スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
-------- -- --:-- ∧top | under∨

5年ぶりの乗馬でやっぱり落馬

むかーしは私ほんまに楽器ヲタクなとこがあって、必要もないのに楽器をよく衝動買い(笑)してましてん。
まあ自分のバンドやり出してからはさすがに必要性重視で買い集めて(やっぱり買うんかい)ましたが、ときどき昔の悪いクセが出てしまって必要のない楽器を買ったりしてたんですが、そういう楽器のひとつにモンゴルの馬頭琴があります。
でももともと「草原のチェロ」ともいわれるこの楽器の音色はすごく好きで、機会があればやってみたいなー、とは思っとったんです。
私がインターネットをはじめたのは'01年でしたが、案の定ハマってしまって(笑)ネットオークションなんかにも手を出し、それで入手したわけです。

が、しかし買ったはええもんの、演奏法がわからない(泣)ところがこれがよくしたもんでちょうどその頃日本語の教則本が出たんですよ!その上近くに馬頭琴教室もできたりしたんですよ!(でも近くとはいえ電車で行くと無駄に大回りしてしまって30分以上かかってしまう。車で行けば5分ほどのとこやというのに…)
そんなこんなで通い出したんですが、これが実に難しい楽器で。まず右手のボウイング(弓使い)。
同じ擦弦楽器のヴァイオリンやってるからって簡単に応用できんのです。
しかも弦を押さえる左手。これが通常の弦楽器とは全くちゃうんですわ。普通弦を押さえるゆうたら指の"腹"を使うんですが、この馬頭琴というやつは指の"甲"、つまり爪側で押さえるんですな。
これがなかなか慣れないんですわ。
で、レッスンは平日なもんですからフツーのサラリーマンやってたら行けない日もあったり、なかなか音階すら弾けるようにもならんしで結局そのままフェイドアウトしてもうたわけです。

それからちょうど5年。
先日の「神戸国際交流フェア2007」に出演されていて、一緒に記念撮影(笑)もしてもらった美人馬頭琴奏者の方が、馬頭琴を教えてはるということやったんで今日また神戸まで見学に行って来ました。(やっと本題…)

まあ見学とはいえ、一応先生の楽器を貸してもらって弾いてみました。

…やっぱムズいわ(笑)

わざとヘタなふりして先生に手取り足取りしてもらおうと思ってたけど(アホや…)、ほんまにヘタすぎて余裕なくなってそんな煩悩すっとんでまいました(爆)

ただ収穫やったんは一時間のレッスン時間中ほとんど楽器弾いてたんですが、身体の痛みがほとんどなかった!!
まあ今日はあったかかかったのもあるかも知れんけど、馬頭琴くらいまでなら身体に支障ないちゅうのがわかったのは嬉しいなっと♪これくらいならぼちぼちパーマネントな音楽活動再開できるかも。(ただヴァイオリンやハーディーガーディーはまだちょっとコワイけど)

身体の状態にもよるけども来月から通おかな~?

my_morin.jpg
一応わたしの愛馬♪

スポンサーサイト

別窓 | 楽器とか音楽活動とか | コメント:2 | トラックバック:0
2007-04-08 Sun 21:21 ∧top | under∨
<<春の訪れと共にギリシャ新譜情報《お姉ちゃん編》 | www.ナゴヤハロー(裏) The小ネタ集 | 明日には立ち直る!?>>

この記事のコメント

爪側で押さえる?!えーっ、どんなんでしょう。難しそう!
爪が弱い私には無理だぁ。ぼろぼろになりそうです。
お体無理されないよう、お大事に・・・。
2007-04-09 Mon 00:40 | URL | risa #-[ 内容変更]
>risaさん
まあ爪といっても弦高が2cmくらい(これもまあ、えーーっ!?ですが…)あるんで実際は爪の生え際の肉んとこですね…。
ギリシャはクレタ島のリラ(まあ胡弓みたいなもん)はまさに爪を使うみたいですが。ちょっとだけ弾いたことありますが、これに較べたら馬頭琴の方が簡単かも(笑)
2007-04-09 Mon 21:14 | URL | ナゴヤハロー #-[ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| www.ナゴヤハロー(裏) The小ネタ集 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。