スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
-------- -- --:-- ∧top | under∨

大巨人テオドラキスのパートナー来たる!

案の定一月なんてあっという間やった~!

というわけで二月。
ずっと楽しみにしていたライヴに先週土曜行って来ました。

ドイツのピアニスト/作曲家/編曲家のHenning Schmiedt(ヘニング・シュミート)来日ツアーの奈良公演です。

場所は猿沢池の近くにあるギャラリーカフェタケノっていうちょっといい感じ(←ボキャブラリーないなあ…)のカフェ。

実はそもそもHenningさんのことは名前ちょっと聞いたことある程度で、来日の情報聞いたときも「ふ~ん、そう」みたいな感じやったんですが、プロフィールを知って俄然興味を持ち最新作を聴いてみたらこれがまたあったかくて穏やかなメロディー満載のええ作品やったりで、即ライヴの予約をしたという次第。

で、そのプロフィールというのが…

かのギリシャの大巨人、ミキス・テオドラキスから絶大な信頼を受け、長年にわたり音楽監督、編曲を務めたとか。

な。なんやてーーー!!

あのテオドラキスの片腕やったんかーーーい!!

当然世界最高峰のテオドラキス歌い、マリア・ファランドゥーリとも一緒にやってるという。

そりゃギリシャ好きとしては放っておけるわけがないってもんです。
というかこんな情報知らんでギリシャ好きというてええもんかどうなんか(笑)

ディスコグラフィ見てHenning絡みのギリシャ盤探してみたんですが、見事に持ってなかった(汗)
唯一持ってたんがミキスの息子、ヨルゴス・テオドラキスのアルバム一枚きりでした。(しかもこれもあまり聴き込んでない)

まあそんなこんなはさておきライヴ。

いやほんま心地いい、冬の寒さを忘れさせるアットホームなあったかいええライヴでしたわ~。
また土曜は天気も絶好で、窓から射す日の光もまた絶品の演出効果でねー。(これぞHenning日和!)
そして決して大きくはない会場も演奏者との距離感の短縮に一役かっていて、ほんま会場全体が同じ空気につつまれるような心地よさでした。
まあなによりHenningの人柄によるものも大きいな~と思いました。ほんま感じええヨーロッパ紳士でしたね~。

ほぼ最新アルバム「Spazieren」からの演奏でしたが、アルバムでは1~2分の曲が一期一会のアレンジで引き延ばされてました。(演奏後のトークショーで「曲を毎回同じように弾くことはない」ちゅうてたのだ)
そーいういとこもなんか誠実さがにじみ出てるな~とか思ったり。

というわけで、穏やかな午後のひととき、という休日の醍醐味を味わった二月の奈良でありました。
ほんま翌日も関西での公演やったらもっかい行きたい!思いましたよ。(まあどっちみち予定あったからあかんかってんけど)

次回はせっかくなんでテオドラキスとの来日を希望します(爆)


別窓 | ライヴに行ったのだ | コメント:0 | トラックバック:0
2012-02-06 Mon 23:03 ∧top | under∨

夢のまた夢が現実に!

新年早々風邪をひいてしまいまして…ここ数日は仕事も定時で帰ってすぐ寝る、という感じでした。
(とても仕事休める状況やないのがキツかった…さすがに残業はパスさしてもうたけど)

しかしまあ悪いことのあとにはうまいことええことがあるもんです。

4月の27,28,29日に三日連続で開催される「イタリアン・プログレッシヴ・ロック・フェスティヴァル Vol.2 春の陣」の第一回抽選に当選致しました!!

いままでソフト・マシーン・レガシーやら去年のU.K.やら、何度かクラブ・チッタでの抽選申し込んだんやけど、もうさっぱり当たらんくて。ここにきてやっとこアタリですわ~。

今回申し込んだのは最終日の29日。なんといってもイ・プーですよ!?
ロカンダ・デッレ・ファーテですよ!?
フォルムラ・トレですよ!?
しかもトレはあの最強イタリアン・バンド、「イル・ヴォーロ」の曲やるってんですから!!

いやもちろん他の日に出演するニュー・トロルス-UTやレ・オルメも見たいんですけど、ちょっとフィンランド行きを計画しているいま、三日共参戦するにはちと予算がキビシイもんがあったので…

んなわけで取り急ぎの大喜び更新でした♪

さあ~4月までにがっつり予習しておかなければ!
(イ・プーの「パルシファル」もせっかくやからCDで買っておくか!?)
別窓 | Foreverプログレ | コメント:2 | トラックバック:0
2012-01-13 Fri 23:25 ∧top | under∨

Καλη Χρονια!

alkaios03.jpg



あけましておめでとうございます!
本年もよろしくお願い致します。

今年ももちろん新春定番のヨルゴス・アルケーオスのジャケ写でスタートです(笑)

まあしかし正月休みも案の定あっという間。もう明日で終わりとか、テンション下がるわ~

ちなみに今年の私の正月は…なんかやたら掃除してます(笑)
私ねえ、結構やり出すとがっつりやってしまうんですよ…ハンパなく時間使うし、キリがないのであまり手を出さんようにしてるという(爆)
でもやった後はスッキリして気持ちいいんやけどね

昨日は夕方から実家に帰ってきました。
いつもはのんびりゴロゴロしてるだけやねんけど(あ、自分ちおっても一緒や!www)、昨日は姪っコとか、姪っコの子(ってなんちゅうの?)が来ててひさびさにババ抜きとかパズルとかして遊んでました。いやー楽しかった!
ひさびさに腹痛いくらい笑ったなー。
それにしても子供大きなんのはやっ!最初見たとき思わず「この子だれ?」って聞いてもうた(爆)

なんか子供あんま好きちゃうなーと思ってるんやけど、こうやって一緒に遊び出すと結構目線合わせれるのか、子供もじゃれてくるし自分も楽しいしで、実は子供と相性ええんかも(笑)
というか精神年齢がいまだに子供!?(爆)

別窓 | 音楽やないけども | コメント:4 | トラックバック:0
2012-01-03 Tue 11:09 ∧top | under∨

18年間のありがとう

いよいよ今年も本日で終わり!
大晦日の朝はめっちゃ天気も良くてちとあったかめの小春日和という感じです。

とりあえず今日はいろいろ買い出しやら年賀状書いたりやらプチ掃除したりとかでバタバタしそうですが、とりあえず朝のうちに布団干しと洗濯。でもっていまさっき近所のスーパーに今年最後の買い出し行って来たんですが…

