スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
-------- -- --:-- ∧top | under∨

「癒し系」に癒されてたまるか

すっかり定着してもうた感のある「癒し系」という用語。
まあ別に何に使ってもらってもええんですが、音楽にだけは使ってほしないというのが本音やなあ。
ただ「音楽」が聴きたいだけやのに、「癒し系」なんてラベル貼付けて「おらおらっ、こんなに心洗われるメロディーやねんから癒されんかいっ。ほれっこの響き?癒されるやろ~。」なんて傲慢な気持ちで押し付けられても「癒される」ワケがないやん。

ただね。音楽には罪はないと思うんですよ。私が許せんのはとにかく「ラベル」。
音楽に「癒し」効果なんてない!!てなことをいいたいんやなくて、とにかく「癒し」の押し売りがイヤなんですわ。

そんなもん癒されるか癒されへんかは自分で聴いて決めるわいっ!!

とかいいながら、そんな「ラベル」に惹かれてCD買ってまう自分もいたりする…(爆)

やっぱり「癒されへん」といいながらも「癒されること」を期待してもうてんのかなあ。
週末にホイホイと簡単にギリシャでも行けたら十分癒される私なんですが(爆)

でもまあ個人的に最高の「癒し」音楽は「無音」やと思います…。
スポンサーサイト

別窓 | 音楽観 | コメント:5 | トラックバック:0
2006-09-20 Wed 23:44 ∧top | under∨
<<最近買ったギリシャCDおおザッパレビュー | www.ナゴヤハロー(裏) The小ネタ集 | オリジナリティ>>

この記事のコメント

ナゴヤさん、こちらではお久し振りでっす。

どうも癒し系と書かれているものには、その言葉の裏のあざとさや、浅はかさを直感してタイトルの文字が頭の中を過ぎるのです。
それにしても音楽だけでなく、何にでもカンにでも使われるようになってしまいましたねぇ。
最近の『かわいい』という言葉と共通する違和感があります。

皆さん一体何を癒されたいのですか?そんなに誰彼病んでいるのですか?それはそんなに簡単に癒されるものなのですか?
そんなにお洒落な言葉ですか?な~んちゃって^^;

な~~~んて、思うのも昨年までイタリアに長年住んでいた友人の画家とイタリア語の先生と3人で食事に行った今日、「久し振りに帰国したら日本語が別の言葉のように変わっていた事に衝撃を受けた」と話をしたばかりだから???

私は聴いていて気持ちよければそれで良し!(難しいことが判らないだけでっす。自爆)
2006-09-21 Thu 00:20 | URL | みわ #-[ 内容変更]
またまた過激な意見に同感です。ちょっとクラシカルだったり、透き通った女性のヴォーカルものとか、すぐに癒し系とかヒーリングとか。。。。。ま、商売上の言葉に腹を立てても仕方がないのですが(笑)。ナゴヤハローさんのお怒りは十分理解できます。水音のCDとか図書館に置いてありますが、家でそんなCD聴くのだったら実際の水音聴けばいいのに、とついつい思ってしまいます。

>でもまあ個人的に最高の「癒し」音楽は「無音」やと思います…。
→→この一言で筒井康隆氏の名作「にぎやかな未来」の一番最後を思い出しました。現代で一番高価なのは静寂でしょうね。。。。
2006-09-21 Thu 00:55 | URL | Mao.K #-[ 内容変更]
前もこのタイトルであったような(笑)。
私は、人生で癒されることなんてない、という風に思ってますのでね~。
そんなにみんな癒されたいのか?とはいつも思っています。
世の中簡単に傷つき簡単に癒されすぎるのではとも思います。
また、惹句などのイメージを与えられるともうそう思い込んでしまうリテラシーのなさ。
音楽を聴くとは、芸術を楽しむということは鵜呑みにするということではないと思うのです。
失礼します。
2006-09-21 Thu 11:42 | URL | オラシオ #8zyxN7ck[ 内容変更]
癒し系・・・う~ん・・・
個人的にどうでもよかったり(笑
いや、個人的に、「癒し系=避ける音楽」(笑
癒される、って個人個人、基準が違うのにね、って思う。
そういうの買う人って、どうなんだろ?
ホントに癒さると思ってるの?とか思ってしまう。

他人に「癒される」と与えられたもので、癒される例しはありません、はい。

最後の一文、うーん・・・
納得ッス。
2006-09-23 Sat 00:58 | URL | papini #3hri4u1c[ 内容変更]
結構ブーイングあるかと思ったらそうでもないもんですね…。
まあ音楽聴いたらなんかしら感情が動かされとる(心の平安が乱されている)わけやから音楽と癒しちゅうのは絶対結びつくわけないなあ、とは思うんですけど。

>みわさん
>私は聴いていて気持ちよければそれで良し!

わたしもそれに尽きると思います。気持ちいいことと癒されることはまた全然ちゃう問題ですしね。

>Mao.Kさん
>水音のCDとか図書館に置いてありますが、家でそんなCD聴くのだったら実際の水音聴けばいいのに、とついつい思ってしまいます。

いやほんまに。CDとか録音物ってのは結局実際に聴いてるのは単なるスピーカーの振動ですもんねえ。どっちがええかは一目、いや一聴瞭然ですよね。
>筒井康隆氏の名作「にぎやかな未来」の一番最後を思い出しました。現代で一番高価なのは静寂でしょうね。。。。

あ~これ確か高校の頃に読んだような…内容が思い出せないーっ(泣)。
でも確かに静寂って貴重なんですよね…「静寂の嵐」やったらすぐ聴けるんやけど(爆)

>オラシオさん
>また、惹句などのイメージを与えられるともうそう思い込んでしまうリテラシーのなさ。

ううっ、ちょっと耳が痛い…(笑)しかしオラシオさんみたいにうまい文章で音楽の紹介されたらこらよさそうやと思って手ェ出してまいますって(爆)

>papiniさん
>癒される、って個人個人、基準が違うのにね、って思う。

そう、だから絶対「癒し音楽」ってのは成り立たんと思うんですよー。こういうのを「癒し」やと思って聴く人は「癒される」と「癒された気になる」とを混同しとるんでしょうかね。まあでもそれで本人がええ気分になるんなら「癒されてる」ことになんのかな…なんやようわからんようになってきた(笑)
2006-09-24 Sun 23:36 | URL | ナゴヤハロー #-[ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| www.ナゴヤハロー(裏) The小ネタ集 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。