スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
-------- -- --:-- ∧top | under∨

非電化プログレの極みを見た!

いや~フレアーク!!

ヤバかったスゴかった!!知ってはいたけどみんな楽器のオバケやった!!(笑)

ポンティ参加のRTFをフって臨んだ武蔵野スイングホールでの待望のフレアーク来日公演。

ポンティには悪いけどこっち行って正解でした(爆)

いろんな人がいろんな風に感じたと思いますが、私がなにより感じたのは、


やっぱフレアークはロックだぜ!

トラッドだのニューエイジだのいろいろカテゴライズされる傾向のあるフレアークですが、やっぱキモはロックなんやというのを思い知ったライヴでした。
当ブログの昔の記事でもフレアークのアルバムを「非電化プログレの代表作」と書きましたが、まさに実感。
まあリーダーのエリック・ヴィッサー自身もむかし雑誌のインタビューで気持ちはロック、みたいなこというてたしね。(今はどうなんやろなあ?でも演奏聴く限りは変わってなさそう)

ライヴは定番の「East-West Express」でスタート。ライヴ盤で何度も聴いてるハズやのに実際ナマで聴くとほんまトリハダ立ちましたよ。
以降はアルバム未発売の最近のプロジェクト「The Battle」からの曲が中心でした。
後半はほんまヒットパレード、ちゅう感じで「Sofia」「Variations on a Lady」もしっかり聴かせてくれました。
アレンジもほぼ初期に近い感じやったかな?ライヴ初体験者には却ってありがたいとこです。

個人的になにより楽しみにしてたのはツィンバロンのマリウス・プレダやったんですが、私の設定したハードル簡単に飛び越えるぶっとび演奏でした!
そもそも「Symphony for the old world」でマリウスにブッとんだ私ですが、やはりナマで体験すんのは別次元でしたね。たぶん一番聴衆のドギモ抜いてたんやないでしょうか。(見た目のスピード感もわかりやすいしねw)

とまあそんな感じでとにかくええとこ挙げるとキリがないんですが、実は不満点もあるっちゃあるんですね。

まずは選曲。
やっぱあまりなじみのない新曲よりかはライヴで聴きたかったあの曲この曲を聴きたかったなあ~という。
特にライヴ専用ナンバーやけどフレアークの曲ではいっちゃん好きな「The Day You Left」は是非聴きたかった!
(でもこれ20分くらいあるから今回くらいの長さやと4分の1つぶれてまうんやけどね)

あと演出。
昔のライヴではマジックやら二人羽織、でもって女体フルート(なんつーネーミングww)などなどアクロバット的な演出が多々あったそうやねんけど、まあそういう話しを聞いてただけにちょっと物足りんかったかなあと。
今回それっぽかったのは全員右腕だけで演奏したくらいやったかなあ。まあ演奏そのものがアクロバットと言われたら全く返す言葉はないねんけど(爆)
でもやっぱ笑いどころ(とあえて言う!)がもう少しあってもなあ~と思ったかな。

あと物販。
新しく出したDVD買えんかった(泣)CDは買えたけど、やっぱ22枚組ボックス持ってくるよりDVDもうちょっと持ってきて欲しかったあ。(だいたいファンならボックス押えてるっしょ?)
あ、ライヴ終了後実はサイン会もあったんですが、そこはやはり遠方組の悲しさ、電車の時間もあり断念せざるを得んでした…。どうせやったら先の記事のニコロープロスの件も聞けたかもやのに。

まあそんなこともあるとはいえ基本大満足してます。
ライヴ終わってもアルバムのリピートがおさまりません(爆)

是非ともまた来日がレギュラー化してくれると嬉しいんやけどなー。あ、そんときはもちろん関東だけやなしに関西にも来てほしいっす!!

なにはともあれありがとうフレアーク!
スポンサーサイト

別窓 | ライヴに行ったのだ | コメント:0 | トラックバック:0
2011-10-04 Tue 23:41 ∧top | under∨
<<一生、共にします | www.ナゴヤハロー(裏) The小ネタ集 | 見事ではあるがナイスではないバッティング>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| www.ナゴヤハロー(裏) The小ネタ集 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。