実はこのスーパー、今日で閉店なんす

もうこの地に来てからかれこれ18年近く愛用してたスーパーなので、ほんまめっちゃ残念。
そんなに入りが悪いとは思わんねんけど、これもチェーンならではの業務縮小の波をくらったということでしょうか…。
例年なら年末大売り出し!で前の道にまではみ出してあれやこれや売っとったんですが、今日はもう仕入れもしてないからスカスカ…(泣)まあさすがに年越しそば用のエビ天だけは大量に出てたけども。

ちなみに近所、というか駅前にもう一軒スーパーはあるんですが、ここはねえ、ちょっと値段高いんですよ
閉店するほうと較べたら2~5割くらい高い!豆腐なんて100円ではおつりどころかそもそも買えへんという。
しかも結構遅くまでやってるもんやから、売れ残りがなかなか安くならないという
そんなんでようやってこれたなあ、とも思うんですが…。

でも来年からはここ使うしかしょうがないんよなあ。ほんま生活変わってまうわあ。食費も食材も変わるし。
(一応となり駅に安いとこはあるっちゃあるけど)

まあでも私一人がぼやいたところでしょうがないしね。いつか世界征服したら(←まだ野望は捨てていないw)同じ場所に同じスーパー復活さすけど(笑)

なにはともあれ、18年間大変お世話になりました!ありがとうございました!
(まあこのスーパーの人がここ見てるハズないけどね…w)
別窓 | 音楽やないけども | コメント:0 | トラックバック:0
2011-12-31 Sat 11:33 ∧top | under∨

けいおんにつられてフィンランド!?

いよいよ明日で今年の仕事も終わりです!というかもう明日から正月休みってとこ多いよね~
ウチも休みにしたらええのにな!たぶん明日は電車ガラガラと思われ。

さてさて、今月初めから「映画けいおん!」が上映されております。
まだしばらくロードショー続くやろうけどぼちぼち見に行こかな…と思って公式ページで上映館調べようとアクセスしたわけですよ。
そしたら見つけたのがこの情報。

「ジャルパックより「けいおん!」イメージツアー第2弾発売決定!」

む!?まあ関係ないやろけどどんなもんやろ…とJALのURLにアクセスしてみたらこんな内容。

"けいおん!!紬ゆかりのフィンランドとロンドン5日間"

ほほう…ロンドンだけかと思ったらフィンランドも。
そういやキーボードのムギちゃんがフィンランドに別荘があるちゅう設定あったっけ。

ロンドンだけやったらスルーしてたこの企画、フィンランドと聞いてなんか俄然興味が湧いてきまして。
日程5日間なら祭日うまいこと使えば有休2日使えばいけるし、まあ2日くらいならムリなくとれそうやし。
予算も20万ちょいかかりそうやけど、まあなんとかならんこともないか。

などなど具体的に考え出すとなんかマジで気持ちがヘルシンキへ行ってしまいまして(笑)

で、これはほんまたまたまなんですが、昨日の会社帰りに聴いてた音楽がフィンランドのメタル・バンド、ソナタ・アークティカやったんですよ。

こ、これってヘルシンキが呼んでるんか…!?なんてこと思ったりね。(笑)

でも考えてみたら今月は結構フィンランドにまつわる縁が多かった気もする。
月の初めにはフランク・ザッパの18回忌ということで"オン・ステージ"シリーズのVOL.2(ヘルシンキ・コンサートね)を聴いてたり、神戸への中古買い出しでチェンバー・ロック・バンド"ホイリー・コーン"の買い損ねてた2nd国内盤は見つけるし、ちょっと前には知る人ぞ知るジャズ・ロック・バンド"フィンフォレスト"なんかを久々に聴いてたり。

そんなこんながあるんでなんかちょっと運命を感じたりしておるというわけです(まあ間違いなく気のせいですがwww)

で、いまんとこ結構真剣に悩んでます…実は正直もうロンドンは2回行ったしええかなーと。(まあ2回目は行ったというか乗り継ぎついでで一晩時間つぶした、みたいな感じでしたが)
どうせならフィンランドだけもう少し堪能したい!オーロラもみたいし、カンテレの演奏なんかも現地で聴いてみたい!とかいろいろ欲が出てきましてね(笑)

というわけでゆうべからもうずっとフィンランド音楽ばっか聴いてたりする単純な私です(爆)

ちなみにただいまのBGMは9月に来日してたSinikka Langelandのカンテレ弾き語り~♪
別窓 | 音楽やないけども | コメント:2 | トラックバック:0
2011-12-28 Wed 23:28 ∧top | under∨

聖夜は一日HR/HM三昧♪

今年もあと4日で終わりとは…。

まあ毎度のことながらほんま一年早い早い!

さてそんな年末ですが先日の25日、NHK-FMでまたまた三昧企画がありました。

今回は「今日は一日“ハードロック・ヘビーメタル”三昧IV」!

司会はおなじみの伊藤セーソクさん!

例によって午前中に用事は全て済まして、なんのジャマも入らん状態で(笑)お昼0:15から晩11:00まで文字通りHR/HMを堪能しました!(今回ももちろんツイッター連動)

改めて思ったのは、まだまだHR/HMは私にとっては未開拓ジャンルやなあということ。
全然まだまだ入口ですな。
それだけにこの先無限の楽しみが待ってる、といえるわけですが…まあ無限というより無間地獄でしょうけど(笑)

ちなみに今回100曲オンエア中、音源持ってた曲はわずか12曲!(ひえー)
曲は知ってるけど音源は持ってない(別テイクやったとか)ものが6曲、てな感じで合わせても18曲。
全体の5分の1にも足りてません。
これでHR/HMファンを名乗るのはさすがに心苦しいもんがあるなあ…。
ツイッターやってたらもうみんな詳しい詳しい盛り上がる盛り上がる!なんか結構取り残されましたよ(苦笑)

そんなわけで今は基本に戻ってアイアン・メイデンの「魔力の刻印」から復習してます(笑)

ですが第一部終盤のゲイリー・ムーア追悼特集はさすがに思い入れの深い曲が4曲もオンエアされたんで、結構ツボに来て涙出てきましたよ…。
やっぱ私にとって最高のHR/HMアーティストといえばゲイリーなので…。

