スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
-------- -- --:-- ∧top | under∨

月の砂漠にロンググッドバイ

超久々のブログ更新。
つか久しぶりすぎてタグの使い方も忘れてます(笑)

まあなんで突然かというと、近年よる年波で記憶力がほんま落ちてきましてね…💦
なんか楽しいことあっても結構時間経つと感動が薄れちゃったりするわけですよ。
なのでせめてリアルタイムで文章だけでも残しとこか、と思った次第。

でまあ、そこまで感動したのが、🐫キャメル🐫のMoonmadness Tour2018日本公演なのでありましたー!

私が行ったのは公演3日目、5月19日でした。
とりあえず川崎到着後、ライヴ前に観ようと思っていたGODZILLAのチケット買った後空いてたら先買っとこ、と先行物販のぞいて見たら…

ガラガラでした(笑)
しゃーないのでTシャツ二種とチッタ名物割高パンフ買ってやりましたよ(何様w)
ちなみに今回の物販。
キャメル物販

ムーンマッドネスT、ライヴ直前に気づいたんやけど、これアンディが実際'76当時着てたやつの復刻版やったということを知り俄然欲しくなったという(笑)
201805222241582e9.jpeg

ライヴ前に映画館のトイレでこのTシャツに着替えて、いよいよ開演です!(≧∀≦)

第1部のムーンマッドネス完全再現。
前回見たときより、よりバンドの一体感強くなってへん?と思うくらいまとまりが良かった!
途中MCも挟まず進行したんも完全再現ぽくていい演出やったかと(^^)
体感時間30分くらいのあっという間の第1部でしたわ(^◇^;)

第2部は割と活動再開後のアルバムからの曲が多めやった感じ。
個人的には前回やらんかったRajazからの曲が嬉しかったなあ。
特に「Sahara」。これ、アンディのいろんなスタイルのギターがたっぷり聴けるギター好きにはかなりたまらん曲なんですよ!前半のジャズ・ギターパートではちゃんと親指で弾くオクターブ奏法を見せてくれるし、後半の怒涛の泣きパート、7拍子のアラビアンパートと、砂漠を冠したタイトルとはうらはらに多彩なギターがほんまたまりませんでしたね。

そしてライヴの締めは前回同様のロング・グッドバイ。
これはあきません…完璧や…やっぱキャメルめっちゃ好きですわ私。

アンディのギター、ちょっと所々ミスタッチ?というようなとこもあったけど、そんなもんチャラにしてお釣りになるトーンの素晴らしさ。あの音でなんの感動もせんような人とは友達になりたないです(笑)
そんなアンディを差し置いて今回MVPを進呈したいのはなんといってもキーボードのピート・ジョーンズ。
前回もかなりの才人っぷりでしたが、前回感じた音色セレクトのセンスはそのままに、さらにバンドとの親和性を増してキーボードのみならずサックス、リードヴォーカルまでとる八面六臂の大活躍プレイは今後のキャメルのキーパーソンといわざるを得ないものでした。
そうそう、一曲新曲があって。ポジティブな曲調でしたがキャメルやなあと思わせるクオリティに新譜を期待してしまいます…!

まあなんしか次は私のいっちゃん好きな「Raindances(雨のシルエット)ツアー」やな!!
多分ピートのサックスパート多かったんもこのツアーの布石やと絶対思う!!(笑)


スポンサーサイト
別窓 | Foreverプログレ | コメント:0 | トラックバック:0
2018-05-22 Tue 21:50 ∧top | under∨
| www.ナゴヤハロー(裏) The小ネタ集 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。