スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
-------- -- --:-- ∧top | under∨

2010年1月2日のポラロイド写真

今年は元旦、今日と気持ちい~い天気の正月になりましたね~。
今日は1日家にいての~んびりとしておったんですが、外も静かで、穏やかな気分で過ごした1日でした。

こーゆー静かで穏やかな好天にはヒジョーに合いまくる音楽がありまして。

Polaroid PianoPolaroid Piano
(2009/08/20)
AKIRA KOSEMURA

商品詳細を見る


AKIRA KOSEMURA(小瀬村晶)ってアーティストの去年夏リリースのアルバム。
世間的にはエレクトロニカ/アンビエントってジャンルで知られてるアーティストなんかな。

このアルバム、タイトル通り「ポラロイド写真」をコンセプトにしたアルバムのようで、全曲本人による即興のピアノ演奏なんですが、ピアノの音にミュートをかけたり録音もモノラルにしたりしたものにフィールド・レコーディングの音源を組み合わせたりして、ザラッとしたポラロイド写真の質感を音で表現したというもの。

確かにその試みは成功してる感じ。ピアノって下手すると、キンキンする高音が耳につくことってあるんですよね。
それがこの手法によって全くなくなっててとにかく耳あたりがよくてねえ。
おまけに曲もおしつけがましくないフレーズの繰り返しによるシンプルな構造なんで、とにかく聴いてて気持ちいい!

とはいえ数曲は感情揺さぶられるノスタルジックなメロディーの曲もあって、もうどうしようもなく切ない気持ちになったりもするんですね~(ノ∇・、)
3曲目「April」~4曲目「Would」の流れなんてついついメロディーに浸ってしまってBGMにならへんのです(笑)
9曲目「Guitar」も1分半ほどの短さの中に胸にきゅんきゅん来るセンチメンタリズムが詰まってて…。



そしてラスト「Ein Lied」。これドイツ語かな?国内流通盤のみのボーナストラックで、本来アルバムのコンセプトからはハズれてる曲なんですが、まあ確かに音の質感は違ってるけど、私はアルバム中最もどうしようもないノスタルジーを感じてしまうかも。もうメロディーの美しさが秀逸なんですよ!これ聴いた後の余韻含めてこそのアルバムやと思うな~。
この国内流通盤は限定みたい(amaz○nには一応リンクしたけどもう完売してるかも…)なんで、私的にはこっちを是非オススメします!!

音の質感だけがポラロイド写真やなくて、今日の一日もポラロイド写真として私の人生のアルバムに残るんやろうな…。

あ、なんか締め方キザ過ぎ?(爆)
スポンサーサイト

別窓 | こんなん聴いたよ | コメント:0 | トラックバック:0
2010-01-02 Sat 22:09 ∧top | under∨
<<正月終わんのはやっっっ(>_ | www.ナゴヤハロー(裏) The小ネタ集 | Καλη Χρονια!>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| www.ナゴヤハロー(裏) The小ネタ集 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。