そうそう、知らんかった曲の中でも特にこれは!と思ったものが結構あったので忘れんうちにこれもメモっとかねば。

・Riot / RIOT(とにかくカッチョ良かった!これぞメタル!)
・Half Past Loneliness / ROYAL HUNT(メロが歌謡曲っぽいのがおっさんには響くのだw)
・Tales Of The Sands / MYRATH(チュニジア産。まるでトルコ・ポップスみたいな大仰な弦と節回し!)
・I'm Not Afraid / MASTERPLAN(シンフォニック・メタルでええ感じやった)
・Free to Live / WINTERHAWK(今回いっちゃんタイプかも。ちょいラッシュ似)
・Zatoichi / HOLY MARTYR(座頭市をテーマにした曲。ザトイーチーというサビがツイッターのトレンドにも!)
・Sapari / ORPHANED LAND(ゲストのスターレス高嶋氏推薦!テルアビブ産)

まあしかしこの三昧企画、楽しいしいろいろ発見あるのはええんやけど、この場合の発見は即出費につながるからありがたいのかありがたくないのか(爆)

それとなにより面白かったのがこのゲストのスターレス高嶋さん!
いやプログレ好きなんは知ってたけどここまでとは!
なんかあるととにかくプログレに話しもっていこうとするその姿勢には笑いと共にリスペクトをせざるを得ません!まさかこの放送でアルティ・エ・メスティエリだのゴブリンだのアレアだのというイタリアン・ロックの巨星の名前を聞けるとは思わんかった!(笑)
10月のプログレ三昧でファンになったけど、今回ので大ファンになったわ(爆)
別窓 | 小ネタ(ギリシャ以外) | コメント:0 | トラックバック:0
2011-12-27 Tue 22:53 ∧top | under∨

ギリシャファンクラブの集い in 大阪っ!

いよいよ冬が本格的に来たなあ~と感じた昨日、ギリシャファンクラブの集いがなんと東京と大阪で同時開催!

ちゅうことで行って来ました。まあファンクラブ会員やないんですけど(笑)

というか実は声かけてもらって開催を知った私なんでありますが(苦笑)


その声かけてもらった理由というのが、これが光栄というかそんなええもんちゃうけど、というか、

ブズーキ弾いてくれへんか、ということでして。

私のツイッターでのアイコンがブズーキ持ってる写真を使ってるので(ちなみにMAGMA Tシャツを着てるw)、それで声かけてくれはったんやと思うんですが…実はここんとこほとんどブズーキ触ってなかったんですよねえ(汗)

まあでもせっかくの機会やし、ということで昔やってた曲をさらおうとしてた矢先に仕事の方がやたらめったらたてこんできまして練習どころではなくなった、というかそもそも当日行けるかが微妙になってきたんですね。(金曜ですからね~)
でもまあなんとか行けるようになってやれやれでしたが。(一時間遅れての参加にはなりましたが)

で開催地である福島の地中海料理店「アッラ・パーチェ」に行ってみますと、昔、神戸の「国際交流フェア」で演奏したとき依頼してくれた方やらそのステージでダンスを披露してくれたギリシャ人のAさんやら、アテネとミコノスで茶をシバいたIさんやら、知った顔もちらほら。(やっぱ狭いコミュニティなのか…w)
やっぱ知らん人ばっかより知った人おる方がホッとします。(人見知りですから…)

今回は13人程の参加で、自己紹介コーナーで皆さんギリシャとの馴れ初め(笑)を披露しはったんですが、やっぱ神話きっかけやったりサッカーきっかけやったりいろいろなんですねえ~。
ちなみに私は「たまたま行ってハマった(笑)」もともと特に憧れも興味もなかったのにほんま人生わからんもんです。

そうそう、クイズ大会もありましてね。
当然ギリシャにまつわる問題なんやけど、これがもうかなりマニアックで正直ほとんどわからんかった(汗)
でもとりあえず数撃ちゃ当たる精神でテキトーに答えてたら以外と当たりまして、一応賞品はレツィーナ(ギリシャワイン)をゲットしました!基本アルコール飲まん私ですがギリシャは別なのだ!(笑)

でもっていよいよ私の演奏…今回ほんま泥縄でマルコス・ヴァンヴァカリスの代表曲「フランゴシリアニ」とマノス・ロイゾスのゼイベキコス(ギリシャならではの9拍子リズム)「エヴドキア」を仕込んで来たんですが、やはり泥縄やと緊張したらもうボロボロですね(泣)音ははずすわ、途中止まるわと近年まれに見るヒドさ(汗)
まあそれでもAさんの即席ギリシャダンス教室に流れて行く頃にやっと緊張もゆるなってきて(みんなダンスに夢中で注目されんようになったからか?w)楽しく弾かせてもらいました♪

しかしまあやっぱこういうときのためにいつでも弾けるレパートリーを持っとかんといかんよねー。

まあそんなこんなと楽しい時間を過ごしていると時間てのは気にならんもんで、気がついてみたら11時半!!
まじかーーー!もう帰らんと終電なくなる!(実際ウチの最寄り駅へは終電になってしまった…w)

いやーしかしほんまめっちゃ楽しかったですよ!ギリシャの話ししてたら終わらへん(笑)
改めて自分めっちゃギリシャ好きやねんなー、というのを再確認したイベントでした。

次回あったら是非ともまた参加したいと思います。
勿論今度はちゃんとブズーキ練習してからね!(笑)
別窓 | 小ネタ(ギリシャ) | コメント:4 | トラックバック:0
2011-12-10 Sat 21:13 ∧top | under∨

2011年のミュンヘン

先日「クレシダ復活の日」という記事をアップしたんですが、そのクレシダ。

予定通り12月2日にロンドンで一夜限りのライヴを行ったようです。

なんと早速YouTubeにその時の模様がアップされとりました。

セレクトされたのはかの名曲「Munich(ミュンヘン)」!!



当たり前なんですが、完コピしてますな(爆)
でもやっぱギタリストの違いははっきり出てますね~。正直2nd時のギタリストはちょっと個人的には好きではなかったりしたので…。(苦笑)
あとヴォーカルのAngus Cullenがちと不安定な感じもしますが、声はまさしく昔のクレシダ!
よう声変わらんかったなあ~でも衣装はもうちょっとなんとかならんかったんか(素のままやんw)

それにしても終了後の喝采すごいねー。まあある意味目の前で奇跡が起こってるわけやから当然といえば当然かもですが。

同時代のブリティッシュ・バンドであるCOMUS(コウマス)もまさかの来日することやし、是非クレシダもどっか呼んで~!!
東京で1日だけ、とかでも絶対行くから!!
別窓 | Foreverプログレ | コメント:0 | トラックバック:0
2011-12-05 Mon 23:09 ∧top | under∨

アクシデントは教訓だ

昨日記事にした「吹田フォルクローレフェスタ」、終了しました!

