スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
-------- -- --:-- ∧top | under∨

ギリシャ名曲大全 PART 1 『ΔΥΝΑΤΑ(ディナタ)』後編

まさかシリーズ最初っから前後編になるとは(笑)
我ながらなんと濃いコーナーをつくってしまった…。

そこはまあ開き直って後編です。
前編ではギリシャでのヴァージョンを知ってる限り紹介しましたので、ここでまず原典(オリジナル)を紹介しときましょう。
NIGHT ARK「Picture」('86)

picture.jpg

作曲者のAra DinkjianとパーカッショニストのArto Tuncboyaciyanが中心となったアルメニアン・ジャズ・ロック・グループ「Night Ark」の1stアルバムに収録の「Homecoming」。
これがオリジナルです。
「ΔΥΝΑΤΑ」にくっついてたサブタイトルらしき(Homecoming)の文字が当初から気にはなってて。でも調べると「ΔΥΝΑΤΑ」の訳でもないし…というのがこれを見つけて解決した訳です。
(ちなみにアルバムタイトル曲でもある「Picture」は「ΜΕΝΩ ΕΚΤΟΣ」の原曲です。)

なかなかオリジナル・アルバムは見つからんかったのですが、ある時この曲を某所で演奏した時、聴いててくれた友人の友人が「この曲Night Arkですよね~」とかなんとかいうてはったんで、話をするとオリジナル・アルバムを持ってるというんですよ。で、お願いしてテープにダビングしてもうたんでとりあえず音だけは聴けてたんですな。(その後運良くCDも見つけましたが)

で、その原典。(前置き長っ)
当然インストで、主役は作曲者Araの弾くジュンブッシュ(トルコの複弦6コース・フレットレス・バンジョー)。アルヴァニタキ'95ライヴでも大活躍してた楽器です。だもんで雰囲気はこのライヴに結構近いんやけど、ピロピロしたシンセやら入ってたりなにやらトロピカル(?)なアレンジになっていて、印象はやや軽め。AraのアドリヴやArtoのパーカッションも'95ライヴに較べると控えめなんでやはり後から聴くとインパクトは弱いかなあ。

このアルバム「Picture」、もう当然のように廃盤なのですが、まだ原典を聴くチャンスは残っています。
この1stと2ndから選曲された編集盤が出とるんですわ。

Treasures Treasures
Night Ark (2000/06/13)
Traditional Crossrds

この商品の詳細を見る

この曲目当てといわずNight Ark自体ええバンドなんで(自分では勝手に「アルメニアのパット・メセニー・グループ」と呼んでいる)是非聴いてほしいとは思います。


さて、続いては他国でのカヴァーです!!
まずはアルヴァニタキに先駆けること3年、いち早くこの曲に目をつけたこの人のヴァージョン。

88 88
Sezen Aksu ()
Destiny

この商品の詳細を見る

"トルコの女帝"といえばこの人、セゼン・アクス!!
そのアクスの文字通り'88年のアルバムの一曲目「Sarisin(おいで金髪娘)」がそーなんです。
アクス・ヴァージョンではイントロでのサズ(?)のメロディーに続きいきなりサビのフレーズから歌がはじまります。アレンジはちょっとフュージョンぽい気も。リズムは「えーんやとっと」って感じ(笑)。

続いては同じくトルコのGulsen(ギュルシェン)というせくしーおねーちゃんのヴァージョン。(これはKisaraさんのブログ「異国音楽館」で知りました)
タイトルは「Sarisinim」。何故かアクス版とタイトル変わってますが歌詞はおんなじみたい。
このヴァージョンはYoutubeにクリップもありました。

ベースはやっぱりアクス・ヴァージョンみたいですね。終止ビキニで歌うというなんとも露出度の高いありがたい(笑)クリップです。


で、実はロシアでもカヴァーされてることが判明しました!(というかこれもKisaraさんのブログで知ったんですが)
「フィリップ・キルコロフ(Филипп Киркоров)」ちゅうおっさんだそうなんですが、「Fire and Water」というタイトルでカヴァーしてます。

これは完全にAntiqueヴァージョンがベースですねえ。アレンジには新鮮味ないですが結構クリップはおもろいな…。

とりあえずはこんなところですかねー。
いやー、しかし思いつきで始めたもののこんな大作になるとは全然思ってなかったぞ(笑)
それよりもギリシャ名曲といっときながらいきなりアルメニアの曲かいっ(爆)

