スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
-------- -- --:-- ∧top | under∨

夏に向けてギリシャ盤大量入荷

暑い!!いつの間に春終わってん!?ちゅうぐらい昨日は暑かったというのに今日の肌寒さはいつたいなんやねんな…。
まあでも暑くなってきたらお楽しみのギリシャ音楽の季節です。
まあ例年今頃の時期にはすでに解禁してるんですが、今年は香香(シャンシャン)ちゃんやら張含韵(クリスティ・チャン)ちゃんやらダリル・スチューマーなど、ええアルバムに当たっててなかなか聴く時間が割けないのが困ったところ。

そんな時やというのに今日ギリシャ(とフランス)から注文してたCDが到着しました。


上段左から

・ΓΙΩΡΓΟΣ ΚΑΖΑΝΤΖΗΣ / ΠΝΟΗ ΤΟΥ ΑΝΕΜΟΥ
   (ヨルゴス・カザンジス/プノイ・トゥ・アネム)
去年秋に私を感動の渦に叩き込んだカザンジスの'94年作。これはリゼタ・カリメーリをフィーチャーした歌物アルバム。

・ΒΑΣΙΛΗΣ ΜΠΑΜΠΟΥΝΗΣ / ΤΑ ΠΑΡΑΞΕΝΑ ΠΟΥΛΙΑ ΔΕΝ ΠΕΤΑΝΕ
   (ヴァシリス・バブーニス / タ・パラクセナ・プリア・デン・ペタネ)
また新人のデビュー作なんですが、曲こそ自作やないけどもギター、ベース、キーボード、ドラムスをこなし、プログラミング、アレンジまでやってしまってます。ジャケもええ感じやし、これは期待の1枚。それにしてもギリシャ人の才能おそろしや…。

・ΣΤΑΥΡΟΣ ΑΒΡΑΜΟΓΛΟΥ / ΤΟ ΤΕΛΕΥΤΑΙΟ ΜΟΥ ΤΣΙΓΑΡΟ
   (スダヴロス・アヴラモグル / ト・テレフテオ・ム・ツィガロ)
ツィツァニス、ヴァンヴァカリス等レンベーティカたっぷり。

・VARIOUS ARTIST / ΧΡΥΣΗ ΔΙΣΚΟΘΗΚΗ 1956
MINOSレーベルの1956年ヒット曲集。

・ΘΑΝΟΣ ΜΙΚΡΟΥΤΣΙΚΟΣ / ΥΠΕΡΟΧΑ ΜΟΝΑΧΟΙ
   (サーノス・ミクルツィコス / イペロハ・モナヒ)
超大御所作曲家、サーノス・ミクルツィコスの'06年新作。前作はゲイリー・バートンのマレットをフィーチャーした現代音楽風なアルバムでしたが、今作は大ベテランのシンガー、マノリス・ミツィアス、ロックバンド「スニスィス・イポプティ」出身のフリーストス・スィヴェーオスをフィーチャーした歌物アルバム。バックには「Humantouch」の2人、スタヴロス・ランツィアス(pf,key,ds,perc)とヨーティス・キオヴルツォーグル(b)が参加しとるのだった~!

・ΠΕΤΡΟΣ ΔΟΥΡΔΟΥΜΠΑΚΗΣ / ΑΠΟ ΟΝΕΙΡΟ ΣΕ ΟΝΕΙΡΟ
   (ペトロス・ドゥルドゥバキス / アポ・オニロ・セ・オニロ)
えーと、ようわからんと買いました(笑)でもまあヴォーカルはメリーナ・カナやし、アンドーニス・アペルギスもギターやらウードやらで参加してるし、悪くはない…ハズ(笑)。

・Klaudia Delmer / La MAR
これまた超大御所作曲家&ジャズ・ピアニストのミーミス・プレッサスの曲を歌うポーランド人美人シンガーの最新作。アレンジもプレッサスがやってます。

・ΑΜΑΛΙΑ ΑΥΓΟΥΣΤΑΚΗ / ΜΗΝ ΔΩ ΣΤΑ ΜΑΤΙΑ ΣΟΥ ΒΡΟΧΕΣ
   (アマリア・アヴグスタキ / ミン・ド・スタ・マティア・ス・ヴロヘス)
先日ここでも紹介してた盤。

・Gilles Chabenet,Frederic Paris etc. /LIVE EN FLANDRE
わが四天王のひとりGilles Chabenatほか、クラリネット、メロディオン、マンドーラの4人によるライヴ盤。