ここ2ヶ月ほど練習頑張って来たのでとりあえず終わってホッとしております。

演奏内容も個人的にはこのイベント出だしてからはいっちゃんよかったんやないかなあ~と自画自賛(笑)

しかし昨日書いた「本番に限ってのアクシデント」ってのがやはり起こりましたよ…


曲の途中でギター(エレアコ)の音が出んようなった!!(泣)

たぶんどっかの接触不良か、シールドが悪かったかやと思うんですが…

そんなわけで演奏ちゃんと出来ただけにこれがもう悔しいやら残念やら。

まあこういう音出しリハのない一発勝負のイベントだけにこういう配線廻りのチェックやメンテはちゃんとやっとかなあかんなー、という教訓にはなりましたけどね。

でもやっぱ本来の音楽の形を聴いてほしかったなあ~(泣)

別窓 | 楽器とか音楽活動とか | コメント:0 | トラックバック:0
2011-11-27 Sun 22:49 ∧top | under∨

明日は吹田でフォルクローレフェスタ!

最近週末になるとやたら雨の日多かったですが、今日は久しぶりの素晴らしい好天でした!!

そんな好天やというのに午前中はスタジオに籠っておりました(笑)

というのもいよいよ明日、「第9回 吹田フォルクローレフェスタ」なんですよ!
ここ数年ビクニータスというグループで毎年エントリーしてるイベントなんですが、今年も出ます。

でまあ今日はその最後の練習だったわけで。

毎度のことながら曲決めて最初に合わせた時は「こらあかんのちゃうか~」てな感じなんですが、直前になってなんとか帳尻が合ってくるというか(笑)それなりにまとまってくるんが出来過ぎな気はします(爆)
まあこの感じが本番でも出せればいつも大体満足でけるんですが、何故かそれまでやったことないようなミスやアクシデントが起きるのが本番の怖いところで…まあしかしあとはもうやるだけですね!

ところで今日練習(天王寺のスタジオでした)終了後昼ご飯食べて帰り道を歩いてたら、あべのHOOPにえらい人だかりが。どうやらステージが組んであるんでなんかイベントがあるらしい?
なんかBRIGHTとかいう女のコ4人のユニットのミニライヴでして、面白そうやったんでとりあえず一曲だけ聴いてみることに。

まあまあ楽しめました。まあ基本音楽に悪いもんはないしね!!ダンスもよく揃っててキレあったし。
個人的にはメンバーのひとり、NANAKAちゃんがカワイイな~というのがなによりの収穫でした(爆)
別窓 | 楽器とか音楽活動とか | コメント:0 | トラックバック:0
2011-11-26 Sat 23:02 ∧top | under∨

土曜フラメンコ、日曜ガールズ・ユニット三昧

昨日はあったかい通り越して暑いくらいで、私半袖Tシャツ一枚で外出てたんですが(笑)今日は一転さっむー!
なんかこんな派手に温度差つけんでええやろー、とか思ってまいます。

さて、先日の土曜日、友人が出演するフラメンコ教室の発表会がありまして行って来ました。
私なんかはやっぱり楽器弾きなので、大変申し訳ないですがバックの演奏が半分目当てやったというね(笑)
踊りの方は、当たり前ながら上手い人は上手い!なんというか動きに迷いがないというか、動きの必然性を感じさせるというか。
こうきたら次の動きはこうしかないねん!みたいな。
まだ経験少ない人たちはやっぱし決められた振りをトレースしてる感がどうしても見えてしまうんやけど、そのあたりに大きな差を感じたかなあ~。
ただ、さすがにそんな上手い人の踊りとはいえ3時間半は結構長過ぎたかな…終盤私の方の集中力が切れてしまいました(苦笑)

続いて昨日の日曜日はといいますと、NHK-FMで「今日は一日ガールズ・ユニット三昧」ちゅう番組を昼0:15から夜11:45までがっつり聴いておりました。
先月の「プログレ三昧」でラジオ+ツイッターの楽しみを知ってしまって、それ以来の三昧企画ということでついつい(笑)
テーマ的にスルーするかせんか迷ってたんですが、ゲストで石川梨華ちゃんが出ると聞いたんで聞くことに決めたという(爆)
そんな感じで臨んだ今回の三昧でしたが…

やはり「プログレ三昧」ほどは熱くなれませんでした…。

なんかやっぱ思い入れのあるなしは大きいもんですねー。正直今回オンエアされて「きたー!」と思ったんはシモンズがかかった時だけでしたもん。そもそもシモンズ自体、むかーし中古レコード祭りみたいなんで一枚「さんぽ道」ちゅうLPを衝動買いしたくらいでそれほど入れ込んだわけでもないんですよね~。

試しに今回オンエアされた102曲中、CDなりレコードなり持ってる曲数調べてみたら…びっくり!

たったの2曲でした!!

ちなみに「知ってる曲」でくくっても28曲!こりゃひどい(爆)

考えてみたら私、J-POPは興味ないから流行った曲とか知らんし、その上全盛期のピンクレディーもだいっきらいでしてね…。TVに映ろうものなら他の部屋に逃げてたくらいです(笑)
もうこの頃から筋金入りの流行嫌いやったんですね(爆)

そんな私やというのに何故か数々のヒット曲がっつりメモリーされとんのがなんとも不思議であります。(それだけ曲のキャッチーさが群を抜いてたわけでしょうけど)

まあそれだけに新鮮に聴けた、ってのはありましたけどね(笑)だもんで結局最初から最後までべったり聴いとりました。

そんななかでもちと気になったのは「ガチャリック・スピン」と「ねごと」ってバンドかな。
特に前者はもうひたすらベースが凄かった!終止ビキバキとスラップしまくり。かなり痛快でしたね~。
ただ一日たった今ではそのベースしか印象に残ってないのはどうかという気もします(爆)


別窓 | 小ネタ(ギリシャ以外) | コメント:0 | トラックバック:0
2011-11-21 Mon 23:36 ∧top | under∨

このB級感がミソなのだ

先日ドイツのウインドのネタなぞしたためたわけですが、やはりまだまだジャーマン・シンフォニックのマイブームは続いております!
で、今回はそんな中でも最もリピ率高いのはこれ。

「Iskander / Boheme」('82)

iskader_boheme.jpg


イスカンダーの2ndアルバムです。

このアルバム、どうやら元々は劇場用音楽やそうで、リリース当時はカセットでしか完全版は出てなかったみたいなんですね。で、LPでは「Boheme 2000」のタイトルで何曲かカットしてのリリースとなりまして私が買ったのもこのLP版でした。
しかしその後、収録時間の長さを生かして無事カセット版がCD化されたのでしたー。やんややんや。
これLPで聴き馴染んでたアルバムなのでCD版は以外と新鮮に聴けたりしたんですな~。
というわけで今回の記事はそのカセット(CD)版を元にしております。
せっかくなのでたぶん世界初(!)の全曲レビューしてみますよ~!

