スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
-------- -- --:-- ∧top | under∨

イタロフェス春の陣 最終日その2~イ・プー~

続いてはイ・プー篇!
こーゆーのは余韻がまだ大きいうちに書いとかんと!

ロカンダ・デッレ・ファーテ終了後休憩30分。
とりあえず念のためもっかいトイレ行っとくか、とロビーに出たら…

人だらけで全く身動きとれない(爆)
もうすっごい行列で、どない考えても30分内に行けそうにもないのであきらめました。
(ここでロカンダ少し見逃してでもトイレ行っといたのが効きました)

さてここでイ・プーについて。

正直なとこイ・プー、それほど好きなバンドではなかったです。
プログレのフィールドでは一番有名な「パルシファル」を買ったのは'86年10月でした。
(調べてわかったんやけどこん時一緒に買ったのがなんと来日中止になったフォルムラ・トレの「夢のまた夢」やった!すでにこの時からフェスで共演する運命の萌芽が…んなワケないw)

その頃はもうプログレにどっぷりでねえ。
そんな私にプーの音楽はどうにも甘ったるくて。タイトル曲こそまあまあ好きやったんですが、他はどうもピンとこないまま20年くらい後、イ・プー作品がどっと紙ジャケリリースされまして、こん時に再チャレンジや!と思って買ったのがこれまた名盤の誉高き「ロマン組曲」でした。
しかしこれもどうも性に合わず…いや悪くはないんやけどなんかちゃうなあ、って感じで。
それ以降は見限ってしまっていたところに入って来たイタロフェス参加のニュース!!

正直ぶっちゃけていいですか?

「え~、イ・プーかあ…

と思ってしまいました(汗)
いやだってほんま合わんかったんですもん。
まあでもロカンダとフォルムラ・トレ見れるし、ということで最終日のチケットとったわけですわ。

そんな感じでぶっちゃけプーは"ついで"やったということをカミングアウト致します(爆)

でもまあやはりフェス直前になるとライヴがっつり楽しみたいわけですから「パルシファル」「ロマン組曲」以外にも予習しときたいなあ、というわけで前日(!)に「ミラノの映像」「ロマンの誕生」「プーラヴァー」「ブーメラン」の4枚買ってきまして。(ドロナワ過ぎるwww)

そんな感じで、それほど積極的でもなく臨んだプーのライヴでしたが…。


すんません、私が悪うございました!直ちに宗旨替えして信者になります!!
数々の暴言、ヒラにご容赦を!

といわざるを得ん、すっさまじくスゴい(←日本語おかしい)ライヴでした!!

もう幕が開いて出だしから「こら違う!」というオーラ出まくりで。
序盤ギターソロから全員入ってくるところで一気にガツーン!と持っていかれました。

なんじゃこの音圧!!かっこよさ!!
もちろん知らん曲ですよ!?
それでここまでプー否定派(とまではいかんけど…)の私を虜にするとは…。

続く2曲目(これも知らん曲)では早くも目頭に熱いものが…たまらず溢れたそれはまさに改心の証。
もうこうなったら知ってる曲とか知らん曲とか関係ないですわ。
とはいえやっぱ知ってる曲が出てくると嬉しいもので…「パルシファル」からの「Infiniti Noi」は嬉しかったー。
そしてこんなええ曲やったのかと再認識もできたし。

終盤には誰もが待っていたやろう「パルシファル」が…。
もうPart 2でのドディのギターが素晴らしかった!故ゲイリー・ムーアが降りて来たかのような凄まじい泣きのギターがもうね。。。
それにしてもドディがあんなにええギタリストやったとは…。リズム、リード共に文句付けようがなかった。
というかバンド自体のポテンシャルがスゴ過ぎる!

なんというか個人個人の技量でいったらもっとテクニシャンはいっぱいおるんやけど、バンドとして演奏した時のアンサンブル能力がもう異常レベル。まとまり方がハンパなさすぎる!
そして煽り方といいアクションといいステージングのうまいことうまいこと!どの動きもかっこよくにしか見えへん。
結成40年という年期はほんま伊達やないっす。しかも休止やメンバーチェンジほとんどないしね。
常に最前線を突っ走って来たらバンドはここまで進化するんや、というええ見本でした。そういう意味ではイ・プーこそプログレッシヴ中のプログレッシヴ・バンドといえるかも。

あと特筆したいのは音の良さね。
ロカンダとこでも書いたように私の席はスピーカー前やったんですが、それでもすごくいいバランスで音が聴こえた。しかも出音すげーでかかったんやけど、各楽器がつぶれずはっきり聴き取れたしね。
これもホールというよりバンド側での絶妙な音響セッティングによるもんなんでしょうなあ。ここもスゴいと思ったポイントのひとつ。