スポンサーサイト

別窓 | ギリシャ名曲大全 | コメント:9 | トラックバック:0
2006-11-02 Thu 23:56 ∧top | under∨
<<四出ろ!胃干す。 | www.ナゴヤハロー(裏) The小ネタ集 | ギリシャ名曲大全 PART 1 『ΔΥΝΑΤΑ(ディナタ)』前編>>

この記事のコメント

これは面白いシリーズが始まりましたね。kisaraさんのところと連動で知られざるカヴァー・ヴァージョンの展開に心ワクワクです。
Gulsenがカバーしているのはクレジットで知っていましたが、原曲を聴くことが出来て嬉しいです。相変わらずGulsenさんはエロエロで楽しいです。
Arto TuncboyaciyanはArmenia navy band程度しか持っていないのですが、Night Arkも探し出して聴いてみようかと思います。
2006-11-04 Sat 18:54 | URL | 片桐真央 #-[ 内容変更]
>Mao.Kさん
えーと、そもそも私が「ええなあ」と思った曲をただ持ち上げるのが目的なのであまり大きな展開は考えてなかったりします(笑)カヴァー・ヴァージョンの発掘はkasaraさんには到底叶わないので連動というより勝手にのっからしてもらおうかなと(爆)
あ、ArtoはソロとかAraとのデュオも結構おもしろいですよ。
2006-11-04 Sat 23:16 | URL | ナゴヤハロー #-[ 内容変更]
kisaraさんのところにも同じこと書きましたが。。。。
今まで全く気にとめていなかったのですが、個人的にハマっているトルクメニスタンのSirin Palwanowaさんもこの曲カバーしていました。2001年のセルフ・タイトルのアルバム16曲目「Diwana-Diwana」です。

http://www.turkmenpop.com/
・・・左バースクロールのSirin Palwanのところをクリックすると、彼女の曲が聴けます。
2007-04-10 Tue 18:52 | URL | 片桐真央 #-[ 内容変更]
>片桐さん
うわ~よくぞ見つけてくれました!まさかトルクメニスタンでもカバーされてるとは…。こりゃ買うとかないかんなー。
ちょっと聴いた感じでは、Artoのクイーカ・ヴォイスを模したダンサブルなアレンジはアンティークのヴァージョンで、サビから始まるとこなんかはアクスやギュルシェンのヴァージョンぽいですね。
それにしてもいったいいくつの国にカバーされてんでしょうか(笑)
2007-04-11 Wed 23:55 | URL | ナゴヤハロー #-[ 内容変更]
先日すっかり言い忘れていましたが、↑のSirin Palwanowaさんの2001年のセルフ・タイトルのアルバム1発目「Oka-Oka」はAntiqueの「 Opa Opa 」でありんす。
2007-04-20 Fri 14:03 | URL | 片桐真央 #-[ 内容変更]
で、クロアチアのお姉ちゃんDara Bubamara さんも「Opa Opa」やっています(笑)。
http://www.youtube.com/watch?v=uu5Kdqe01T4&mode=related&search=
2007-04-20 Fri 14:22 | URL | 片桐真央 #-[ 内容変更]
>片桐さん
おっ!またまた発見ですね!それにしても同じようなタイトルにするんやったら別に同じタイトルにしてもええと思うんですが、やっぱいろいろ大人の事情でもあるんでしょうか(笑)
2007-04-22 Sun 23:06 | URL | ナゴヤハロー #-[ 内容変更]
先日届いたアルメニアのお姉ちゃんのKarine Movsisyanさんも「Dinata」やっていました(爆)。1stアルバムでカヴァーしていたようですが、今回のコンピ盤「Sky Blue」にも収録されています。

http://www.karinemovsisyan.com/new/music.php

2007-06-24 Sun 23:35 | URL | 片桐真央 #-[ 内容変更]
>片桐さん
うえ~ん困りますこんなん見つけられたら…。早速注文してもうたやないですかっ(笑)でもおかげで去年出てた原典作曲者のAra Dinkjianの1stソロも見つけて一緒に買えましたです。
ある意味里帰りといえるんでしょうか…試聴した範囲ではやっぱしAntiqueヴァージョンがベースになってるような。
それはそうとこのコーナー、第一弾に燃えすぎていまだに第2弾ができませんです(爆)
2007-06-27 Wed 23:16 | URL | ナゴヤハロー #-[ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| www.ナゴヤハロー(裏) The小ネタ集 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。