1.「Winterhagen Part.1-4」
いきなりの18分の組曲!クリムゾンの「太陽と戦慄Part II」のごとき10拍子のベース・リフにキャメルばりの甘いトーンのギターが乗るさまはやはりプログレ好きにはこたえられませんな。そして3分あたりでそんな「動」のパートから「静」の叙情パートへと。ここはギターの独壇場!たっぷり泣きのギターが堪能出来ます。(まあ若干単調なきらいはありますが…)そんなギターをもり立てるジャジィなリズムセクションも素晴らしき哉。
Part.2序盤はシンセ・ブラスがなんかELPみたい(笑)。
Part.3はフルートも出て来てもろキャメルな展開になっていきます。叙情全開のハイライトではないかと。
そしてpart.4、ドラムがせわしない8分の6拍子の導入部を経て、part.1序盤のリプライズ!なんか組曲聴いたなあ~と思わせる上手い構成です。
ちなみにLP版ではPart2&4がカットされてます(泣)

2.「Draussen」
12弦ギターのアルペジオが美しい牧歌的な出だし(アンソニー・フィリップスかジャン・パスカル・ボフォか!)の雰囲気がもうヤバヤバ(笑)オーボエに似せたシンセの音も激ハマり。でもってちと唐突にバンド・サウンドが入ってくるんやけど、ここでシンセ・ベースを使うのがなかなかセンスいいとこ。で、そのベースのベンド・ダウンを合図にまた熱い泣きのギターソロが。う~ん典型的とはいえやっぱ良い。。。
ちなみにこの曲のメイン・メロは後の4thアルバム「Another Life」で歌詞をつけて再演してます。

3.「Lang Lebe America」
うはー、まさかのレゲエ(爆)まあ劇場用なんでいろんな曲調必要やったんかも知れんけど(笑)
悪くはないけど…これをカットしたLP版は正解でした(笑)

4.「Oscid Gnicnad」
レゲエに続いてはディスコです(笑)なんせ歌詞まで「ディースコダンシーン」なんて歌っとる(苦笑)
いやこれも悪くはないんですよ。しかし…。もちろんこれもLP版には入ってません(笑)

5.「Zum Psychedelischen Gerhard 1」
ちょっと出だしはU.K.の「Carrying no cross」っぽいシンセソロ。その後ベース、ドラム、ギターと重なってバンドサウンドに。メロっぽいメロもなく雰囲気的には間奏曲といった感じ。LP版ではカット。

6.「Eltneg Tnaig」
ちょっとファンキーなフュージョン的曲調。フレットレスベース使ってるし「ブレスレス」あたりのキャメルの雰囲気もあるかなあ。

7.「Gleitflug」
これもキャメルぽいけどこっちはちょっとドリーミーな感じが「雨のシルエット」に入ってそうな雰囲気(笑)
ギター多めにフィーチャーされてます。

8.「Zum Psychedelischen Gerhard 2」
1とはうってかわってトリッキーな展開のこの曲はやや蛇足かな(爆)メロディーらしきものもないし実際はSEとして使われたんかも。LP版ではカット。

9.「The Greed
いきなりのクリムゾン「赤い悪夢」風のヘヴィ・リフからポップな展開へ。でもって再び赤い悪夢(笑)のリフをきっかけにU.K.っぽい展開へと。なかなかにバラエティに富んだ展開が結構聴かせます。わりとプログレしてるんやけどLP版ではカット。

10.「Dollarhut」
ドイツ語の語感とメロディーが絶妙に合ってる!またそのメロがキャッチーなんだわ。タイ・フォンあたりにも通じるもんがあるかも。LP版では何故かちょっとロング・ヴァージョンになってる。

11.「Asche」
こりゃゲルマン・ファンタジックなラスト!深いリヴァーヴのかかったエレピとシンセが霧のかかったゲルマンの森へ連れて行ってくれます!そんな曲なので熱い展開はないけどね(笑)そして絶妙なのがフェイドアウトしていく終盤!クリーントーンのギターが1曲目「Winterhagen Part.1」の叙情メロディーをなぞりよるんですね。しっかりトータル・アルバムとしての最後の仕上げをするとこが上手い!これもLP版ではカット。

とまあ基本好意的に書いとりますが、全体的にやはりB級感は漂っております(笑)
なんかドンくさいというかイモっぽいというか、とにかくアカ抜けてない。もうエニワンズ・ドーターなんかと較べるとそれはもう顕著で(爆)

…やけどそれがやはり味にもなってるのが音楽の不思議なとこなんですな。

ちなみにLP版だとシンフォから外れてる曲がカットになってるので、プログレとしてはより密度は高くなってたりします。(まあもともとはこっちを愛聴してたわけですが)

この先プレミアはつきそうな盤ではないと思うので、どっかで安く見つけた時は是非お試しください(爆)


別窓 | Foreverプログレ | コメント:0 | トラックバック:0
2011-11-18 Fri 23:58 ∧top | under∨

クレシダ復活の日

ちょっと前までまだ暑い暑いいうてたんがウソみたいに冷え込むようになりました…。
まあもう11月もなかばなわけで、当たり前っちゃ当たり前なんですけど。

でも気温は下がってもまだまだプログレ熱は上昇中!
そんな発熱中の私に追い打ちをかけるようなビッグニュースが先日流れまして。

ブリティッシュ・オルガン・プログレの名作を残した、あの、

クレシダが再結成したんやと。

ちなみにクレシダについては昔、私の淡い恋物語(笑)を絡めてネタにしました。
http://wwwnagoyahello.blog56.fc2.com/blog-entry-177.html

それにしても今年はほんまU.K.といいゴブリンといいトリップといい、びっくりするような再結成ニュースが多いわあ。
そん中でも個人的にはクレシダは極めつけ。
前述のバンドはバンド自体は解散しててもメンバーはがんがん活動したりしたからまあわからんでもなかったけど、このクレシダについてはその後のメンバーの動向なんて全く話題にもならんかったくらい(唯一ドラマーがユーライア・ヒープにいたことぐらい)終わってたバンドでしたからねえ。

で今回の再結成、5人中4人はオリジナル・メンバーで、ギタリストだけは新メンバーのようです。
残念ながらオリジナル・メンバーであるJohn Heyworthは2010年1月に亡くなったようです…(合掌…)

ただ、いまんとこ12/2にロンドンで一夜限りのライヴをやることだけが決まってるようですね。

私、いま生涯で一番ロンドンに行きたいと思ってるかもしれません(爆)

まあそんな私の為にというわけでもないでしょうが、(←当ッたり前)なんとライヴだけではなくアルバムもリリースしてくれておるのです!
とはいってももちろん新録ではなく、1stリリース前のデモ音源のオクラ出しらしいですが、それでもやっぱしめっちゃ嬉しいですよ!