まーとにかく完璧なライヴでしたよ。今年のベスト・アクトは2月のユニヴェル・ゼロでしたが早くも更新です!
そしてかわいそうなのは最初に出て来たロカンダ・デッレ・ファーテ。
あんな素晴らしいライヴやってくれたのに即上書きされてもうたという(笑)
それでもやっぱりイタリアのバンドにしてみたらイ・プーの前座なんてすっげえ名誉なことなんでしょうなあ。

あえて苦言を呈するとすれば…若干昔の曲(プログレ期)の方が最近の曲より完成度低かったかな…?
ま、これは演奏力云々やなくてオーケストラのパートがシンセやったことに対する違和感だと思います。あと最近の曲がもともと完成度高いってのもあるんかも。

それにしてもほんまロックバンドはライヴ見てこそ、ですね!
今回イ・プーのライヴ見てなかったら一生自分には合わんバンド、という認識で終わったかもです。

イ・プーのファン暦まだ2日目(笑)ですが、ライヴを体験できたというのはほんまよかったです。
これからアルバムも揃えていかなければ(笑)
あ、ライヴ終了後は全く買うつもりなかった2011年のライヴDVD-BOX 9000円也、を当然のように手にしておりました(爆)

スポンサーサイト
別窓 | Foreverプログレ | コメント:0 | トラックバック:0
2012-04-30 Mon 23:08 ∧top | under∨

イタロフェス春の陣 最終日その1~ロカンダ・デッレ・ファーテ~

昨日待ちに待ったイタリアン・プログレッシヴ・ロック・フェスティヴァル春の陣の最終日行って来ました!!

去年11月の秋の陣では行けなくて悔しい思いをしたりしたものでしたが(過去記事)今回は無事チケットも当選してずっと楽しみにしとったわけです。
ただ残念やったんは個人的には一番の目玉やったフォルムラ・トレ(が演奏するIL VOLOナンバーwww)が来日中止になってもうたんですね。まあしょうがない事情とはいえやはり一番聴きたかったわけで少しばかりテンションは下がり気味になってもうたという。

まあそれでもあの伝説のロカンダ・デッレ・ファーテも来るわけで、やはり間近に迫るとワクワクしてしょうがないわけです(笑)

でまずはそのロカンダの感想など…。

実はこの日は交通費ケチって前日から夜行バスで移動しましてかなり早く東京入りはしとったわけですが、油断していました…。
今回のフェス、17:30開演やというのに私すっかり18:00開演と思い込んでたんですわ。(たぶん前日とごっちゃに覚えてたのかと)
で余裕持ったつもりで17:30過ぎに会場に行ってみると…

あら?ガラガラやん?みんなもっと間際に来よるんかしらん?
などと思いつつ誰もいない物販コーナーでなんやかんやと見とったわけです。
するとホールの方からロカンダの曲が流れてくるではありませんか。

しかしここでも私全く気づかず、え~客入れのBGMでいまから出るバンドのレコード流すか!?なんて思ってたという(アホですな笑)
かといってこんな時間にリハやってるわけもないし…。

と、とりあえずホールのぞいてみたら。

お客さんぎっしり。
ステージにはミュージシャン。

え!?もうはじまってる!?

とまあここで初めて気がついた私であります(やっぱアホですな笑)

即入りたかったとこですがとりあえずトイレがまんしてたのでまずそっちを済ませて、慌ててホールへ。
今回結構前の方やったんですが番号が大きかったのでもしかして端っこ?と思ってたんですが…案の定端っこ。
もう目の前スピーカー(笑)

とまあそんなわけでせっかくのロカンダ・デッレ・ファーテ奇跡の来日公演、序盤を見逃すハメになったわけですが…。
いや演奏力ハンパなかった!アルバム「妖精」の完全再現が今回のウリでしたが、ほんま再現度スゴかった!
そらレコードと勘違いするわけですよ(爆)
特にベースの安定感と、アルバム通りキレのいいドラムが素晴らしかったなあ。
それよりなによりヴォーカルの巨漢レオナルドおじさん。
レコードとほんまおんなじ声!いや、そら本人やから当たり前なんやろうけど、30年前と変わらんちゅうのは再現やる上ではかなりのアドバンテージですよ。やっぱ音色ってのも刷り込まれる要素ですしね。
音色といえばアルバムでは使用されてたフルートが昨日はキーボードで代用されてたんですが、サンプリング?なんかようわかりませんが、あのフルート独特の息を吹き込む感じとか結構リアルにシミュレートされてたなあ。あんま違和感なかったです。

で、アルバム完全再現までラスト一曲、というところで先日リリースした新作からの新曲を。
これ、結構いい曲なんですよね。
なんかFINCHがCAMELの曲やってるような雰囲気が結構ツボってます。

そしてラストはもちろんアルバム「妖精」ラスト曲である「Vendesi saggezza」で締め。
最後はスタンディング・オヴェーションでした!
勿論私も大感激!序盤見れんかったことによるがっかり感も一瞬忘れたくらい(笑)

部分的にはちょっとしたミスもあったように思いましたが全体的にはやはり素晴らしかったと言わざるを得んでしょう。
イタリアン・プログレ最後の輝き、などとも言われている名盤「妖精」(原題よりこっちの方が馴染んでるのでw)の空気をまさに完全再現してたと思います!!

