スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
-------- -- --:-- ∧top | under∨

あーもう。びっくりした。

なにがって、今日発売になったらしい「AERA」の表紙ですよ。

なんとカール・ジェンキンス!!



今日の帰りに本屋の横通ったらなんか視線を感じたんで(んなアホな)、見てみたらこれやったというわけです。(そーいや「アディエマス」が3月に来日してたんやったっけ。)
しかも出来すぎた話のようですが、その時iPodで聴いてたのはソフト・マシーンのラスト・アルバム「Land of Cockayne」という。(いやホンマに。)

cockayne.jpg


多くのマシーン・ファンを失望の淵に落とし込んだというこのアルバムですが、私にとっては、これがいっちゃん最初に買うたマシーンのアルバムということもあってかなり好きやったりします。
これまた出来すぎた話のようですが、ちょうど一週間前に中古CDを見つけたんですわ。で、早速iPodに入れて久々に聴いてたんですな~。

これまでのマシーンの革新的なキャリアからすると、確かにこういうイージーリスニング+フュージョンのような軟弱な音楽性は受け入られへんかったんかな。
でもまあ音楽なんて革新だ軟弱だいうても所詮個人の好み(笑)。マシーンの転機となった名盤「Third」かこれかといわれたら私は迷わずこっちを選ぶでしょう。わたしゃもともとルーツはフュージョンの人やし。
そもそもこれを最初に選んだ理由というのも単にアラン・ホールズワースが参加しとるから、というだけ。(しかし聴いてみてあまりのアラン度の低さに「失敗した!」と最初は思った。ソロなんて一曲しかあらへん…。)
プログレッシヴ・ロックに於けるマシーンの重要性なんてなーんも知らんかった頃やったし(笑)。
しかしよくよく聴いてみると、キャッチーなメロやら透明感のあるストリングスやらよう歌うレイ・ワーレイのサックスやらミニマル・エスノな感じやらジャック・ブルースのひねくれたベース(笑)やら、なかなか聴きどころは多いんですよ。それを纏め上げたジェンキンスのアレンジ力はやはり大したもんやと思います。

しかしまあこんな賛否両論(もちろん「否」が多そう)のメロメロ・フュージョン・アルバム作ったカールもいまや「アディエマス」が大当たりして、日本の雑誌の表紙にまでなるとはなあ…。(来月来日予定のソフト・マシーン・レガシーにも誘われたみたいやけど、もう"こっち"の世界に関わる気はないようです。なんか寂しいねえ…)

スポンサーサイト

別窓 | 小ネタ(ギリシャ以外) | コメント:5 | トラックバック:0
2006-05-08 Mon 23:44 ∧top | under∨
<<ナゴハロレコード大賞!準グランプリ その1 | www.ナゴヤハロー(裏) The小ネタ集 | LIVE(CD+DVD)>>

この記事のコメント

と言えば何と言っても『バンドルズ』ですよね。
あのエディ・ヴァン・ヘイレンがギターキッズの頃、このアルバムのホールズワースのソロを普通のフィンガリングでどうしてもコピー出来ないからライトハンド奏法を開発した、という話はあまりにも有名です。
まあライトハンド自体はスティーヴ・ハケットがすでにやってたんですっけ(笑)?
ザッパもピックでタッピングする「ブルガリアン・バグパイプ奏法」を『黙ってギターを~』でやってますしねえ。
しかしこのアルバムのような音楽をやっていた人がアディエマス(笑)。
もともとミニマルなフレーズに興味があった人だとはソフマシを聴いても判るんですがしかしあのサウンドとは。
優れた作曲能力を持つロックミュージシャンが現代音楽や他ジャンルと関わり、そのままロックはお見限り、というパターンも少なくないのでちょっとさびしいですよね。
それにしても表紙は驚きました。
失礼します
2006-05-09 Tue 01:06 | URL | オラシオ #8zyxN7ck[ 内容変更]
>オラシオさん

こんにちは^^
無知すぎる私に問題があるのかもしれませんが、オラシオさんのコメントにはいつも「ほおぉ~」となります。
楽器を触らない耳道楽だけなもんで。

しか~し、この表紙・・・。普通の人が見たら「誰さ、このオヤヂ」としか・・・、あぁすみません。
謎の科学者みたい・・・(笑)私も驚きました。
あとで書店に行ってみます。

>ナゴヤさん

最近のレヴュー、昨年夏の私の「売り倒しました」リストそのまま・・・(汗;; 

ところで、以前オラシオさんと「日本人は尊敬されている」な話を致しましたが、昨日今年最大のずっこけメールが向こうから・・・。聞いて下さいッ!!!!!!
ブリュッセルのある仏女性アーティストのファンの方から、ファン誌最新号を送ってもらうことになったのですが、「直ぐ送るね~」の次の文章に転がりそうになりました。
I've got a bull terrier (my little cherie dog) and her name is MIWA (sweet eyes?!?)云々・・・。
好きなアーティストの名前をつけるのがファンっつーものよ!と思ったのですが、ブルテリアって・・・脱力系お笑いな風貌の闘犬の???
そらあんな綺麗なアーティストの名前は付けられないか・・・とも思ったり。
で、なんでそれが「MIWA」なんですかっ!!!

・・・少なくとも私に関してはあちらの人から尊敬はされていないようです(爆)

ベルギーはブリュッセルに行くことがあったらば、そこでARMANIを着た男性に連れられたブルテリアが散歩していたら「MIWA?」と声を掛けて見てください。
「ワン♪」と返事する事でしょう・・・。
2006-05-09 Tue 11:28 | URL | みわ #-[ 内容変更]
>オラシオさん
「バンドルス」、LP見つけた時は驚喜してなんも考えずに買いましたが、こん時の値段がなんと?13,000!!なんぼなんでもボッタクリな値段ですよね(笑)
「AERA」での表紙コメント読んだら「カールが加わって浮遊感と瞑想性がなくなり…」云々とあったんですが、どう考えても逆でしょ(笑)

>みわさん
確かに普通の人は絶対なんも反応せんでしょうね。プログレ者限定(笑)

>なんでそれが「MIWA」なんですかっ!!!
どーゆーイメージでとらえられてんでしょうか(笑)
単に語感がよかったとか?
2006-05-10 Wed 00:11 | URL | ナゴヤハロー #-[ 内容変更]
>みわさん

アジア系の名前って、ヨーロッパとかだと結構ミステリアスな魅力(?)ってやつでもてはやされるみたいですよ。
エドワード・サイード言うところの「オリエンタリズム」ってやつですかねえ。
関係ないですけれど、イギリスに4年間住んでた友人は日本人女性ってだけでやたらもてたそうです。
やはり何か幻想があるんでしょうね。
ですからみわさんのお名前も、向こうにしてみたらきっと凄くチャーミングでキューティなネーミングなんですよ。

>ナゴヤハローさん

13000円!
高い、高過ぎる!
私の同アルバム初体験は大阪は阿部野橋にあった今はなき某Oというレンタルショップで350円にて済ませました(笑)。
出したお金の額は違えど、受ける衝撃は同じ。
AERAのコメント笑えますね。
失礼します。
2006-05-11 Thu 00:24 | URL | オラシオ #8zyxN7ck[ 内容変更]
>オラシオさん
や、やっぱ高いですよね…っていうか350円は安過ぎ!(笑)
2006-05-11 Thu 23:58 | URL | ナゴヤハロー #-[ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| www.ナゴヤハロー(裏) The小ネタ集 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。