スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
-------- -- --:-- ∧top | under∨

ナゴハロレコード大賞!準グランプリ その1

えー、グランプリはJEAN LUC PONTY
ENIGMATIC OCEAN('77)」に決定した訳ですが、当然準グランプリといえるアルバムも4枚ばかしあります。(順位なんて決められへんっす…)
(ちなみにその内の1枚は"ギターアルバム列伝 巻の一"で紹介した渡辺香津美さんの「TO CHI KA」なのでした。)
とりあえず今回紹介する準グランプリ作品はこれ。

PAT METHENY GROUP/Same('78)



購入したのは忘れもしない'83年の秋。今となっては買うた理由は思い出せんけども、これ聴いて「歪んだ音だけがエレキギターやないんや!」と、目からウロコを落とさせた1枚であり、そしてECMへの入り口ともなった個人的にはとーっても大切な1枚なのであります。
ちなみに曲タイトルは原題と、日本リリース時の邦題併記してます。(結構この邦題、刷り込まれてるんで…)


A-1「San Lorenzo(想い出のサン・ロレンツォ)」
このイントロ!これから全ては始まったんですね。この瑞々しさ!!今のパット・メセニー・グループ(以下PMG)はいろいろなものを吸収していって、とんでもないグルーブになったけど、今の彼らに唯一表現でけんのはこの瑞々しさやろなあ。(当たり前か)
PMGのスタートにふさわしい名曲じゃ~。思えばこの曲でのライル・メイズのピアノソロでピアノも好きになったんやったっけ。

A-2「Phase Dance(スーツを脱いで)」
PMGのライヴでのオープニング・ナンバーといえば私にとってはこれ。「ハヴ・ユー・ハード」!?なんじゃそれ?(笑。でもこれも大好きやけど♪)幸いこのアルバムを聴いた直後にPMGのコンサートがあり、生まれて初めて学校の授業以外でコンサートに行ったんです。そしていきなりこれやもん…。そら刷り込まれますって。このキャッチーなリフが頭に残らんという人はおらんでしょう。(ヤン・アッカーマンもパクった!?)終盤を盛り上げるシンセ、ドラムスもたまらん。
それにしてもなんでこの邦題なん(笑)!?

B-1「Jaco(なつかしのジャコ)」
何故かライヴではテンポアップしてファンキーに演奏されることが多いけど、やっぱり私はこのスタジオテイクがベスト。タイトルがタイトルだけにベースソロも入る。

B-2「April Wind(エイプリル・ウインド)」
パットのアコースティック・ギター・ソロ。タイトルは4月やけど、10月の、しかも曇天に聴いたらたまりませんよ。アンソニー・フィリップス・ファンは必聴。

B-3「April Joy(エイプリル・ジョイ)」
これなにもかも最高。イントロでの短いけどメロディアスにも程があるベースソロは古今東西のベースソロ中文句なしに私にとってはベスト。世の中の評価はどうあれ、マーク・イーガンはジャコより素晴らしいっ!!(この瞬間だけは…笑)歌いまくるギターソロは当時オーバードライヴ・サウンドしか受け付けんかった当時の自分にとって、ナチュラル・トーンの素晴らしさを教えてくれました。ここでもジェネシスというかアンソニー・フィリップス風の中間部を経て後半に「Phase Dance」のリフが登場、それからのギターソロはもう毎日くちづさんでたくらいで、しまいにはアドリヴも交えたりしたくらい(笑)。ここでも終盤のシンセの効果は絶大。
しかし文章では私の思い入れを100%表現すんのはやっぱ無理やなあ…(泣)

B-4「Lone Jack(たわむれ)」
このスピード感と哀感たまらーん!メロ最高な上に、テクニックと歌心のバランスが絶妙のギターソロ、ピアノソロとも極上。後にパット・メセニー・トリオでもやってたけど、テクニックが先行しちゃった感とやはりピアノレスなのが私には残念でした。

