スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
-------- -- --:-- ∧top | under∨

フレアークとギリシャのマエストロの関係は?

いよいよFLAIRCK(フレアーク or フラレック)のライヴが明後日(まあ明日が初日ですが)に迫り、ここんとこ予習(復習でもあるw)に余念のない私ですが、そんな予習から流れ着いたギリシャのアルバムを本日はちと紹介。

ΧΡΗΣΤΟΣ ΝΙΚΟΛΟΠΟΥΛΟΣ / ΩΔΕΙΟ ΗΡΩΔΟΥ ΑΤΤΙΚΟΥ
(フリーストス・ニコロープロス / オディオ・イロドゥ・アティクゥ)


nikolo_odeio.jpg


ギリシャのブズーキ名手であり名作曲家であるフリーストス・ニコロープロスの2000年にリリースされた2枚組ライヴ・アルバム。
ゲスト・ヴォーカリストとしてエレフセリア・アルヴァニタキ、コスタス・マケドナス、ディミトリス・バシスが参加してます。
ブズーキ奏者として、そして作曲家としての美味しいところがオーケストラ・アレンジでたっぷり堪能できる好盤であります。

でもって、フレアークとの関係は!?

実はアルバム冒頭のインスト・メドレーの一曲目がフレアーク(というかリーダーのエリック・ヴィッサー)の曲なんですよ!
とかいってますがどのアルバムに入ってる曲なんかはよくわかってませんが(苦笑)

そもそもこのアルバム初めて聴いたときに「あれ?なんかこんな雰囲気の音楽聴いたことあるな~」から「あ!フレアークや!」と思ってクレジットを見たらしっかりエリックの作曲やったという。
曲知らんのにエリックってわかってまうんやから、やっぱエリックの曲には強烈なオリジナリティがあるっちゅうことなんでしょうなあ。

でもなんでニコロープロスがエリックの曲を?という疑問が湧いてくるわけですよ。
もしかしてエリックのブズーキの師匠がニコロープロスやとか?
ニコロープロスのテクに感銘を受けたエリックがニコロープロスのために書いたとか?

いまだに真相がわからない…。

今回の来日でいろいろなとこがインタビューとると思いますが、もしこの記事読んだ人おったらこの件エリックに聞いといてくださ~い!(爆)

・10/1追記
フレアークのどの曲か判明しました!(というか聴いたことある曲やった)
2ndの「Gevecht met de Engel」収録の「De Stoomwals」でした!
というかこれエリックやなくて管楽器奏者のPeter Weekersの曲なんやけど(笑)
もともとはライヴ盤「Live in Amsterdam」のヴァージョンで知ってたんですが、今日久しぶりに聴き直してみて発覚致しました(笑)

ニコロープロスさん勘違いしてはりますよ~(←人のこと言えるかっww)
スポンサーサイト

別窓 | 小ネタ(ギリシャ) | コメント:0 | トラックバック:0
2011-09-30 Fri 23:40 ∧top | under∨
<<見事ではあるがナイスではないバッティング | www.ナゴヤハロー(裏) The小ネタ集 | こうして盤が増えてゆく>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| www.ナゴヤハロー(裏) The小ネタ集 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。