スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
-------- -- --:-- ∧top | under∨

ΔΡΟΜΟΙ ΠΑΡΑΛΛΗΛΟΙ(ドローミ・パラーリリ)DVD編



いや~夢って叶うもんなんですね。
エレフセリア・アルヴァニタキの、なによりも見たかった'95年夏のライヴがまさかのDVD化(オマケ扱いとはいえ)。どんだけ待ち望んでたかはもう言葉では言い表せませんです。
GW直前という、願ってもないタイミングで我が家に到着。もちろん初日に見ましたとも。2回。音楽DVD見て初めて泣きましたよ…。感無量にも程がある…。
これで3年連続でアルヴァニタキのライヴを体験ですよ。もしかしてスケジュールは私に合わしてくれてんのか!?と勘違いしてもええですか?ええですよね!?(笑)
ではどこよりも早い(というかどこもやらん?)全曲レビュー、やっちゃいましょう!!

1. ΟΡΧΗΣΤΡΙΚΟ
CDでは発表済の強力インストでいよいよスタート。残念ながら1st,2ndパートにはタイトルロールがかぶる。7拍子の3rdパートから、さ~来ましたよっ!うお~Arto Tuncboyacian、かっちょえーーー!そして去年の来日メンバーだったマノス・アハリノトプロスのクラリネット・ソロ!!しびれる~!!そしてテンポアップしてのクラ、ヴァイオリン、ウード、ジュラス(中サイズブズーキ)がド迫力のユニゾンでクライマックス!か、カンペキや…。

2. ΣΑ ΒΡΟΧΗ
そしていよいよアルヴァニタキ登場!!アルバム「ΤΑ ΚΟΡΜΙΑ ΚΑΙ ΤΑ ΜΑΧΑΙΡΙΑ」収録の3拍子ナンバー。スタジオ・ヴァージョンに較べるとリズムの躍動感、テンションがやっぱ違うわー。

3. ΚΥΜΑ ΤΟ ΚΥΜΑ
この曲、コピーしたこともあるんで思い入れは深いんです。ちょっとタメ気味に歌うアルヴァニタキのシンギング、泣きのクラリネット、なんもかんも美し過ぎ。タイトル通りに感動が波のように押し寄せるー(泣)。

4. ΕΡΩΤΙΚΟ
ニコス・クシダキスのアルバムで歌ってた曲。いかにもクシダキスな哀メロはほんまアルヴァニタキの声に合うててええですわあ~。

5. ΜΕΝΩ ΕΚΤΟΣ
来た来た来た~っ!!エレピのアルペジオ(あっ、CD版と違ってイントロにArtoのヴォイスがかぶってる!?)に続き、切なさ爆発のAra DinkjianのCumbus(ジュンブッシュ)ソロ!!アルヴァニタキによるMC、メンバー紹介もCD通り。うわ~ん、まさかほんまに映像が見れるなんてっ!1回目のサビんとこがちょっとCDと較べてもたってるような気がすんねんけど別テイクとは思えんし…なんじゃろか?そして、いよいよ来ましたAraのソロ・パート!ああっ、出だしのトレモロはそうやって弾いてたんかっ!!(弦を押さえる左手の方をこまかく震わせている!)そうか~音だけ拾ってコピーしても感じが出んわけやー。それはそうとアンドーニス・ミジェーロスのギターがあまり聴こえない…。CD版では結構オンになってんねんけどなあ。彼のバッキングも素晴らしいのでちょっと残念。

6. ΕΛΕΥΘΕΡΙΑ - ARTO
これは楽しい!コーラ瓶を使ったArtoとアルヴァニタキの掛け合い漫才というかコントみたいなパフォーマンス!ああっこれはCDの写真に使われてたシーンやないかっっっ!!
それにしてもArtoのテクに裏打ちされたエンターティナー振りには敬服。

7. ΔΥΝΑΤΑ
ギリシャでも見たし、アルヴァニタキのサイトでも公開されてて、映像自体は既に見てたものの、やっぱり「自分のモノ」になったという感慨は何物にも代え難いです。生きててよかった(笑)。

8. ΒΑΡΚΑ
これはいかにもライヴ向きのノリノリ・ナンバー。ああ~この場にいたかった…(笑)。

9. ΝΑ 'ΧΕ Η ΝΥΧΤΑ ΑΚΡΗ
サントラ「ΑΝΑΣΤΑΣΙΑ」収録曲。かなり印象変わってます。イケイケ。

10. ΘΑ ΣΠΑΣΩ ΚΟΥΠΕΣ
ヴァイオリン・ソロをイントロにしたツィフテテリ・ナンバー。来日公演でもやってましたね。「つぃふて・て~ええり」ってフレーズが印象的。フィンガー・シンバルをプレイしながら歌うこの姿がCD版のジャケットに使われたんやないかしらん。

11. ΤΟ ΚΟΚΚΙΝΟ ΦΟΥΣΤΑΝΙ
怒濤のツィフテテリ連チャン。会場も大合唱。やっぱりこの手の曲になるとオーディエンスも熱いわ。スピロス・グーマス(来日メンバー)のジュラス・ソロがフィーチャーされますが、やっぱこの人すげえ!バカウマや!

