スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
-------- -- --:-- ∧top | under∨

モルゴーア・クァルテット、プログレモード全開!

昨日モルゴーア・クァルテット@フェニックス・ホール行って来ました!
もち会社は早退です!(気合入り過ぎw)

開場が18:30やったので18:15くらいに行ったらもう結構な列が出来てて残念ながら最前列には行けなかったんですがそれでも2列目キープでけました。

モルゴーアとの出会いはですねー、だいぶ前に「デストラクション」ちゅうロック室内楽のアルバムを買うたのがキッカケです。
正直クラシック・フォーマットでのロック・カヴァーはロクなもんないわなー、と当時は思ってまして。
クリムゾンでも「21世紀の精神異常者(スキッツォイドマンとかいう表記は認めませんw)」とかはそれまでにサックス4重奏なんかでもやってたんですがやはり原曲にはとてもとても、という感じで。なにより演奏者側にこの曲なにがなんでもやりたい!ちゅう気概が感じられへんというか。(まあ演奏はもちろん巧いんですがね)
だもんでこのアルバムもまたその手の企画もんかなーとは思ったんですが、クリムゾンでは珍しい「太陽と戦慄パート1」を取り上げてたのが興味深かったんで買うてみたわけです。
ところがこの「太陽と戦慄」が素晴らしかった!しかも演奏者自ら編曲してるというのがなにより気概を感じました!
そんなわけでモルゴーアにはちょっと一目置いてたわけで、今回のこのライヴも情報をツイッターで知り即チケット購入したのでありました。

で、ライヴ。

いやー、熱かったですよ!やっぱ楽器極めた人らやしもう演奏については完璧やのにそのうえプログレへの熱い思い、というこの上ないエフェクター使ってるわけですから(笑)
これを感じ取れないようなら私プログレファン辞めますって(爆)

とにかくリーダーの荒井さんのプログレ愛が爆発してました。
MCでもハンパないプログレオタクぶりを発揮してた上に、もうこの曲演れるんが嬉しいてしゃーない、という感じで終止ニコニコしてましたしね〜。
なんとプログラムの曲解説まで自分で書いてはるし。(また書いてることもプログレファンなら思わずうんうんと頷かざるを得ん内容)

とにかくもう気合いの入り方が超本気モードでした。

まあ私にとっても思い入れの強い曲ばっかしでしたからね〜。特に自分もやったことのある「宮殿」や「スターレス」のアレンジには不満のある部分もなきにしもあらず、などとエラソーなことも思いましたが、逆にそういうアプローチで来るか!と感心させられる点も多かったです。(特にドラムパートの処理はほんま素晴らしい)
まあしかし私も基本はプログレをアコースティック楽器でカヴァーするのがある意味演奏者としてのライフワークでありますから、素晴らしい点には素直に感心出来ずどっちかというと嫉妬を覚えたりもしてたんですけどね(爆)

終演後はサイン会などあったんですが、CDもう買っちゃってるしどうしようかな〜と思ってたんですが、会場で合流した私のバンドのメンバーに便乗してもうプログラムに書いてもらお!とずうずうしく並んでしまいました(笑)

荒井さんにはこれっきりといわず是非ジェネシスの「サパーズ・レディ」全曲を!とリクエストしたら「やりたいですね〜そして「危機」も!」とのコメント!(笑)
なんか荒井さんとひたすらプログレトークしたいわあ〜(爆)
スポンサーサイト

別窓 | Foreverプログレ | コメント:0 | トラックバック:0
2012-06-30 Sat 23:11 ∧top | under∨
<<ブリティッシュ・ロック三昧でDAVID LEWISが! | www.ナゴヤハロー(裏) The小ネタ集 | 私選プログレベスト50!>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| www.ナゴヤハロー(裏) The小ネタ集 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。