それがこの、

cressida2011.jpg

「Trapped In Time: The Lost Tapes」です!

で、なんともマニア心をくすぐることに、

アナログ盤750枚限定!

やそうです。

たぶん日本でもどこぞのプログレ屋さんに入荷するやろーとは思ってたんですが、待ちきれないのと&もし売り切れてもうたら悔やむに悔やみきれんので昨日イギリスに発注しました!(アナログ盤なんで送料結構ついたけど…)

これで後はロンドン行きのチケットおさえるだけじゃーーー!!

…ってそんなほいほい行けるとこちゃいますから(爆)





別窓 | Foreverプログレ | コメント:0 | トラックバック:0
2011-11-10 Thu 22:56 ∧top | under∨

ミラノ(仮)ブログ

昨日に引き続き今日もイタロフェスネタです。

今日の出演はオザンナ&PFMという大御所2組がなんとオーケストラを従え演奏するという豪華版。
しかもオザンナはあのルイス・エンリケス・バカロフによるストリングスを大々的にフィーチャーした名作「ミラノ・カリブロ9」をまさにそのままオケ入りで再現、という往年のファンには涙ちょちょ切れの内容なんすよねー。

で、これ書いてる今現在オザンナのステージは終了してまして、ツイッターを見る限り凄いだのヤバいだの感動しただの泣いただの絶賛なんですよ。ちっくしょー!なぜ私がその場におらんのだー!?(←そら行かんからやろw)

まあしょうがないので今日も「ひとりイタロフェス」会場(要するに自宅w)で聴いておりました。

ところでこの「ミラノ・カリブロ9」。

ミラノ・カリブロ9(紙ジャケット仕様)ミラノ・カリブロ9(紙ジャケット仕様)
(2009/06/24)
オザンナ

商品詳細を見る


結構個人的には思い出深い盤でありまして。
と、こういう書き出しすると私の場合ほとんど女のコがらみなんですが、はい、こいつもそうです(爆)

時はさかのぼり'87年。
この年の春先から付き合い出した女のコがいましてね。まあ音楽(プログレ)きっかけで付き合い出したんですが、確か一緒にブラック・ペイジのライヴを見に行ったときにそのコのオススメということでもらったのが「ミラノ~」をダビングしたカセットテープでした。
で、すぐ気に入って自分でもLP買いに走りましたよ!
特に気に入ったのは例に漏れずラストの「Canzona(There will be time)」。
この美しいメロをこれまた美しいストリングスでやられたんじゃー一発KOですわそら。



まあそのコとは結局長続きせず三ヶ月ほどで縁が切れちゃったんですが、そういうわけで忘れられん盤となったわけです。
その後風の噂で結婚はしたらしいけど今どうしてんのかなあ~?
もしかしてクラブチッタ行ってたりしてね(爆)
別窓 | Foreverプログレ | コメント:0 | トラックバック:0
2011-11-06 Sun 22:38 ∧top | under∨

ひとりでもフェス!(笑)

昨日11/4から川崎はクラブチッタにて始まったイタリアン・プログレッシヴ・ロック・フェスティヴァル。

初日はPFM、トリップ、ゴブリンというラインナップでどれもめちゃ良かったみたいで…
特にゴブリンはかの名作「ローラー」はもちろん「マークの幻想の旅」「サスペリア」「ゾンビ」などなど代表曲オンパレードやったみたいで、いまさらですが行かんかったことを後悔させられました(泣)

今日もイル・バレット・ディ・ブロンゾ(「YS」再現!)、アルティ・エ・メスティエリ、そして昨日に引き続きゴブリンが出演というまさに夢のようなフェスでありまする。

まあそんな凄いもんに参加でけん悔しさをまぎらわす目的で昨日から「ひとりイタリアン・プログレッシヴ・ロック・フェス」を始めました(笑)。

まあ単純にひたすらイタリアン・プログレを聴きまくるだけなんですけどね(笑)。

で、一応アルファベット順にアレア(1st)、バンコ(1st,2nd)、チェルヴェッロ、というのがゆうべのラインナップ。
今朝はチェレステに始まり、チェリーファイヴ、でもってもっぺんチェレステ。
そっからデヴィル・ドールはちと気分やなかったので(笑)アルファベットのしばりとっぱらってイタリア究極の美を聴かせる二作品である、クエラ・ヴェッキア・ロカンダ2nd→ロカンダ・デッレ・ファーテという超叙情コンボ!

とまあそうこうしてるうちに本家川崎でも開演時間となりまして。
せっかくやからここは本家とシンクロじゃ!というわけでイル・バレット・ディ・ブロンゾの「YS」聴いてたりしてね~(笑)
さっすがに聴き疲れたので一休みしてちょっとジェット・ラグ、ちゃう、タイムラグでアルティの「ティルト」聴きながらブログをしたためとる今この時間です。
それにしてもフリオ・キリコのドラムすげーわ。やっぱ生で体感したかったよなあ。
もちろん本日シメはゴブリンにしますよ!

でも「サスペリア」とか聴きながら寝たら悪夢みそうやなあ(爆)。

しっかし先月はNHKの「プログレ三昧」、今月はイタロ・フェスとほんまおもろいイベントが続いててなかなかこの秋はプログレ熱がおさまりそうにありませ~ん!