もしかしてシングル「New York」なんかも演ったりすんのかな?と思ったりもしましたがそれはさすがになかった(笑)

しかしライヴが終わってみると、素晴らし過ぎて逆に序盤(特に1曲目!)を聴き逃したのがほんまに悔しくなってきました…自分のミスですからね~もう責める責める(爆)

そんな悔恨をヨソに次は今回のフェスの超ヘッドライナー、イ・プーが出番を待っているのだ!!
(イ・プー篇につづく)


別窓 | Foreverプログレ | コメント:0 | トラックバック:0
2012-04-30 Mon 19:17 ∧top | under∨

巨星ミトロパノス墜つ

先日17日、ギリシャのベテランシンガーであるディミトリス・ミトロパノスが心臓発作のため亡くなってしまいました…

それほど作品を聴き込んだアーティストではないんですが、オンリーワンのその声ででギリシャにトリップさせてくれる貴重なアーティストでした。(個人的には「Voice of Greece」のひとりであります)

そんなわけで今日はミトロパノスが2009年にイロド・アティコス音楽堂(アクロポリスふもとの、有名なあそこね)で行ったライヴを収録したDVDを見ておりました。

dimitris_live.jpg

ほんと派手な場所でやってるのにミトロパノス自身は過度な演出もなくひたすら歌うだけ、ってのがまたイカす!
職人魂ってやつやね!
途中一曲だけ若手シンガーがゲストで出てくるんやけど、もう緊張してんのがまるわかりで、改めてミトロパノスの偉大さを感じてしまった。

でもほんままだ64歳なんて若いよなあ…。もっと素晴らしい歌をようけ残して欲しかったです。

最後に、去年6月リリースの、結局スタジオ盤としては遺作になってしまった「ΕΔΩ ΕΙΜΑΣΤΕ(エド・イマステ)」より「ΟΤΑΝ ΕΧΩ ΕΣΕΝΑ(オタン・エホ・エセナ)」のクリップを…。
(作曲はスタマティス・クラウナキスだけあってしっとりした大人ないい曲なんですが、クリップはえらい可愛らしいアニメになってる…がこれがまた味があってなかなかいいのだ。)


別窓 | 小ネタ(ギリシャ) | コメント:2 | トラックバック:0
2012-04-22 Sun 23:16 ∧top | under∨

PVも曲も秀逸!ハンサムケンヤ「これくらいで歌う」

先日ネットの海をうろうろしてまして一件の動画を見つけまして。

一回見て見事にハマってしまいましたー。

ハンサムケンヤさんっていうシンガーソングライターの曲で「これくらいで歌う」。



曲の良さもさることながらこのPVのよう出来てること!
楽しい上にストーリーもしっかりしていて、何度でも見たくなる極上のショートフィルムとしても楽しめる逸品でした。

なんというか歌詞にしても歌い方にしても、飾ってないというかかっこつけてないのが個人的には高ポイントでした。
J-POPの何がキライやいうて、なんちゅうてもええかっこしすぎというか。
あんたら実際歌ってる歌詞、日常会話でつことるんか!?
なんで自分の言葉使わへんねん!!
という感じで聴いててもイラッとくるだけなんでスルーしとるわけです。

はっきりいって今、日本で"歌詞"を聴けるシンガーソングライターは私の友人のK氏(もちアマチュア)しかいません。(昔の中島みゆきは聴けたけど…)

そんな私ですが、ハンサムケンヤさん(この名前のインパクトもスゴかった!)のこの曲は入ってきましたよ!
まあ映像の力もあるっちゃあるんでしょうが、「これくらい」とあえて無理しないことをアピールしてんのに何故か前向きになってしまう不思議な魅力のある曲なんですな~。
もちろんすぐ耳に馴染むキャッチーなメロと高揚感を煽るアレンジの素晴らしさも特筆したいポイントです!

まあそんなこんなですっかり気に入ってしまって、CDも即ポチッといってしまいました(笑)


これくらいで歌うこれくらいで歌う
(2011/05/18)
ハンサムケンヤ

商品詳細を見る


ほんまみんな猫も杓子もかっこつけとらんと「これくらい」で歌ったらええのにね(爆)
別窓 | こんなん聴いたよ | コメント:0 | トラックバック:0
2012-04-05 Thu 23:09 ∧top | under∨
| www.ナゴヤハロー(裏) The小ネタ集 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。