12. ΤΑ ΚΟΡΜΙΑ ΚΑΙ ΤΑ ΜΑΧΑΙΡΙΑ
来日公演でもやってた曲ですが、この重量感!やっぱこの時のツアーは凄かったんやなあ…。この時点ではアルヴァニタキの「ア」の字すら知らんかった自分にハラ立ちます…。

13. ΠΑΡΑΠΟΝΟ - ΞΕΝΙΤΙΑ
締めくくりにこれはそら泣くやろ…。今も見ながらこれ書いてますが泣けてしゃーないっす…。これ以上何を語れと。ただクライマックスのとこは段階的に盛り上げるんやなしに一気にどーんと上げて欲しかったなあ。

14. ΝΕΟΣ ΚΑΤΣΕΛΛΙΑΝΟΣ
ボーナス的に収録のアカペラ・ナンバー。

そんな感じでまあ当たり前のことながら大絶賛(笑)なんですが、まあ不満もあるといえばあります。

1.なんでこんな凄いライヴが「オマケ」なん!?

十分単独DVDとしても価値のあるもんでっせこれは。

2.そしてなんで完全収録やないのん!?

収録時間約1時間。そんな短いステージのハズがないっ!しかも曲順は入れ替わってるみたいやし…なんでそんな中途半端なことするんじゃーっ。ま、まさかそのうち「完全版」として単独リリースするなんてことは…!?
ハラ立つけど嬉しいぞそれ(爆)。

あと、これはギリシャのライヴDVD全てに言えることなんですが…

演奏と音がシンクロしてないぞっ!!

さすがにシンガーの口の動きには合わせてますが、何故か演奏者のみの映像の編集は雑なんです。
ただ、このライヴはさすがにバックも超一流が揃ってるだけにかーなりマシ。よっぽど注意して見ないと気にならん位の編集になってます。ちゃんとソロ・パートも押さえてるし。

なんか見れたら見れたで私も好きなこというてますが(笑)、でもやっぱり出してくれたスタッフの方々にはもう大感謝です。
エフカリスト ポリー!!
(見てるハズないけど。笑)

スポンサーサイト

別窓 | 小ネタ(ギリシャ) | コメント:3 | トラックバック:1
2006-05-06 Sat 16:14 ∧top | under∨
<<ΔΡΟΜΟΙ ΠΑΡΑΛΛΗΛΟΙ(ドローミ・パラーリリ)CD編 | www.ナゴヤハロー(裏) The小ネタ集 | 六甲山は日本のリカビトス?>>

この記事のコメント

こちらのギリシャ記事やプログレ記事に関心を持っていただきありがとうございます.こちらのブログからリンクさせていただきました.また,emailをお出ししたのでご覧いただければ幸いです.mixiで,小ネタなど??も披露しております.
2006-05-11 Thu 08:05 | URL | ヒロ #.XDcq2VM[ 内容変更]
>ヒロさん
ありがとうございます~
私んとこもリンクに追加さしてもらいました!
今後ともよろしくお願いします。
2006-05-11 Thu 23:57 | URL | ナゴヤハロー #-[ 内容変更]
拝啓
hp NATURA VITA で貴殿の事をしりました。
私は35年前に観たギリシャ映画の誘惑(LOVECYCLES or DAMA THPATHI)、1967年製のテーマ音楽であるTO PSOMI INE STO TRAPEZI の感動が忘れられず、今回アメリカより
この映画のDVDを入手しましたが、このDVD(LOVE CYCLES 米名)には、このTO PSOMI INE STO TRAPEZI の曲が入っておらず、大変ショックでした。
この映画のヴィデオ及びDVDは日本にはなく、その意味では大変価値があったのですが,もし TO PSOMI INE STO TRAPEZI の曲が入ってるDVDを御存知でしたらご一報下されば
幸いです。 宜しくお願いいたします。 
敬具
2006-11-23 Thu 14:34 | URL | 吉川 健 #hj93efpA[ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

98&quot; title=&quot;Best of 89&gt;98&quot;&gt;Amazonさんに商品がなかったので,別途画像をアップしました.アルヴァニタキは,スパノウダキスとのからみで結構プログレ関係者にも知られているのではと思います.現代音楽というかミニマルというかフィリプ・グラスとの …
2006-05-11 Thu 19:52 My Monologue from Germany
∧top | under∨
| www.ナゴヤハロー(裏) The小ネタ集 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。