スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
-------- -- --:-- ∧top | under∨

ギリシャ名曲大全 PART 4 『Η ΠΑΤΡΙΔΑ ΜΟΥ(イ・パトリダ・ム)』

またまた久々になってしまった名曲大全!第4弾でございます!!

今回はギリシャ屈指のクール・ビューティー、ΚΑΙΤΗ ΓΑΡΜΠΗ(ケティ・ガルビー)の'97年リリースの大々傑作、「ΕΥΑΙΣΘΗΣΙΕΣ(エフェススィシーエス)」より、私の神であるアンドーニス・ヴァルディスと共演した一曲、『Η ΠΑΤΡΙΔΑ ΜΟΥ(イ・パトリダ・ム ~わが祖国~)』でござりまする~!!



名プロデューサーであるΦΟΙΒΟΣ(フィーヴォス)の手によるこのアルバム、とにかく全曲ハズレ無しというギリシャポップスファンならなにはともあれ必聴の大名盤なのですが、その中でも個人的にはかっちょ良過ぎて当時コピーまでしてしまったこの曲はちょっと頭抜け過ぎる大名曲となっておるのです~♪

イントロの物悲しいクラリネットに続いては早速ヴァルディスのシブシブ低音が入ります。
ここでまずひとしびれ。

Aメロ後半にフィードバック・ギターが切り込み、サビ前にガツーンとキメ!!
はい、ふたしびれ。

そしてケティ姉御が熱く歌い上げるサビがまたカッチョいいこと!!
ジュラスによるオカズ(ちゃらちゃちゃちゃらちゃん)もめっちゃ効果的なのだわ!
もちろんさんしびれ。

その後はAメロ~サビ~サビ(単なる繰り返しではなく、熱さが増していくのだ!)としばらく姉御の独壇場が続き、間奏はギリシャならではのクラリネット・ソロ。
このソロ途中で転調します。

そして続くサビは御大ヴァルディス再登場!!
魅惑の低音に加え、ヴァルディス独特の瞬間的なファルセット(これがもうたまらんのだ!)を交えた上での絶妙なコブシ回しやタメがとにかく圧巻なのだよ!!

し、ご、ろく…もうしびれ死に~!!www

もうこの一曲でアンドーニス・ヴァルディスというおっさんにオチてしまったのはいうまでもないです(爆)

その後ケティのビデオ・クリップ集のDVDで見たクリップもしびれまくりでした…
ケティのクールなのに熱いカッチョ良さ、ヴァルディスのいぶし銀的な存在感…。
なんべん見ても、たまらん!!と身悶えしておる私です(爆)

こ、これが「萌え」というやつなのか…!?(笑)


スポンサーサイト

別窓 | ギリシャ名曲大全 | コメント:2 | トラックバック:0
2010-06-29 Tue 20:33 ∧top | under∨
<<解禁即ヴァルディスに萌え萌え(笑) | www.ナゴヤハロー(裏) The小ネタ集 | 二刀流!!>>

この記事のコメント

何回しびれてるんや(笑)でもそんなに思い入れがあったとは知らなかった!確かにあの曲はかっこいいよね。まだたまに自転車に乗りながら「イセオイ~リョスプェヒギニエピキンディノス♪」って歌うことあるけど。。合ってる?
2010-07-01 Thu 00:40 | URL | ゆりたろう #-[ 内容変更]
> ゆりたろうさん

うん、かなり思い入れ深いよ~!歌詞、あの頃はカタカナでおこしてたよね~(笑)だもんでちょっと違ってるゾ(笑)
私もサビはまだ歌えるぞ!よく風呂んなかで歌ってる(爆)
またやりたいな~これ。
2010-07-01 Thu 22:34 | URL | ナゴヤハロー #-[ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| www.ナゴヤハロー(裏) The小ネタ集 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。