スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
-------- -- --:-- ∧top | under∨

秋といえばやっぱり…

昨日今日といかにもな秋晴れでしたな~。こんな時にここぞとばかり聴いてたのは去年の秋ハマりまくっていたヨルゴス・カザンジスの音楽。

去年リリースの大名盤「Faux Bijoux」を知った後に買い漁ったカザンジス作品の内の1枚やけど、やっぱりカザンジスには秋が似合う!ということであえて約1年寝かせてました(笑)。

「Του Ερωτα και Ουρανου」
(トゥ・エロタ・ケ・ウラヌゥ)



「Faux Bijoux」はほぼインストでしたが、こっちは全て歌物。でもカザンジスならではの美しさをそれぞれの歌手が素晴らしく表現していて、カザンジス歌物の決定版というてもええ内容になっとります。(曲自体は既発表のものが多いけども)
全曲ハズレなぞあるハズがないんですが、その中でも個人的に好きなんはディミトリス・ゼルヴダキスが歌う1曲目、ピアノが美しいリゼタ・カリメーリの4曲目、ブズーキ、バグラマ、ギターのアンサンブルが印象的なコスタス・マケドナスの6曲目、ベストトラックともいえる哀愁まみれのヴァシリス・レッカスの7曲目、激シブ声にうっとりのオルフェアス・ペリーディスの10曲目、ポップ・タッチながらカザンジスらしいメロが素晴らしいエレーニ・ツァリゴプールの13曲目、といったとこ。
とりあえずレーベルであるPolytroponの紹介ページで試聴はでけます。(んな必要ない内容やけどね…)

さて、そんなカザンジスにヒジョーに近い質感を感じたのが映画やTVなどのサントラを多く手がける作曲家、マリオス・ストロファリス(以前本サイトの方にもちゃうアルバムをアップしてたんですが、間違って消してもうた…泣)の'04年のサントラ、「Κρατα Τα Λογια Μου Για Φιλαχτο(クラタ・タ・ロギア・ム・ヤ・フィラフト)」。

stro04.jpg

先のカザンジスのアルバムでもベストトラックとなるほどの素晴らしいシンギングを披露したヴァシリス・レッカスによるヴォーカル曲を4曲フィーチャー。で、当たり前のことながらレッカスの歌が素晴らしいのなんのって…。とにかく声の物悲しさはギリシャでもトップクラスなのでは。
そしてそれを引き出すストロファリスの曲の良さがまたもう!
サントラという性格上、これ以外のインスト曲はほとんどヴァリエーションなんですが、上質のニューエイジ風室内楽にジャズのふりかけ、みたいな感じでほんまにようでけてますねん。
最近クァルテット編成での新譜も出たし、今年もやっぱりカザンジスと、そしてストロファリスの秋になりそう…。

スポンサーサイト

別窓 | 小ネタ(ギリシャ) | コメント:6 | トラックバック:0
2007-10-21 Sun 23:20 ∧top | under∨
<<25年ぶりの夢の国 | www.ナゴヤハロー(裏) The小ネタ集 | 秋も深まって来ましたがギリシャ新譜情報>>

この記事のコメント

>ナゴヤさん

急に涼しくなって、このカザンジス盤は週末に私も聴いていました~。(早くたまった未聴盤を聴け、私)
昨年のもすんばらしいけど、これは好いシンガー山盛り(笑)でそれだけでも凄く得した感じですよね。

ギリシャってサントラ盤も充実していますね。
【これいいから聴いてみ】と送ってきてくれるものにサントラも結構多くて。プロのお勧めというのもあるかもしれませんが、素敵なのが多いです^^
ストロファノスもDVD付サントラ(・・・高いって)だのなんだのとサントラは多いですね。
でも、これ持っていなかったり(爆)。う~、拝読しちゃうとやっぱり聴きたい。