書いてる今も聴いてますが、外がええ感じに曇っていてもうハマりすぎ。
ピーカンにはとても聴けないアルバムですが、秋の曇天、といえば私にとってはこれが代名詞。
初期ジェネシス・ファンにも相性ええんちゃうかなあ。(私にはイメージがだぶる)
スポンサーサイト

別窓 | 俺ジナルランキング | コメント:5 | トラックバック:2
2006-05-09 Tue 00:00 ∧top | under∨
<<ポーランドのポンティ | www.ナゴヤハロー(裏) The小ネタ集 | あーもう。びっくりした。>>

この記事のコメント

やはり名作曲家ですよね。
「サン・ロレンツォ」、私も大好きです!
ところで、「エイプリル・ジョイ」ですが一つお薦めのカヴァーヴァージョンがあります。
私がいつもレヴューを書いているヴィブラフォニスト、デイヴィッド・フリードマンの『ウィンター・ラヴ/エイプリル・ジョイ』という大傑作に収録されたものです。
ツイン・ヴィブラフォン&ピッコロ&ウッドベースによる素晴らしく美しい演奏になってます。
ぜひどうぞ!
2006-05-09 Tue 01:10 | URL | オラシオ #8zyxN7ck[ 内容変更]
「Lone Jack」大好きです!
途中のピアノにもうメロメロ~。この冬Pat Metheny My Best20の記事を書くために来る日も来る日もPatばかり聴いていたので、最近はさすがに聴いていないなぁ。
今度何のMy Best記事書こうかなと思案中。
2006-05-09 Tue 14:52 | URL | risa #-[ 内容変更]
>オラシオさん
おわーっ、またサイフの中身が減っていく(笑)
あの曲がカヴァーされてるとは知らんかったです。

>risaさん
いいですよね「Lone Jack=たわむれ」。(この邦題結構好きなんです)一旦静かになったとこから盛り上がっていく展開、たまらんです。
私のメセニーベストもはよ発表したいとこです。
しかしベストワンはもうこの記事でバレてしもたけど(笑)
2006-05-10 Wed 00:20 | URL | ナゴヤハロー #-[ 内容変更]
TBしていただきましてありがとうございます。
しかしうまいですね~一曲一曲レヴューされていて・・・
見入っちゃいましたね。
思い出の名盤なんですが、何か書きたいな~と思って
書き始めたが・・・「美しい」で終っちゃいまして・・・

しかしこの1曲目この出だし、これでヤラレない人いたら
お目にかかりたい・・・です!!!
2007-05-20 Sun 23:29 | URL | evergreen #lHI8H0U6[ 内容変更]
>evergreenさん
うまいですね~なんてevergreenさんにそのまま返します(笑)

>しかしこの1曲目この出だし
「ちゃっちゃらっちゃら~ん」ですね(笑)あのハーモニクスの美しさがわからん人に音楽が好きになれるとは思えません(爆)
2007-05-20 Sun 23:40 | URL | ナゴヤハロー #-[ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

PAT METHENY GROUP 1ST 1978年今日は超名盤を聴くシリーズですが・・・今日は私的・・・超思い出の音盤という意味で記しておきたいわけです。ですから・・・・・・ええっと・・・懐かしいってどういう事かな・・・それはこみ上げてくるものそれは拭い去れないものもうい …
2007-05-20 Sun 23:30 Iron Rosary
昨日、やっとザビエルから音盤が届いてね♪チェコのジャズなんだけど。まあ、その他諸々。そのチェコのジャズっていうのが、また素敵なのよぉ♪それは後ほど。昨日は体調が優れないので、横になって「街」というゲームをしてました。未だに某雑誌のランクに食い込むほどの大 …
2007-08-04 Sat 23:27 Trapo de la eternidad
∧top | under∨
| www.ナゴヤハロー(裏) The小ネタ集 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。