別窓 | Foreverプログレ | コメント:0 | トラックバック:2
2011-11-05 Sat 22:51 ∧top | under∨

プログレ版モーニング娘(笑)

いろんな音楽が美味しくなる貴重な秋だというのに私は相変わらずプログレ・ブームの嵐が吹き荒れてます(笑)

まあ個人的にはプログレは秋が旬なので全然OKなんですけどねー

で、こういう時期ですからやっぱりタイプとしてはシンフォニック・ロック系統が多くなるわけでして、そんな中でも何故か知らんけどドイツものの比重がやたら高くなってます。

というわけでしばらくはジャーマン・シンフォニック・ロックネタでつぶしたいと思います(笑)

最初の一発目は先日紙ジャケ化もされたこれ。


モーニング(紙ジャケット仕様)モーニング(紙ジャケット仕様)
(2010/02/24)
ウインド

商品詳細を見る


いかにもメルヒェ~ンなジャケで有名なWINDの2nd、「Morning('72)」であります。
ジャケ左の女のコはかのモーニング娘。がデビューする以前からマニアの間では「モーニング娘」、と呼ばれていたのは有名です。ということは全くありまひぇん。(笑)

このウインドというバンド、1stではいわゆるオルガン・ハードといったタイプの音楽をやっておるのですが、この2ndでは完全に方向転換。まさにジャケットのようなファンタジックなプログレ・バンドになっとるのです。(まあ完全にではなく何曲かは1stのイメージひきづってますが…)

1曲目「Morning Song」はEL&Pがバロック音楽やってるような雰囲気のタイトル通り爽やかなナンバー。
オルガン、メロトロン、ハープシコードと鍵盤大活躍!曲調は爽やかなんやけど、クセのあるヴォーカルは好き嫌い分かれるかも…。(ちょっとピーター・ガブリエル入ってる)

3曲目「Dragon's Maid」、4曲目「Carnival」あたりがアルバムハイライトかな。
ここはもう初期クリムゾンを引き合いに出すしかしょうがないくらいモロ影響出てます。ズバリ「エピタフ」+「宮殿」!

…÷3、って感じ(さすがに2で割る程のクオリティではないかとww)

で、「Dragon's Maid」の方は宮殿成分多め、「Carnival」はほぼエピタフ、っちゅう感じですね。
メロトロンの使い方はもちろんながら実はドラムスがなんともマイケル・ジャイルズなんですよ。まああそこまで超絶プレイではないまでも、なかなか聴きごたえのあるドラミングを聴かせてくれます。
考えようによっちゃガブリエル入りクリムゾンのアウトテイク、として聴けばおもしろいかも。
なんて意地悪な聴き方せんでもさすがジャーマン・シンフォの代表作だけあって充分名曲なんやけどねー。

と思えば6曲目「Puppet Master」なんかはシャッフルのロックンロールになってみたり。
しかしメロディアスな展開もしたりして一本調子でいかんとこはさすが。

7曲目「Tommy's Song」はアコギのアルペジオ+オルガンでクレシダ1stを彷彿させるフォーキーな佳曲。こっちは逆に途中シャッフルになったりする。これは個人的にはいらんことしいな感じ(笑)

で、今出てる紙ジャケには収録されてないみたいなんですが、私の持ってるCDにはボーナス・トラックで「Josephine」ちゅう曲が入ってます。
でもこれ、どカントリーちゅう感じで明らかにアルバムとは方向違い。まあ悪い曲ではないけど…。
ちなみにエンディングの後かなり大きなプツプツ音が聴こえるので、こりゃ盤起こしか~と思ってブックレット見たらちゃんと書いてありました(笑)'73年のシングルやそやけどマスターテープ見つからんらしい。

とまあそんな感じでつらつら書いてみましたが、個人的には世間が言う程「メルヘン」な感じはないかなあ~。
やっぱところどころ出てくるロケンローラー魂(笑)みたいなもんが見えてしまって(爆)

あとすごくどうでもいいけど、メンバー5人中3人はすっげえアフロです(笑)





別窓 | Foreverプログレ | コメント:0 | トラックバック:0
2011-11-01 Tue 23:58 ∧top | under∨

秋月光、イイ!

なんかタイトル人の名前みたい(笑)
一応バンド名の直訳です。
そのバンドというのはAutumn Moonlight。(そういう直訳かい…w)
アルゼンチンのプログレ/ポストロックバンドです。(といっても正式メンバーはふたりだけ)
このバンドの2010年リリースの1stアルバム「The Sky Over Your Shoulders」が今の季節、そして気分に実にしっくりきている私であります。



まあ秋大好きの私なんかはバンド名とジャケットでなんの予備知識なくても見かけたら買ってしまいそうなアルバムです(笑)
リヴァーヴ効かせたギターのアルペジオを多用したメランコリックな曲調が実に秋!なんですね。
かと思えばザクザクしたハードなリフもあったりと結構振り幅の大きいメリハリの効いたサウンドが素晴らしい。

ただ「プログレ」というには少々曲構成は単調ではありますが、美しさとドラマチックさはまさにプログレばり。ギターのトーンも"これぞプログレ!"という感じのほどよい歪みが実に気持ち良い。で、そのトーンで奏でられるリード・プレイが実に甘美でね…。Jean-Luc Pontyの歴代ギタリストの中でもトーンの美しさでは群を抜いてたJoaquin Lievanoを彷彿とさせます。
ただ曲調の変化はそれほどないので、聴いてて金太郎飴状態になるのがちょい残念なところ。
でもまあ雰囲気を楽しむには持ってこいの作品ですけどね。

全体的にはポストロックをシンフォニック・ロック的にやってみました、って印象。
イギリスのポストロックユニット、Epic45にも雰囲気似てるかな。
そういやEpic45のBen Holtonのソロ・プロジェクトも「My Autumn Empire」やったし、なんかこういう音楽やる人やっぱ秋が好きなんかな(笑)

別窓 | Foreverプログレ | コメント:0 | トラックバック:0
2011-10-23 Sun 23:12 ∧top | under∨

美しきギターが彩る秋の夕暮れ

いかん、全然プログレから脱出でけへん(爆)

そんな今日一日のプレイリスト。
今日は気持いい秋晴れやったから爽快感あるシンフォニック・ロック中心でした。

・Ghostland / Same ('99) 唯一のジャンル違い(笑)でもシンフォではあるけど。
・Marco / Marcolapsos ('02)
・The Flower kings / Retroporis ('96)
・Roine Stolt / The Flower King ('94)
・Flyte / Dawn Dancer ('79)
・Steve Hackett / Spectral Mornings ('79)
・Jean Pascal Boffo / Carillons ('87)
・The Flower kings / Retroporis ('96)二回目(笑)

なんかプチフラワーキングス特集になりましたが、基本ギターがメインなセレクトになったなあ~。
ハケットの「Everyday」はスコーンと抜けるようなギターがほんま爽快!

こんなセレクトの中、20年来好きな曲がJean Pascal Boffoの「Carillons」中の「Horizon」なんですな。
ギターがゆったりと歌うイマジネイティヴで美しいメロディーは毎年秋の夕暮れの定番です(笑)
なにげにベースもメロディアスやし。(ちょっとブラフォード時代のジェフ・バーリンぽい気も)
Boffoのサイトで聴けるので是非一度お試しを。
http://www.jeanpascalboffo.com/disco_002.php

ただでさえ秋はプログレが美味しいのにこんな状態ではしばらくプログレ以外聴けそうにないかも(爆)
別窓 | Foreverプログレ | コメント:0 | トラックバック:0
2011-10-16 Sun 23:17 ∧top | under∨

もっと辺境に光を…!