・Laurence Bourdin / UN GRAIN DE QUARTZ
フランスのハーディー・ガーディー・オーケストラ、「Viellistic Orchestra」の女性メンバーで、来日もしたLaurence Bourdinの'05年の1stソロ。とりあえず爽やかな青空に惹かれてのジャケ買い(笑)

・ΧΡΗΣΤΟΣ ΜΑΚΡΟΠΟΥΛΟΣ / ΤΑΝΓΚΟ ΣΤΗΝ ΑΚΤΗ
   (フリーストス・マクロプロス / タンゴ・スティン・アクティ)
これも先日記事にした盤。買ってみたらスパノダキスのアルバムではなくて"ピアニスト"のマクロプロスのアルバムでした。スパノダキスの曲を全曲ソロ・ピアノでやってます。たぶんアレンジもマクロプロスがやってるっぽい。(クレジットがないのよ)というのもこれだけは先に聴いたんやけど、結構クラシカルな雰囲気になってるんですわ。思ったよりええです!

・ΝΙΚΟΣ ΜΑΜΑΓΚΑΚΗΣ / ΑΣΜΑ ΑΣΜΑΤΩΝ
   (ニコス・ママンガキス / アスマ・アスマトン)
現代音楽っぽいものからライカ、トラッド風など実に幅広い音楽性を持つ作曲家ニコス・ママンガキスの'06年作。あんまり話題にならんけど(というか私も最近知った)実はサヴィナ・ヤナトゥが全面参加してます!!
このおっちゃん、去年暮れに自己レーベル"IDAIA"を設立してから再発、未発表も含めて一時期のザッパもびっくりのペースでアルバムをリリースしていてほんま困った人なんです(笑)

以上に加えて先日紹介したヴァランタン・クラストリエのDVD付ハーディー・ガーディー教則本も。
しかし見事に全ページフランス語(泣)。譜例や図解もあるっちゃあるんやけど…その解説がフランス語ではなあ…。
まあ目当てはDVDやからええねんけど(笑)

それにしてもCD聴く耳が10コくらい欲しいですほんま(爆)。
スポンサーサイト

別窓 | 小ネタ(ギリシャ) | コメント:4 | トラックバック:0
2007-05-10 Thu 23:41 ∧top | under∨
<<DVD三昧(または三枚)...1枚目 | www.ナゴヤハロー(裏) The小ネタ集 | めずらしく食いもんのグチなど…>>

この記事のコメント

>ナゴヤ帝王さま

・・・あれ、谷間は?今期はロリロリ路線ですか???
つーか、今年まだ解禁していなかったとは!!
(早く解禁しないと前期の新譜シーズンで大繁殖しちゃいますよ)

バブーニス好さ気ですねー、お恥ずかしい事に私はまだ入手すらしておりませんので、ナゴヤさんの感想期待しておりますっ!!
(というか、最近音楽どころじゃなかったのでしたー、涙;;;)
2007-05-11 Fri 00:34 | URL | みわ #-[ 内容変更]
先日はどうも~

例のマケドニアの7拍子、クーが出せずにあれの右手ばっかり練習してます。

出せずにというか、4分の3周、半周、半周というように正しい位置でクーをだせずに、2小節くらいで何となく元に戻って1の位置になっているんだけどタイミング的にはクーは7つでているというインチキなのです。

ところで、ナゴヤハローさんはフランス盤はどちらで買われてます?

AMTAでもいいんですが枚数少ないと送料割高で・・・

↑のどの盤も皆欲しいのです(笑)


2007-05-11 Fri 09:25 | URL | ぴこ #-[ 内容変更]
>みわさん
そういえば…ほっとんどおっさん&じいさんのアルバムばっかしですな(笑)まあそういうこともあります(笑)
まあ解禁してないというか、ギリシャ一色になってないだけでちょこちょこは聴いてますよ(笑)。
でもギリシャ音楽聴かん日はあっても「ブタの歌」を聴かん日はないなあ(爆)

バブーニス、絶対いいと思います!(まだ聴いてない…汗)
2007-05-12 Sat 22:26 | URL | ナゴヤハロー #-[ 内容変更]
>ぴこさん
私も帰ってから早速やりましたよ7拍子クー(笑)。私もやっぱりズレてまいますが(爆)
それとフランス盤はやっぱりAMTAで買いますね…。今回はクラストリエの教則本と一緒に買ったので総額そこそこいったので。
そうそう、性別もやっと「マダム」から「ムッシュー」に変えました(笑)
2007-05-12 Sat 22:31 | URL | ナゴヤハロー #-[ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| www.ナゴヤハロー(裏) The小ネタ集 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。