スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
-------- -- --:-- ∧top | under∨

四出ろ!胃干す。

昨日は文化の日ということで美術館でも行ってこよーと思って(とかいってますが実は音楽目当て。)神戸にある兵庫県立美術館に行ってきました。
ちょうど今は「エコール・ド・パリ展」ちゅーのをやってまして、その関連イベントとしてロビーでコンサートがあるってんで。一応フォーレやプーランクなどパリにちなんだっぽい選曲でしたが日本の現代音楽もあったりで統一感は思ったよりなかったですが(笑)マリンバの演奏がとってもよかった。影山朋子さんという人の演奏でしたが、こちらのサイトを見ると結構ジャズ寄りの活動多い人なんですね…。そのうちまたライヴ観にいこ。(この日も「枯葉」をマリンバソロでやっててんけどなかなかハマっていた)

で終了後メインの「エコール・ド・パリ展」を見ようと思って館内うろうろしてたら1枚のチラシが目について。

「ΣΙΔΕΡΟ ΗΧΟΣ」!?(ギリシャ文字には目ざといのだ)

なんじゃ、と思ってよく見たら原田和男さんという音響彫刻家(ってあるんですね)の作品展を今やってるらしい!
しかも11/3~5日まではこっちはタダらしい!とーぜんこっちに予定変更です(爆)

さて、この「ΣΙΔΕΡΟ ΗΧΟΣ(シデロ・イホス)」ってのは原田氏が'87年から始めたシリーズだそうで、日本語で「鉄の響き」を意味します。
通常の造形作品と異なり、"手で見る造形ー実際見る側が手に取って音を鳴らすー"というのが作品コンセプトだそうで、実際現代音楽作曲家の石井眞木氏なんかは自作にこの楽器取り入れてるそうな。
会場に入るとなんとも不思議な音響作品が聴こえてくるではないか。てっきりCDかなんかやと思ったらなんのことはない、お客さんが実際「ΣΙΔΕΡΟ ΗΧΟΣ」を鳴らしてたのでした(笑)
楽器マニアの私ももちろん触れるもんは全部触ってきましたよ。これ、なかなか楽しいです(笑)

せっかくギリシャ語の名前がついてるんやからクセナキスにでも使ってほしかったなあ(笑)
スポンサーサイト

別窓 | 楽器とか音楽活動とか | コメント:0 | トラックバック:0
2006-11-04 Sat 23:48 ∧top | under∨
<<フィエスタ・フィナーレ | www.ナゴヤハロー(裏) The小ネタ集 | ギリシャ名曲大全 PART 1 『ΔΥΝΑΤΑ(ディナタ)』後編>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| www.ナゴヤハロー(裏) The小ネタ集 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。