スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
-------- -- --:-- ∧top | under∨

大巨人テオドラキスのパートナー来たる!

案の定一月なんてあっという間やった~!

というわけで二月。
ずっと楽しみにしていたライヴに先週土曜行って来ました。

ドイツのピアニスト/作曲家/編曲家のHenning Schmiedt(ヘニング・シュミート)来日ツアーの奈良公演です。

場所は猿沢池の近くにあるギャラリーカフェタケノっていうちょっといい感じ(←ボキャブラリーないなあ…)のカフェ。

実はそもそもHenningさんのことは名前ちょっと聞いたことある程度で、来日の情報聞いたときも「ふ~ん、そう」みたいな感じやったんですが、プロフィールを知って俄然興味を持ち最新作を聴いてみたらこれがまたあったかくて穏やかなメロディー満載のええ作品やったりで、即ライヴの予約をしたという次第。

で、そのプロフィールというのが…

かのギリシャの大巨人、ミキス・テオドラキスから絶大な信頼を受け、長年にわたり音楽監督、編曲を務めたとか。

な。なんやてーーー!!

あのテオドラキスの片腕やったんかーーーい!!

当然世界最高峰のテオドラキス歌い、マリア・ファランドゥーリとも一緒にやってるという。

そりゃギリシャ好きとしては放っておけるわけがないってもんです。
というかこんな情報知らんでギリシャ好きというてええもんかどうなんか(笑)

ディスコグラフィ見てHenning絡みのギリシャ盤探してみたんですが、見事に持ってなかった(汗)
唯一持ってたんがミキスの息子、ヨルゴス・テオドラキスのアルバム一枚きりでした。(しかもこれもあまり聴き込んでない)

まあそんなこんなはさておきライヴ。

いやほんま心地いい、冬の寒さを忘れさせるアットホームなあったかいええライヴでしたわ~。
また土曜は天気も絶好で、窓から射す日の光もまた絶品の演出効果でねー。(これぞHenning日和!)
そして決して大きくはない会場も演奏者との距離感の短縮に一役かっていて、ほんま会場全体が同じ空気につつまれるような心地よさでした。
まあなによりHenningの人柄によるものも大きいな~と思いました。ほんま感じええヨーロッパ紳士でしたね~。

ほぼ最新アルバム「Spazieren」からの演奏でしたが、アルバムでは1~2分の曲が一期一会のアレンジで引き延ばされてました。(演奏後のトークショーで「曲を毎回同じように弾くことはない」ちゅうてたのだ)
そーいういとこもなんか誠実さがにじみ出てるな~とか思ったり。

というわけで、穏やかな午後のひととき、という休日の醍醐味を味わった二月の奈良でありました。
ほんま翌日も関西での公演やったらもっかい行きたい!思いましたよ。(まあどっちみち予定あったからあかんかってんけど)

次回はせっかくなんでテオドラキスとの来日を希望します(爆)

スポンサーサイト

別窓 | ライヴに行ったのだ | コメント:0 | トラックバック:0
2012-02-06 Mon 23:03 ∧top | under∨
<<裂いて開いて宇宙零! | www.ナゴヤハロー(裏) The小ネタ集 | 夢のまた夢が現実に!>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| www.ナゴヤハロー(裏) The小ネタ集 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。