらシンセだけをバックにしたしっとりソングもあったり、アブストラクトなドラムン・ベースやら、スローでドリーミーなインストもあったりして単なる売れ線路線ではないのが気に入りました!

そしてなによりもジフちゃんの可愛さと美脚がもう!!(爆)
なんか11月に大阪でもインストアイベントと握手会(!!)があったらしいやないですか~!
ナマでこの美貌拝みたかったぞ~(泣)

まあそんなこんなで曲にも見た目にも見事撃墜された私は今日このアルバムひたすらローテーション中です♪

とりあえずいっちゃんフュージョン/AORっぽい「My Time」のクリップ。




別窓 | こんなん聴いたよ | コメント:2 | トラックバック:0
2011-01-03 Mon 19:20 ∧top | under∨

Καλη Χρονια!

alkaios03.jpg

あけましておめでとうございます!
本年もよろしくお願い致します。


それにしてもこのヨルゴス・アルケーオスのジャケ画像、何回使うねーん!(笑)
こうなったらもう毎年使うことにします(爆)

年末ちょっとパッとせん天気でしたが、今日の元旦は晴天でしたね~。こりゃ幸先ええんかしらん。

さて今年の自分の目標は…
去年ギターとヴァイオリンを弾く機会に結構恵まれてまして、やはり自分にとってはギターはルーツであり、ヴァイオリンはメイン、といえる楽器だと再認識した次第なので、この二種をもう少しまともに弾けるよう精進したいとこであります。
やっぱスケール練習とか基本練習すっとばしてたら上手くなりませんよね(笑)
別窓 | 音楽やないけども | コメント:2 | トラックバック:0
2011-01-01 Sat 23:32 ∧top | under∨
| www.ナゴヤハロー(裏) The小ネタ集 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。