スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
-------- -- --:-- ∧top | under∨

わーくしょっぷ&こんさーと終了~!

4月13~15日まで東京はロバハウスさんで開催されたマティアス・ロイブナーさんのハーディーガーディー・ワークショップ&コンサート、堪能してまいりました!(というても私は14日からの参加でしたが)

少々遅ればせながらちょっとご報告などなど。

今回参加者は約10名ほど。全くの初心者もいたということで、どうしても中級以上の受講者とは別れてのレッスンとなり、初心者クラスはフランスの舞曲を、中級者クラスはマケドニアの民謡(7拍子のん)を課題にしてました。
ハーディーガーディー(以下HG)を演奏する上で最も難しく、日本ではなかなか独学というのが大変なのが右手(ハンドルを回す方)のテクニックなんですが、前回同様やっぱしこのあたりのレッスンにいっちゃん時間割いてたように思います。
この右手、ただ回しゃええってもんやないんですわ。回しながらもリズム弦でリズム、アクセントを刻む訳です。(一応「Coup"クー"を打つ」とか「Coupを出す」とかいいます)
たとえばメロディーの音形とユニゾンにしたり、メロディーの強調をしたり、全くリズム楽器として使ったり、といろいろバリエーションを交えて教えてくれるんですが、今回さすがに楽器を持っていってないのでなかなか実践でけんかったんが悲しかったです(泣)
しかし前回もそうですが、こういうのはほんま語学力ないといけませんな…。いうてはることがようわからへんのと言いたいことがいわれへん、てのは結構致命的。楽器の技術云々よりこっちの方が問題かも(汗)

でもその後参加者の方たちと普段できへんHG談義ができたんはとても楽しかったです。(半数ぐらいは面識ありませんでしたが、実はメールのやりとりなんかはやってたりしてたりしたのでした)

0704153.jpg参加者のHG群。
左奥、Pajotのフレンチリュートタイプ。
左前、なんと完全自作!すげーです!
右前、Terry Warringtonのギター・タイプ。


0704154.jpg
左、Boudetのフラットバック・タイプ。
右、Helmut Gotschyの"ルネッサンス"。



0704155.jpg
左奥、ギターシェイプのバロック・タイプ。
中央、Wolfgang Weichselbaumerの"Pico"。
右にちょろっと写ってるんがBoudetのフレンチ・リュートバック。
これええ音やったあ~。

0704156.jpg
でもってこれがマティアスさんの愛器、Weichselbaumerの"Alto"。
ちょっとだけ弾かせてもろたんやけど、あの超絶フレーズが簡単に!

弾けるわけがないです(爆)


そして最終日は午前中レッスンの後、午後はいよいよマティアスさんのコンサート。
まあ前回見てるんでインパクトは前回ほどではなかったものの…

やっぱすごすぎるわこの人…。

最後にはサプライズ・イベントとして受講者を交えての合奏もありました。

0704152.jpg
もう楽しそうで、やっぱり私も写真なんか撮ってないで参加したかったですよ~(泣)
それにしてもこんだけHGが並ぶなんて壮観!まさか日本でこんな絵が見れるとは、って感じです。

全て終了したあとは受講者との記念撮影にマティアスさんはひっぱりだこになってましたが、そこは私もちゃっかり(笑)。

0704157.jpg
楽器は持って来てないといいながら実は"エア"HGを持参してたので、それを構えたらしっかりマティアスさんも"エア"に持ち替えてくれました(笑)。結構ノリいいですよね(爆)

まあそんなこんなで見学オンリーながらもなんやかんやで楽しんだ2日間でした。
でもさすがに疲れておとつい、きのうと帰って来てばたきゅーでしたわ(笑)
スポンサーサイト

別窓 | 楽器とか音楽活動とか | コメント:4 | トラックバック:0
2007-04-17 Tue 23:51 ∧top | under∨
<<やっぱ食うもんよりレコ | www.ナゴヤハロー(裏) The小ネタ集 | いよいよ明日からです。>>

この記事のコメント

楽しんでこられたようで何よりです。
ハーディー・ガーディーという楽器が存在することさえ知りませんでした。
実にタイムリーなんですが、その名にちなんだようなネタを仕入れたので、アップ検討中です。
しかし・・つくづく面白い楽器ですね。(笑)
2007-04-19 Thu 20:35 | URL | elmar35 #-[ 内容変更]
>elmer35さん
>存在することさえ知りませんでした。
いえ、それが正常です(笑)。バンドで使ってた時も新しくメンバーが増える度に「なんじゃそりゃ!?」な顔してました(爆)

アップ、是非是非!期待してます!
2007-04-19 Thu 23:05 | URL | ナゴヤハロー #-[ 内容変更]
こんにちは!
テケルー(ハンガリーのハーディガーディ)も、ハンガリー人にとってもマイナー楽器ですしね(同様にヴィエールはフランスのマイナー楽器)。日本では超マイナー楽器ですね。
ときどきテケルーが珍しいから選んで演奏してると、思う人がいます。偶然にも好きになってしまっただけなのに。
なぜテケルーを選んだのか?とよく聞かれますが、好きになることに理屈はないので、説明が難しい。だから演奏しようと決断したときの思い出を語ることになります。
2007-04-25 Wed 17:56 | URL | てけるぅ #6Aros7K.[ 内容変更]
>てけるぅさん
先日はテケルーの演奏も聴けてほんまよかったです!

>好きになることに理屈はないので、
ですよね。私もHGやギリシャ音楽を何故好きになったかなんてなかなか言葉ではいえませんです。
2007-04-26 Thu 23:18 | URL | ナゴヤハロー #-[ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| www.ナゴヤハロー(裏) The小ネタ集 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。