朝(むこうが)からLIBRA談義をしていました。
【別格のレーベルで他に比較できるものは無いとおもうんだけど、一般のギリシャ人オーディエンスには濃すぎるんだ】(意訳)そうです。
・・・そっか、私ら結構濃い口なのか~。
内容もさることながら収納に対する配慮全くなしの装丁が楽しいんだもん♪(ところが、流行の紙JKには出初め少しだけ踊って、その後全く執着無しです)
2007-10-22 Mon 14:40 | URL | みわ #-[ 内容変更]
Sotis Volanis - Moro mou thelw na glentas

http://jp.youtube.com/watch?v=DqAvD-g9Gnk

この写真の人がどうしてもカールスモーキー石井に見えてしょうがない…

あ、ギリシャの演歌ってルーマニアの演歌(マネーレ)にそっくりでびっくりです。

でも、ルーマニアの方が軽快でライトで明るいイメージがありますね。ギリシャのほうがもっとエキゾチックでゴリゴリしてて厳かなイメージがありますね。
ギリシャがブズキで引くところをルーマニアはサックスで吹いているために違いが出るんでしょうね。
でも、歌い方はまったく同じなのでマネーレリスナーとしては、似ていることに驚き。

Zafiris Melas - Sagapao Koita

http://jp.youtube.com/watch?v=iZbul6PeZUE

掛け声まで似てる。(笑)
というか、ジャケットがラフすぎる・・

もっとも、食べ物も似てますもんね。
(ギリシャのぶどうの葉っぱでひき肉と米を巻いた料理を私はルーマニアの近くのモルドバで食べました。)


ちなみにルーマニアのマネーレ

Nicolae Guta - Capitanul

http://jp.youtube.com/watch?v=Js35HzegwVs&mode=related&search=



ニコラエ・グツァとカルメン・シェルバンはマネーレでは大御所です。なんか趣味がしぶいきがしますが、声の伸びとか声がとにかく綺麗です。味があるというか、哀愁がいいですよ~


Carmen Serban & Ionut Galani - Palamakia Greece Romania
http://jp.youtube.com/watch?v=E3_Cmd3nvM4

ルーマニアとギリシャのコラボ(笑)
ぜんぜん違和感なしですね。こちらからしたら同じように聞こえます。


グツァとカルメンは日本の北島三郎と天童よしみみたいなもんですかね~

趣味がかなり渋いというか結構年寄りっぽいんですね~

(笑)
2007-10-22 Mon 19:03 | URL | KαNαKο #-[ 内容変更]
みわさん>メール欄にメアド入れときました。
濃い濃いお話で盛り上がりたいなーと思ってます。
というわけで、もしよろしかったらメールください♪



ギリシャの美しい男たちダイジェスト

http://jp.youtube.com/watch?v=Dqpw4I8nOMY


見てみたらサルベール君とサキルヴァ(笑)はばっちり入ってました。
というか、この2人以外は微妙な気がします・・・・

サキがやっぱり一番かなって思います
2007-10-22 Mon 19:04 | URL | KαNαKο #-[ 内容変更]
>みわさん
LIBRAのアルバムは出来はいいんやけどまあ一般的ではないでしょうね…。ノルウェーの一般人がフツーにECM聴かんのもしかり(笑)。

紙ジャケ、最近ほんまリリースが異常です…。ついていけてる人おるんかなー?(でもアンソニーフィリップスはちょこちょこ買ってでも揃えたいなー)
2007-10-29 Mon 23:18 | URL | ナゴヤハロー #-[ 内容変更]
>KαNαKοさん
マネーレってのは私もはじめて聴きましたが、確かに似てます…というかリズムがもろギリシャのツィフテテリですね(笑)
やっぱりバルカンの音楽はどっか似かよるもんなんでしょうねえ。
2007-10-29 Mon 23:22 | URL | ナゴヤハロー #-[ 内容変更]
今頃私宛だと気が付きました(汗;;;)

薄口なアタマなもので、実は余り語るものはなかったりする(焦)のですが、また落ち着いたらメールします~。
私もアド貼っておきまする。

2007-11-03 Sat 15:50 | URL | みわ #-[ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| www.ナゴヤハロー(裏) The小ネタ集 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。