先日の「プログレ三昧」以来、すっかりプログレづいてしまってこの一週間プログレしか聴いてないというありさまです(笑)
よう考えたら10/2のフレアーク来日前も予習でフレアークばっかし聴いてたから先月末からほとんどプログレしか聴いてへんことになるなあ(爆)

数日前には自分で勝手に「今日は一日グリーク・プログレ三昧」を企画してまして。まあ結局ほとんどレナ・プラトノス三昧になってもうたんですけどね(笑)

さてさて先日の「プログレ三昧」、一応オンエア曲は全部で52曲(ジングルやBGM、「プログレ裁判」での使用曲は除く)ありまして。
ちょっと気になったので国別内訳を調べてみました。するとこんな結果が。

1位. イギリス - 25曲
2位. 日本 - 8曲
3位. イタリア - 5曲
4位. カナダ - 3曲
5位. オランダ - 2曲
6位. アメリカ - 2曲
あとはフランス、スウェーデン、ドイツ、イスラエル、アイスランド、インドネシアが各1曲。
スラップ・ハッピーは英独混合ということでどこに入れるか決めかねた(苦笑)

こうして見るとやっぱブリティッシュ・プログレ強いわー。圧倒的。
日本は、まあ今回関西プログレ特集やったからまあこんなもんか。
イタリアももうすぐイタリアン・プログ・フェスもあるしね。
カナダはジノ・ヴァネリの2曲オンエアが効いてます(笑)

それにしてもプログレ先進国スウェーデンが一曲(新鋭バンドのムーンサファリのみ)、フランスからもアトールの一曲だけとは。
さすがにちょっとブリティッシュに傾き過ぎでは…という気がしました。そらまあ基本であり定番であり王道ではあるわけですが。
個人的にはもうちょっと散らしても良かった気はします。(東欧なしってのははないわーー!)
まあ希望言い出すとキリがないっちゃないですけどね。まだまだ「あれ流れてへんやん!」っていうブリティッシュもありますし。(次回はクレシダ流れて欲しい)
それこそ「今週は一週間プログレ三昧」くらいせんと足らんわ(笑)



別窓 | Foreverプログレ | コメント:0 | トラックバック:0
2011-10-15 Sat 18:06 ∧top | under∨

一生、共にします

昨日は秋晴れのええ天気にも関わらず1日ひきこもっておりました。
というのもNHK-FMで「今日は1日プログレ三昧、再び」の放送があったからなんですね。

去年の放送は残念ながら聞き逃した(というかあったん知らんかった)んですが、今年はがっつり聴くぞ!と思いネットラジオ録音ソフトも買ったりして準備万端で臨んだこの放送でしたが…。

予想のはるか上を行く楽しさでした!!

こんだけ公共の電波でプログレが流れまくるっちゅうのが快感やとは思わんかった。知ってる曲が流れて来たらそらもうニヤリ、大好きな曲やったりしたらひとり大盛り上がりですわ(笑)
でもって今の時代、こういうときに吐き出せるツールがツイッター。
これ、吐き出すだけやなくて他の人の反応もほんまおもろくてね。なんかもうその人らと一緒に聴いてる気分になれるんですよね。不思議な連帯感というか、それがまた楽しい!!
ひとりで聴くのとはまた全然違う楽しみ方をたっぷり堪能しました。
私が愛してやまないオランダのバンド、FINCHの1st1曲目「Resister Magister」のイントロ流れた瞬間なんて鳥肌立つくらい痺れたしね。(もう何度と聴いてる曲やけど)
で、当然のごとくツイッターで絶賛のコメントが流れよるわけですよ。なんか自分のことのように「ふふん、せやろせやろ!」と自慢げになってる自分がおさえられんかったです(笑)

「プログレ諸国漫遊」と題したコーナーではいわゆる"辺境プログレ"を紹介。
今回はイスラエルのSHESHET、アイスランドのHINN ISLENSKI PURSAFLOKKUR、インドネシアのDISCUSが取り上げられてました。(三ヶ国とか少なっ!)
この中でもDISCUSへの反応が凄まじく、放送直後某ネットCDショップの在庫がなくなり、Amaz○nではMP3ダウンロードでランキング一位になるというマンガみたいなことになってます(今見てみたらまだ一位キープしてるw)
私もこれアルバム持ってるんやけど、あまりに凄まじくてよっぽど元気あるときにしか聴かないんですよね(笑)
とにかく自分らがやれるもん全てぶち込みました、といわんばかりのとんでもない内容で、個人的にはプログレというより究極のミクスチャー、なんてイメージなんですけど。

で、今回はスペシャル・ゲストとしてデイヴ・シンクレアが生演奏!!
かのキャラヴァンのド名曲「9フィートのアンダーグラウンド」やらマッチング・モールの「オー・キャロライン」やらを演奏したんですが、これがもうほんま涙チョチョ切れもんでした。アホみたいに豪華なバンド・メンバーの演奏も当たり前のように素晴らしくて(特にリズムセクション完璧!)こんなことならスタジオ観覧申し込んどいたらよかったと後悔するくらい。
これはどうにかこうにか正規音源としてなんとか発売でけんもんですかねNHKさん!!

終盤には"スターレス高嶋"こと高嶋政宏さんもコメントゲストで登場して(自ら"スターレス高嶋"というとったwww)水を得た魚のようにプログレオタクぶりを晒してたり(笑)

そんなわけでほぼ10時間、PCに貼り付いておりました(笑)
正直いうて一曲平気で10分越えるようなプログレの番組で10時間なんて短過ぎーーー!(爆)
そして年一回とか少な過ぎーーー!!もっと長く、もっと多くやってほしいーーー!!

さらに不満をいわせてもらうと、

今回ギリシャのオンエアなかったーーー!(前回はアクリタスが流れたらしい)
実は直前にこそっとスタマティス・スパノダキスをリクエストしてたんですけどね~たぶん音源がさすがのNHKといえどないやろうからダメモトでしたが(笑)

まあでも今回よくわかったんは、

やっぱりオレはプログレが好きじゃーーー!!一生聴くんやめへんどーー!!

というプログレ愛でした(爆)
別窓 | Foreverプログレ | コメント:0 | トラックバック:0
2011-10-11 Tue 23:11 ∧top | under∨
BACK | www.ナゴヤハロー(裏) The小ネタ集 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。